11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

優先順位







バギーに乗った猫が
バス内の
ベビーカースペースを占領
怒りの母に反論続出






ベビーカーとバギー






ネットに
そんな記事が
あった。



イギリスの
出来事ですと。




バスの
車椅子やベビーカー専用スペースを、

バギーに乗せられた猫が
占領していたことから

子連れの母親が激怒し、
SNSに投稿した
・・・という話。



しかし
その投稿を見て、

猫の飼い主の友人という
ひとりの女性が反論。



当日は
飼い主と猫は

獣医院からの帰りだったことを
説明した。



猫は13歳で
肝臓に疾患があることが
わかった。



獣医院は
飼い主の家から
歩いて20分ほどかかるので、

6kgもある大きい猫を運ぶには
バギーが適していた。



しかも飼い主は
複数の精神疾患を
抱えている。



彼女にとって
公共の場に出るということは
とても大変なこと。



それでも
猫を
病院に連れて行かなければ
ならなかったから、

その日は
バスに乗っていた。



この騒動の時
飼い主は運転手に
猫のバギーを移動させると
申し出た。



でも運転手は

あなたが先に
 乗っているのだから
 そのままで構わない


と彼女に伝えた。



それなのに
子連れの母親は

あなたはこんな状態で
 猫をバスに
 乗せるべきじゃない


と非難した。



このニュースを知った人々からは

「猫に市民権なんてないだろ?
 偉そうにするな」

「そんな事情あるなら
 バスに乗らずに
 タクシーで行けよ。
 俺なら怒るね」

といった
飼い主への
批判の声があったり、



「子供を連れている母親って
 なんで
 自分に特権があるように
 思うんだろう」

「先に乗っていた者勝ちだから、
 子供より
 猫優先は当然」

「ここは、もともと
 車椅子優先のスペースなんだから、
 何か勘違いしてる」



といった
猫と飼い主を擁護する意見も
相次いでいるそうだ。

(→詳しい記事はこちら





お互いに
お互いの事情を
思いやり

それぞれの思いを
理解しあえば、

問題は起きなかった
と思うけれど、

さて、日本で
こんな問題が起きた場合は、

やはり
人間重視になるのかな、

お互いを尊重して
少しずつ譲り合って
シェアすれば
1番いいのだけどね

・・・と思いつつ、



いや、そもそも
車椅子スペースのある
路線バスって
あるの?



と、疑問に思った
マミィ

調べてみました。






車イス2






とりあえず・・・
あるらしい。




今日も一昨日も
マミィは
バスに乗ったし、

時々
乗るのだけど

今まで
車椅子専用スペースって
見たことがない。



数が少ない
 ってことか。



ま、それにしても・・・
日本では

その
車椅子専用スペースに

ベビーカーを置いても
ペットを置いても

冷たい目で
見られそうだ。



子連れにも
ペットにも
妊婦にも

冷たい国だよな。





マミィが
小さなため息をつく。




関連記事

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



ぽぽさんへ

ぽぽさん、こんばんは(^-^)

ご訪問とコメント、
ありがとうございます(*^_^*)

・・・ですよね。
車椅子スペースは車椅子が最優先ですね。

これは、あくまでも
そこが空いていたからこそ
起きた問題でもありますね。

だったら、なおさらに
譲り合いの気持が必要だったように
思います。

遠慮して、気を遣って
小さく小さくなっているママさんもいれば
とんでもなママさんもいますね・・・

攻撃し合わずに
お互いの必要を受け入れれば
もっと暮らしやすくなりますよねぇ

車椅子が優先です…

はじめまして。
いつも「気づき」の言葉をありがとうございます。

これは、たぶん「○RHバス」だと思いますが…
車いす専用スペースってありませんか…

そういえばこのバスでは、見たことないかも。

東京では、たぶんほとんどのバスだと思いますが、
運転手さんの後ろに縦一列に4席ぐらいありますでしょ…
その後ろ2席が折りたためるようになっていて、「一台目、二台目」と決まっていて…
「車椅子の方が乗ってきたらどいてね」って書いてあります。

実際2台乗ったのを見たことはありませんが、、一台が乗った時に、たまたまそこに高齢の方が座っていて…でも、納得して普通に立って後ろの座席に移動してました…

アルままさんのおっしゃる通りだと思います。
「思いやり」と「譲り合い」の気持ちがあれば、たいていのことは解決できると思います。
解決できないのは、「相手の立場に立つ」という心がないからなのかな…と思います。

確かに、ベビーカーのお母さん、問題あり理の方は多いし…
それを言ったら、問題ありありの若者も、問題ありあり高齢者もたくさんいますから…

ベビカー乗車の基本ルールは、先にベビカーがいたら折りたたむ…ですから、
「荷物いっぱいで折りたためない」、その時点でアウトかな~(笑)

感性豊かなアルままさん、いつもありがとうございます。

たもつ先生へ

たもつ先生、こんばんは(^-^)

それぞれに事情があって、
それぞれの思いがあるので・・・
あーだこーだと責められないですよね。

自分の立場だけを主張すると
大変な悲劇が起こることもあるかも。

ほんのちょっと窮屈でも
少しずつ譲り合ったら
お互いに良い気持で過ごせますよねぇ。

No title

動物を愛する者としては、「先に乗っていたのはあなただから」と猫さんを優先させた運転手さんに拍手を送りたいけど……。
まあ、人間>動物 という考え方が一般的なのかな~という気もしますね。
自分は寧ろ、動物>人間 なので、その辺りは気を付けなくちゃなといつも思っています。
他人の事情を推し量ること、想像力を働かせること、ちょっとの我慢。
必要なことはほんの少しずつだと思うんですけどね。
自分も気を付けよう、そう思いました。
Secret

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

123位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示