07
1
3
6
10
12
14
16
18
20
22
24
27
29
31
   

-第844章-ずっと大切に






今年の魔の7月、
何事もなく、すんなりと
通り過ぎてくれるといい・・・
と願いつつ、気づけば、

今日が無事に終われば、
あと1日で8月。



もう少しで終わるね・・・
よかった。






あーちゃんが来ると
あーちゃんが来ると・・・・






早く通り過ぎてくれぃ・・・
と、マミィが
祈るような気持ちでいた中旬過ぎ、
またしても、訃報が届いた。



知り合いのお家の
3姉妹の末っ子さんが
亡くなったという。



わが家の3姉妹よりも
ずーっと年上なので、
この末っ子さんは30歳。



交通事故だそうだ。



小さなお子さんが
遺された。





いつも
いつも
 こげなことを
 し始めるアルマくん







ここのお家の
2番目のお嬢さんに、
ゆりたんが
とてもお世話になっていて、

ゆりたんが今あるのは、
この2番めのお嬢さんのおかげ
と言っても、過言ではない。



亡くなった3番目のお嬢さんとは、
面識がないけれど、

このご家族の
悲しみを思うと、
心がふさぐマミィだ。






かまってちゃん
かまってちゃんパワーが
 全開になるんだよ







さて、アリゾナにいるゆりたんが
昨日、
youtube の動画を送ってきた。



怒りをこめて・・・











この絵本がネット上で
広く世に広がり、

たくさんの人に読まれ、

ペットと暮らす人々が
最後まで、
わんこやネコさんたちを
家族として
大切にしてくれますように・・・。




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第843章-あら、すずちゃん?





「あらっ、すずちゃん?
 それとも・・・
 何ちゃん?」

朝のお散歩に出かけようと
外階段を降りた所で、

あまり見かけないオバチャンに
声をかけられた。







がっかりされちゃったよ
がっかりされちゃったよ






自転車に乗って
ゴミを捨てにきたようだった。



「すずではないんです」
と、
マミィが答えた。



「すずちゃんは黄ラブだよ、
オバチャン」

 ・・・と、ぼくが
勢いよく駆け寄って
手をペロッとしたら、

「あら、怖い、怖い」
と、逃げようとする。





ぼくだって
ぼくだって・・・






なんだ、
わんこ好きなオバチャンじゃないのか・・・



「すずちゃんだと思ったのに・・・」

と、
オバチャンは残念そうに、
ゴミステーションに向かって
走って行った。






かわいいしさ
かわいいのにさ
 (自画自賛)





「すずは
 おとなしかったからね。

 だれが来ても
 いつも安心していられた」

と、マミィが
パタパタしているぼくを見る。


そして・・・

「まー、それぞれに
 それぞれだから・・・
 しょーがないよね・・・」


と言った。




うれしさのあまり
ものすごい勢いで飛びつくぼくに
大喜びする人たちもいるわけで・・・








まっ いいか~
まっ、いいか~






今日は、
すずばあちゃんの
4度目の命日。



あの年、
東日本大震災があったんだ。





すずの家族
時の過ぎるのは速い






ころころの子ども時代
まん丸な子犬時代







まんまるなお腹
お腹もまん丸






もうすぐ
魔の7月も終わる。






=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第842章-お墓参り







ここって・・・・
ここって・・・







もしも、
ごくうさんが無事に成犬になり、
盲導犬になっていたら、

次に このお家に来るのは、
すずばあちゃんのような
黄ラブの女の子の予定だった。



もしも
ごくうさんが盲導犬になれず、
キャリアチェンジ犬になっていたら、

ごくうさんがそのまま
このお家の子になっていたから、

その場合も、
ぼくは
このお家に来ていない。






前に来たこと、あるよね
前に
 来たことあるよね







ごくうさんを
オトナになるまで育てられなかったマミィには

やり残した仕事の続きを
しなくてはいけないような、

そんな気持ちがあった。






盲導犬協会






だから、
黒ラブの男の子にこだわった。



黒ラブの男の子を
無事にオトナになるまで
育てなければならなかったのだ。



そして、ぼくが来た。






わんこのニオイが
わんこのニオイが
 いっぱいするな






さて、ぼくは、
もうすぐ3歳になるから、
もう
無事に成犬になっているのだけど、

マミィの仕事はそれで終わったのか
・・・というと、
そうではなさそうだ。






どっこいしょ
どっこいしょ







ほへーっ
ほへー
 何しろ 大嫌いな車での
 長旅だったので
 つかれちゃってさ・・・






結局、ぼくを育てても、
やりかけの仕事は、
終わらなかったようだ。



ぼくは、
ごくうさんではないから。






緑に囲まれて
緑に囲まれて






ぼくを育てながらも、
マミィは、悔しくて悔しくて、

悲しくて悲しくて
しかたがなかった。



まだまだ時間がかりそうだ。



いや、
時間が経ったら解決する
・・・というものでも、ないのだろうけど






あ、ごくうさん
あ、ごくうさん






用意はいいですか?
一緒に
 写真撮りますよ







はい、ポーズ
はいっ、チーズ!







