FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

国民の不安とは・・・




しつこいと
思われるかも
しれないけれど、

コロナ禍の
真っ只中で

これで
 国民の不安が
 すぱっと
 収まりますよ


と首相の側近が言い、
それに乗った
首相は・・・・

国民の不安を
一体
如何なるものと
思っていたのかと・・・

不思議でならない。


それを具体的に
言葉に
表してみてほしい
ものだ


などと、
思ったりする。



人の目に見えてこない
貧困が確かにあって、

たとえば
1日に1回しか
食事が
できない子どもがいる。


それは
学校給食での
1回。


長い間の休校の時、
その子どもたちは
一体どうしたのか?


頼みの綱の
子ども食堂」も
その時期には
中止になっていたはず。



たとえば
家庭という密室で
虐待を
受けている子どもがいる。


彼らは
学校に行っている間は
その虐待から
逃れられている。


逃れられる
唯一の場所を、

長い休校の間は
奪われたのではないか。


見せようとしないから
見えてこないもの
なのかもしれないけれど、


でも、少し考えれば
容易に
想像がつきそうなこと。






1022 1




もう今更
こんな時に届いても・・・


ありがたみのない
マスクに

何百億も
費やしたのか、

もっと有効に
そのお金を
使って欲しかった


・・・と
やりきれなさが
つのった。



すべての国民に
(平等にと言いたいのか?)
ばらまかれた
10万円。

あれも・・・
まったく
困りもしない家庭に
何十万も
支給され、


職を失い
生活に困窮していても
一人暮らしなら
10万。


こんなに雑な
支給の仕方、
あり得ない、


と、憤りが
あふれた。






1022 2





国民の声を
聞く耳をもたず、

世の中を見る目も
なく、

庶民の暮しを
理解しようとする
心も持たない、

政治を家業としている
人たちの
やっている事だから

的外れなのは
アタリマエと
あきらめるしか
ないのか・・・


わからないのなら
わからないと認めて、

いっそ
庶民担当省
でも作り、

志があり、
庶民の暮しを
理解できる
有能な人たちを
そこに置いて、

庶民の暮しを守り
支援するのは、
そこの省庁に
任せたらいいのに。








にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





関連記事

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村









ぷにゅママン さんへ

ぷにゅママンさん、こんばんは(^_^)

あれ?
返信したつもりでしてなかった。
遅くなっちゃった(>_<)

日本も、年収で区切りをつけたほうが
無駄がなくてよかったのではないかと
思います。

なくても生活できている人に配るよりも
早急に必要な人に支給したほうが
絶対にいいですよ。

そういうのは
不公平って言いませんよねぇ。

バイデン氏、そんなに酷いんですか?

No title

こんにちは。

何で全てに10万円配ったのかな?
こっちは年収によってもらえない人がたくさんいましたよ。
うちももらえなかったし・・・
貧乏なんだけどね、年収で決められちゃうから仕方がない。

子どもたち、ごはんは食べられないって可哀想すぎます。
ここは無料で食料をもらえる所があります、だからこどもたちはもらいに行ける。
でも親がそれに感心がなかったら食べられないんですよね。

どうもね、バイデンが勝ちそう・・・
早く日本に行く用意をしなくっちゃ!

たもこさんへ

たもこさん、こんばんは(^_^)

本当に・・・
お金がない人は
立候補が難しいんですよね。
おかしなシステムです。

それでは
歪んだ政治にもなりますよねぇ。

ボランティアされたんですね~
やさしい旦那さまです(^_^)

貧困層の数・・・
増えていると思います。
格差がどんどん開いている感じです。

負の連鎖というか
悪循環なので、抜け出すのは
大変です。
国の仕組みが
そうなっているので。

「それで良し」、
「自己責任」という
風潮が強すぎる。

どなたか
改革してくれないでしょうか?


No title

国会に庶民の声が届いて欲しいけど、庶民は選挙に出ることも難しい、選挙資金を集められないから。
苦労せず歳費で食べて行ける人たちが国を回しているんだから、国民が本当に必要としていることなんて分かる筈もないですよね。
「子ども食堂」、夫がボランティアで働かせてもらったことがあります。
食べられない子供たち、昔より増えているんじゃないかな? 自分が知らなかっただけかしら?
日本が幸福度ランキングで下の方にいる理由が分かるような気がしますね。
Secret

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

48位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示