FC2ブログ
   
10
2
4
10
11
21
24
25
26
27
28
29
30
31
   

-第5章- やっぱり子ブタちゃん

今年、札幌の夏はとても暑く長かった、とマミィが言っても、ぼくにはいつもの札幌の夏も、今年の夏もわからない。
宮崎生まれだけど、宮崎の今年の夏もわからない。
なにぶんにも、生まれてすぐのことだから。

リビングの大きな窓がサークルの横にあり、ぼくはそこから庭の栗の木を見ている。
今は栗の実が落ちる季節なんだそうだ。
ぼくは食べさせてもらえないけど、おいしそうにゆでた栗の実の匂いをかいだ。
ぼくも一度は食べてみたいものだ。

庭の栗


ところで、ぼくが宮崎からここに来る時に入れられていたあの小さなケージの外側に、少し大きめの茶色の封筒が1つ貼り付けてあって、その中に飼い方の説明書が入っていた。
『母子手帳』などというものも一緒に入っていて、予防接種の記録がしてあったりする。
 
それを読んで、不満そうにマミィが言った。
「え~、1日中サークルの中に入れておくの?」

送られてきたケージ

 
説明書に、『1~2週間はケージの中で生活させてください』と書いてあったというのだ。
ぼくはここに来る前も、犬舎やケージの中で1日暮らしていたけどね。

「すずの時もごくうの時も、来た次の日から好きなだけ自由にさせていたのに」。
寝る時や、留守番をさせるときにだけサークルの中に入れていたらしい。

それでも、ものすごく不満そうではあったけど、絶え間なくしきりに動き回る活発なぼくの動きをしばらく見ていたマミィは、結局、サークルの中に入れておくのが妥当だという判断を下した。
それがぼくにとっての一番の安全策だと。

ケージの中でもじっとしていないアルマくん
サークルの中でもじっとしていないアルマくん



それで、1日を過ごすのには今のままでは狭いだろう…と、サークルを広くするために、ダディと一緒にペットショップに買い物に出かけていった。

しばらくして帰ってきたマミィは、開口一番、
「やっぱりアルマは子ブタちゃんだったね」と笑った。
ペットショップにぼくよりも2日早くに生まれた黒ラブの子が2頭いて、ものすごくほっそりしていたという。
「ごくうもあんな感じだったよね」。

あれが普通の子犬でしょ、とも言った。

それから、
「すずもごくうも、来た初日から仰向けになって超リラックスのお腹出しで寝てたけど、この子は、来てから一度も仰向けになって寝てないね。
お腹が重くて、仰向けになると苦しいのかなぁ…」と、仰向け寝は、まるでラブの専売特許ででもあるかのように思っているらしく、いかにも不思議だなぁという顔で、ぼくをみつめた。

ごくうのアクロバット
ごくうさんのアクロバットスリーピング 
関連記事

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村









Secret

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

87位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示