10
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ひと粒の涙






今日、マミィが
ネットで読んだ
記事。



ある
小児外科医さんが

赤ちゃんの命の
重さについて

深く考えるようになった
きっかけの出来事を
書いていた。



関東地方の田舎で
双子の赤ちゃんが
生まれた。



第1子は死産。



第2子は
生きて生まれたが、

腹壁破裂という
先天性の
奇形があった。



おへそのすぐ脇に
穴が開いていて、

そこから
すべての小腸が
体外に
飛び出していた。



もちろん
緊急手術が必要で、

何十枚もの
ガーゼでくるまれた
赤ちゃんは

救急車で深夜、
その方が勤めていた
大学病院の小児外科に
搬送されてきた。



手術は
無事に終了し、

赤ちゃんは
人工呼吸器の付いた状態で
病室に連れて帰った。



家族控室には、
赤ちゃんの父親と
両家の祖父母が
集まっていた。



医師達は
赤ちゃんの様子を
口頭で伝え、

それから
面会してもらうことに
した。



ただ、ちょっと
心配があった。



赤ちゃんの奇形は
お腹だけではなく、


両手両足の指が
6本ずつ
あったのだった。



でも、
こうした奇形は

形成外科の先生に
手術してもらえば
きれいになる。



家族に
病室に入ってもらう。



すると
誰も赤ちゃんの
顔やお腹を見ない。



両手両足を
入念に見ている。



深夜の病棟に
小さな
悲鳴のような声が
あがる。



病室は騒然となり、
やがて誰もが
黙りこくってしまった。



手術から
2日たった日の
午後、

父親が
小児外科の
外来診察室に
姿を現した。


教授の診療が終わるのを
待っていた。


父親は
頭を深々と下げて、

赤ちゃんを
今すぐ
人工呼吸器からはずして
自宅に
連れて帰りたい
と言う。



教授は
目を丸くして、

今、
 呼吸器から外したら
 赤ちゃんの命はない



大きな声を上げた。



父親の答えは
こうだった。



赤ん坊を、
 上の子と同じ穴の中に
 埋めて
 やりたいんです




教授と父親のやりとりを
そばで見ていた
このお医者さんは
びっくり仰天した。



そして
父親を
廊下の隅へ連れ出して、

赤ちゃんの命は
赤ちゃんのものであり、

親が勝手なことをしては
いけないと
懸命に説得した。



父親は、

先生には
 分からないよ。
 
 田舎で
 こういう子を
 育てるのが、

 どんなに
 大変なことなのか



悲しそうにうなだれて、

廊下を
去って行った。



このお医者さんは
母親が赤ちゃんに
初めて面会する時までに

何としても
赤ちゃんの状態を
良くしようと
決意し、

連日
病棟に泊まり込んで

徹夜の
術後管理を続け、

術後6日目に
呼吸器を外すことが
できた。



そして
7日目に
母親が
病棟にやって来た。



赤ちゃん用の
ベッドの上で、
手足をバタバタさせている
我が子を見て、

母親は
顔を紅潮させた。



彼は母親に
赤ちゃんを
抱っこさせた。



まだ
酸素が必要だったので、

酸素チューブを
赤ちゃんの口元に
あてがった。



すると
涙が一滴、

赤ちゃんの頬に
落ちた。






アカチャン1







これが
転機になり、

家族は
一人また一人と
赤ちゃんを
受け入れていった。



もちろん父親も。



この
お医者さんは

障害を持って
生まれた赤ちゃんを
受け入れるのは、

単純なことではないと
思い知らされた。


(くわしくは →こちらの記事







アカチャン2








この記事を
読みながら
マミィは

こんな田舎で

という言葉に

すべてが
集約されているように
思った。



偏見、差別・・・

その子は
いじめにあって、
苦労するかも
しれない。



冷たい視線に
さらされながら
生きていくことに
なるかもしれない。



だから
父親の
仰天の行動も

それはそれで
親心だったのかも
しれない。



医療が
発達したために

昔なら
死産だったり

生まれてすぐに
亡くなってしまうような
子たちが

今は
生き延びられるように
なった。

でも、一生
器具や
介護が必要で

そういう子を
受け入れてくれる
保育施設はないから

母親は
仕事を辞め、

つきっきりで
世話を
することになる。



結果として
貧しい生活に陥る
というケースが
あるのだという
記事を

マミィは
つい最近、
読んだばかりだ。


(20年ほど前に
 ダディの
 イトコのお家にも

 「命がもったとしても
  一生
  病院の外には
  出られません


 という子が
 生まれた。
 


 呼吸器が
 はずせない。



 さらに・・・
 何重もの
 障害を負っていて
 
 目が見えず、
 耳も
 聞こえていない
 ようだった。

 その子は
 本当に
 小さな小さな
 赤ちゃんで

 10ヶ月ほどで
 命の灯が
 尽きてしまった)




医療は
進歩したけれど、

行政や保育施設や
福祉は

それに
追いついていない。



もちろん
それは
子どもだけではなく
老人の福祉も
含めて。



この国の政治は
行政は
何を
見ているのだろう

・・・と、
苦々しく思う
マミィだ。



で、
血税を
無駄に浪費する
総選挙だってよ。






さて・・・
今日は
重い話題だったので

ここに
和みの画を
ひとつ・・・





犬と少女
→こちら




癒されます・・・




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

91位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示