FC2ブログ
   
01
5
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

一途な思い








野良犬くんと
CAさんの
ラブストーリーです。



アルゼンチンと
ドイツという遠距離、

そして
いつ会えるか
わからない
1人の女性を

思い続けた
わんこの物語。



ある日、仕事で
アルゼンチンの
ブエノスアイレスを
訪れた、

ドイツ人の
キャビンアテンダントさんが

街の中で
1匹の
野良犬に会う。



ドイツの自宅でも
2匹の犬を飼っていて、
動物好きだった彼女、

その野良犬に
餌を与えたり、

少しの間だけ
一緒に
遊んだりした。



すると、
ワンコくんは
すっかり
彼女に懐いてしまい、

その場を
離れようとしても、

ずっと
後をついて来た。



とうとう
宿泊先のホテルまで
ついて来てしまう始末。



やさしいCAさんも
これは
予想外だったようで…。



ホテルに
迷惑が
かかってしまうので、

わざと
道を変えてみたりも
したとか。



それでも、
彼は
どこからともなく
現れて、
彼女の後を追う。



その後も
ワンコくんは、

ホテルのエントランスで
彼女が出てくるのを
待ち続けるように
なった。







一途な思い








それで、彼女は
そのワンコくんに
『ルビオ』 と名付け、

滞在中は
一緒に
遊ぶようになった。



しかし、
仕事で訪れているため、

しばらくすれば
ドイツに
戻らなければ
いけない。



「期間が空けば、
 きっとルビオは
 私のことを
 忘れてしまう」

そう思い、
CAさんは
アルゼンチンを
後にした。



そして数ヶ月後…

再び仕事で
アルゼンチンを訪れた
彼女の目に、

驚くべき光景が
飛び込んできた!



なんと
前回と同じホテルの
エントランスに、

ルビオが現れた!






待ってた!







いつ
彼女が訪れるか
知るはずもなく、

そもそも
また
会えるかどうかも

わからなかったはず
なのに。



その後もルビオは
ホテルの前に

立ち続けていた
のだった。



次はいつ
アルゼンチンに来れるかも
わからない自分のために、

ルビオを
このまま
放っておくわけにも
いかないと感じた
CAさん、

動物保護団体に、
ルビオの里親探しを

お願いしたことも
あるのだそう。



しかし、ルビオは
すぐに
施設を脱出し、

結局
いつものホテルで

彼女の帰りを
待ち続けたのだった。



ついに
強く心を動かされた
彼女は・・・

アルゼンチンから
遠く離れたドイツに、

ルビオを
連れて帰ることを
決意した!



そうして、
晴れて
家族となったルビオ。






ハッピーエンド
ハッピーエンド
 めでたし めでたし・・・







今では、
先輩犬の2匹とも
うち解け、

大好きなヒトの側で
のびのびと

幸せに
暮らしているそうだ。



すごいね!

わんこくんの
純愛の勝利!!!

バンザイ!!!



(詳しい記事は→こちら




関連記事

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村









たもつ先生へ

たもつ先生、こんばんは(^-^)

感動物でしょ?
わんこたちって、
ほんっとにまっすぐで一途すよね~

一緒に暮らせることになって
本当によかったです。
先代犬たちとも
すぐに仲良くなったようだし・・・
いい仔だったんですね~(*^_^*)

No title

うわぁ、泣いちゃう泣いちゃう。
ルビオくん、どうしてもまたこの優しいCAさんに会いたかったんですね。彼は最初から、CAさんの家に迎えられることを知っていたのかもしれませんね。
無事に連れて行ってもらえてヨカッタ。先住ワンコさんたちとも仲良しになれてヨカッタ。
奇跡のストーリーですね。

16歳と8歳のラブの家さんへ

16歳と8歳のラブの家さん、おはようございます(^-^)

大切な思い出話を共有してくださり、
ありがとうございます(*^_^*)

札幌に来てから、
野良犬を見かけたことが一度もなくて、
子どもの頃には、
野良犬があちらこちらに居たので、
なんでだろう?
と、不思議に思っていました。

冬の寒さのせいでしょうかね?

子どもの頃は、野犬狩りも見かけました。
あれは、本当に心が痛みました。

飼い主のいる迷い犬も
何日間か以内に引き取りに行かないと、
殺されてしまうのですよね。

子どもの頃にわが家に居たわんこも
実は、迷い犬だったのですよ。
なつかしいです・・・

ヒロさんへ

ヒロさん、おはようございます(^-^)

この人なら大切にしてくれる、
この人とならシアワセになれる・・・
って感じ取ったのでしょうか?

いえいえ、ただただ
大好きなだけだったのでしょうね。

ヒロさんのお家は
皆さん、やさしいですからね・・・

きっとヒロさんのお家を
離れたくなかったのでしょうね。

ヒロさん家の仔になった野良ちゃんも
遠い異国に渡ったわんこも
シアワセになれてヨカッタです(o^^o)

こんばんは、北海道東部大雨が続いて大変ですね。札幌は大丈夫ですか?
今回のお話を読ませていただき、自分の小さい時の事思い出していました。両親共働きだったため(?)犬を飼っていなかったので学校から帰ると近所の飼い犬めぐりをしておりました。駄菓子を家から持って行き、犬が食べているのを見ているのが好きでした。
ある日隣の縁の下に野良犬が住みつきました。近くに寄ると吠えて逃げ込むのですが毎日せっせとお菓子を隙間から入れていたらだんだん懐いてきて自分から私の隣りに座るようになりました。子犬も産んでいたようで連れて来るんです。小1で友達もあまりいなかったのですごく嬉しかったです。でも結局保健所に捕獲されてしまいました。あの頃は当たり前に殺処分だったのでしょう。飼おうよ!と言ったかどうか覚えていませんが共働きの親たちには心の余裕というか精神的なゆとりがなかったので無理なのはわかりました。
今だに可哀想なことをしたと思っています。忘れることが出来ない事です。
長いコメントですみません。つい、聞いていただきたくなって…

感動ですね❤︎

よかったです。この仔の思いが叶って❤︎
言葉が話せないのに、ずっとこのCAさんに会えることを信じて待ってたのですね。
ワンちゃんにも、一途な思いがあるのでしょうね。

子供の頃、大きな野良ちゃんが我が家にやってきて
とってもおとなしくて優しいわんちゃんで、居ついてしまいました。
良い仔なので、何人かの人に欲しいと言われて、連れて帰ってもらっても
すぐに逃げて我が家にやってきました。
もちろん、我が家の仔になりました
その仔のことを思い出しました

人間以上にワンコの一途な思いって強いのかもしれませんね

良いお話ありがとうございます
遠い別の国まで連れて帰ってあげたCAさんのも拍手ですね
Secret

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

48位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示