06
30
   

日本の夜明けぜよ







本当にそんな事を
言った人がいたのかどうか
わからないけど・・・







明治時代
憧れの明治時代







一昨日の朝刊の
投稿欄で

こんなテーマが
議論されていた。



大学に行く必要
 あるのだろうか


(77歳 男性)






2月16日に投稿された
この問いに対しての

いろいろな世代の
様々な立場からの
ご意見。



元々の投稿は
読んでなかったので

今回、
初めて見たのだけど、

奨学金のあり方が
 議論されているが、

 導入予定の
 給付型奨学金ならともかく、
 
 貸与型奨学金で
 多額の借金を背負ってまで
 大学に行く必要があるのか
 問いたい


といったような内容。



意欲ある高卒者を
 企業が受け入れ、

 社内の教育システムを
 確立させれば、

 大卒以上の実力を
 養成できるのでは


・・・と。



国や家計に
 重荷を負わせてまで

 大学に行く必要が
 あるのか。

 よく理解できない。



締めくくられている。







明治の学校
明治時代の学校






これに対して



学歴前提の社会だから
必要ある


(30歳男性 高校教員)




大学生にしか
できないことある


(22歳男性 大学生)




やりたいことあれば
行けばいい


(53歳女性 保育士)




進学を
諦めなくて済む
社会に


(57歳女性 高校教員)




等々の意見が
述べられていて、

コメンテイターの
大学教授は

人間力の養成が大切。

今の大学はそれを
満たしていないような学校が
多い。

本来の役割を
果たせるよう、

大学自身の努力が
求められる。


詳しくは
 朝日新聞か
 朝日デジタルを見てね








明治の学校2







高校の先生方は
教育の現場にいて

向学心があり、
優秀なのに

経済的な理由で

泣く泣く
進学を諦める生徒たちを
見て

歯がゆい思いを
されているのでは
ないだろうか。



会社に入れてから
教育をするなんて、

何十年も昔の日本の
会社システムだよ。



すぐにでも
実践で役立つ人間を
雇ったほうが
企業としては
都合がいいわけだから、

このご時勢に
わざわざ
手間暇のかかる若手を
雇ったりしないだろう。



日本の未来を作る
 厚みのある人材は、
 大学のみならず、
 企業でも
 育つはずだ


と、
この方は
仰るのだけれど。



今の日本の現状を
把握しておられない?






明治時代の大学1
明治時代の大学 早稲田






大学に行く必要が
 あるのだろうか


という問いは、

学ぶ意欲もないのに
何となく進学し、

さほどの勉強もせずに
ぷらぷらしている若者に
向けて欲しい。



自分の目指す将来に
必要な学問を

経済的な理由で
諦めざるを得ない
傷心の若者に

そんな言葉を
投げつけないで
欲しい。



金もないのに
 借金してまで
 大学に行く必要が
 あるの?


なんて、

あまりにも
むごくないか?



教育を軽んじる国に
未来はないよ。



明治の時代、
国を大きく動かし、

外国にひけを取らないように
頑張れたのは

教育の力では
なかったか・・・




学ぼうという意欲も

志のある若者に
教育の機会を与えよう
という国の思いも

今より
あったのではないか?



国の存亡や
威信が
かかっていたから。






明治時代 日本女子
明治時代の日本女子大





仕事を得るためだけに
学問をするのでは
ない。




心を豊かにする
美しい音楽や芸術は

企業の中では
学べない。



無知によって起こる
差別も
減らせるだろうし、

無意味な戦争も
回避できるかも
しれない。



地球を
きれいに保つための
研究もできるだろうし、

新たな
薬や治療法が
見つかるかもしれない。



心の病に苦しむ人々に
効果的な
救いの手が
差し伸べられるかも
しれない。






明治時代 東大
明治時代の東大






有望な若者の
進路を断っては
いけない。



望むすべての人に
教育の機会が

平等に与えられる国
でなければ。



今のこの
混沌とした日本にも

明治時代にみたいに
未来に対する
明るい光・・・

必要なんじゃないかなぁ






北海道農学校
北海道農学校
 (北大の前身)






クラーク博士
若者が大志を抱けない国に
 明るい未来は
 期待できないですよね?
 クラークさん・・・






関連記事

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



Secret

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

58位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示