FC2ブログ
   
10
   

第911章- 盲導犬の適性





盲導犬のパピーとして生まれても、
盲導犬になれない仔のほうが、
実は多い。



確率としては、
実際に盲導犬になれる仔は
その半分にも満たない。






くんくんくん・・・
くんくんくん・・・・






でも、それは
盲導犬になれなかった仔が
劣っているという意味ではない。



「盲導犬には不向き」だ
というだけだ。



やさしすぎたり、
人なつっこすぎたり、
音に敏感すぎたり・・・
ということが

盲導犬としては
向かなかったりするだけ。



盲導犬にならずに
聴導犬になったり、
麻薬捜査犬、
セラピードッグとして
働く仔たちもいるようだ。



人間にいろんなタイプがあるように、
わんこだって
それぞれに向いていることが
異なっているということだ。



お家わんことして
最高な仔もいるだろうし。



それぞれに
それぞれの特性を活かした道で
人の役に立っている。







何? これ?
何? これ?
 変なニオイ









盲導犬は、
優れた繁殖犬の組み合わせによって
維持改良が
行われているのだそうだ。



訓練すれば
最高の盲導犬になるだろうという犬を
繁殖に回し、

目先の1頭より
将来の盲導犬を育成することを
念頭においているのだとか。



訓練犬の審査の前に、
もっと小さい頃に、
繁殖犬の審査もある。






マウスピース?
マウスピース?
 吹いてもいいの?
 ぷわっ ぷわっ~ て・・・







盲導犬のラブラドールは、
もはやラブではなく、

「盲導犬」という
新しい犬種なんじゃないかと、

小さなごくうさんを見ていて、
マミィは時々、感じた。



わんこたちって、盲導犬に限らず、
みんな使命を持って
生まれてきていて、
その命の目的は・・・

「人を幸せにすること」
なんじゃないかと、
マミィは思っている。





暴れん坊アルマくんだって
暴れん坊アルマくんだって
 それなりに
 たくさんの人を
 幸せにしているのさ~







=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村









カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

64位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示