FC2ブログ
   
10
2
4
10
11
21
24
25
26
27
28
29
30
31
   

-第3章- トイレトレーニング

 長旅で疲れていたのかぐっすり眠っていて、気がついたら朝の6時だった。
 
 ダディもマユチャンも、あっちのドアを開けてあっちに行ったり、こっちのドアを閉めてこっちに来たりして、バタバタと忙しそうに走り回っている。のんびりした様子なのはマミィだけだ。

ケージからながめる

 マミィがサークルの扉を開けてくれた。ぼくはやっと解放されたのがうれしくて、ぴょんぴょんと跳びはねて部屋中を走り回った。ダイニングテーブルの下や、籐の長イスの後ろにもぐりこんで探検した。
 それから冷蔵庫の横の壁をがりがりひっかいて、ついでに冷蔵庫もがりがりしてみた。なかなか面白い。
 床に置いてあった紙袋を見つけたので、くわえて思いっきり振り回したら、中身が全部吹っ飛んでいった。すごく楽しかった。マミィは何も言わずにぼくのすることをじーっと見ている。

 動き回って喉が渇いたので水を飲んだら、マミィが何か気にして後にくっついてくる。
 水を飲んだからかオシッコがしたくなったぼくがしゃがんだら、あわてて水色の紙のシートをぼくのお尻の下に敷いた。このシートは何だろう。ぼくのサークルの中にも敷いてある。
 
 ご飯を食べた後に、またオシッコがしたくなった。さっきの青いシートにぼくのオシッコのニオイがしたので、そこでしてみた。すると、マミィが上機嫌で
「あ、いい子だねぇ~、いい子だねぇ~!」と、ぼくの体をいっぱい撫でてくれた。ぼくがオシッコをするとそんなにうれしいのかな。
 そう思っていたら、ウンチもしたくなってきたので、またその場所でしゃがむと、
「ワンツー、ワンツー」と、不思議な言葉を(呪文か?)となえる。そしてまた喜んで、いっぱいほめてくれた。

アルマのウンチ

 しばらくして、またオシッコがしたくなった。次はパソコンやピアノが置いてある近くのカーペットの上にした。今度はだれも何も言わなかったけど、マミィはそこにまた青いシートを敷いていた。これは何の遊びなんだろう?

 最初にシートを敷いた場所は、ご飯を食べたり水を飲んだ後にカーペットのある広いところに行くときの、通り道だ。だからオシッコやウンチをするにはとても都合がいい。
 
水を飲んだり、ご飯を食べたり、遊んでいる時にはそこに走っていって用を足す。さぁ、するぞ! と、しゃがむと、なぜかみんなの呪文が始まる。
「ワンツー、ワンツー!」

 そして、ぼくの用足しが終わると、だれもが必ずものすごくほめてくれる。だから、たまにもう1枚のシートの上ですることもあるけど、大抵はここでする。

 こうしてぼくの新しいお家での第1日めは、オシッコとウンチとご飯と、サークルの中でのお昼寝であっという間に終わってしまった。
 実のところ、1日のほとんどは眠っていた。でも、ぼくにとってはあわただしくて、忙しくて、不思議な一日だった。
 
 ぼくが横になっている姿をみながら、サークルの扉の向こうでマミィが小さくつぶやいた。
「この子、昨日も今日も1回も吠えなかったね」。

おすわりのアルマくん
関連記事

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村









まん丸な、お目々

アルマ君、まだ小さいのに、
宮崎からの長旅、がんばりましたね。

アルマ君の横にガチャピンがいると思ったら、
恐竜でした。
Secret

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

87位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示