いいお顔、できましたか?
いいお顔できましたか?
 ごくうさん・・・








白い紫陽花
真っ白な紫陽花
 今年も咲いてました







写真を撮るとき、
アルマがしきりに
横を見るのですが、
そこには、誰もいません。

ごくうがいたとしか
思えませんね。
     (アルまま)



(去年の命日の出来事→613章 『午前2時の遠吠え』
 (番外編の下のほうにあります)









=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第841章- ごくうさん






ごくう




明日はごくうさんの命日。
2012年7月26日。



あれからもう、3年。



すずばあちゃんが亡くなった後、
ごくうさんを
盲導犬の訓練生として送り出すのが、
マミィの希望になっていた。



ごくうさんの体調に異変が起きたとき、
かかりつけの病院では
『熱中症』 と言われた。



実際には熱中症ではなく、
1週間、
マトのはずれた治療の果てに、
どんどん容態が悪くなっていった。



その間、夜中の急変には
別の病院にも連れて行ったけれど、

最初の診断が 『熱中症』 だったため、
新たな検査がされないまま、
最悪の状態に向かっていった。



何日経っても回復しないどころか、
どんどん体力の落ちていくごくうさんに

とうとう、
かかりつけの医師が
言った。

「うちでは
 これ以上手に負えないから、
 ほかで診てもらって」



そして、1時間ほどかかる
盲導犬協会かかりつけの病院に
行った。







手術前
手術前






細かい検査の結果、
すでに腸閉塞を起こしていて、
重篤な状態であることが
わかった。



危険な手術なので、
手術中に亡くなる可能性もある・・・
と、聞かされた。



そして・・・・
長い長い手術には
何とか耐えたごくうさんだったけれど、

すでに
腸の3分の2くらいは壊死していて、
残された腸も
動き出すかどうか・・・わからなかった。







命の終わりを
この時すでに
 自分の命が終わることを
 予感していたのだろうか?






その病院で行われた
細かい検査や
レントゲンの精度を見て、

マミィは
小さな病院と、
設備の整っている病院の
差を思い知ったのだった。



だから、異変が起きたら、
遠くても、
設備の整った病院に行かなければいけないと、
この時に、学んだ。



でも、もう、遅かった。






手術直後
手術直後






ごくうさんは、
手術の翌々日に、

6ヶ月という
短い命を閉じてしまった。



マミィには大きな悔いが残り、
今も、その悔いと
心の痛みは消えない。



ごくうさんは、
すずばあちゃんが亡くなった後の
マミィの夢だったのに。






どこまでもやさしい
ごくうさんの表情は
 どこまでも穏やかで
 やさしい







超、甘えん坊で、
マミィにべったりだったごくうさん、

虹の橋のたもとで、今日も
すずばあちゃんと仲良く
走りまわっているのかな。



=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第840章- オトナの言葉






プランターさんのいちご
プランターのイチゴさん






7月9日の葬儀の日、
アルマ家の人々は
朝8時頃に出かけて、

帰ってきたのは、
午後3時半を過ぎていた。



ぼくは
1人でお留守番。



以前ほどではないけれど、
アルマくんの長時間お留守番に、
マミィは
まだまだ不安を感じている。



帰ってきて無事だと
ものすごく
ほっとするようだ。







まだまだ
まだ
 いっぱい実がなっている







それから、ダディは
夕方5時からの仕事に間に合うように、
あわてて出かけ、

マミィは
5時半までのクラスは
お休みにしたけど、

6時からのクラスはあったので、
休んでいるヒマがなかった。






青のも続々と
ほらっ
 青いのが続々と・・・






あーちゃんとマユチャンは、
はとこたちの
たっての希望で、

そのまま、
彼らのお家に行った。



思い出話に花を咲かせているとき、
お兄ちゃんたちに

「マユチャンは
 言葉を話すのが早かった?」
と訊かれ、

「早いのかどうか知らないけど、
 保育園の個人懇談のとき、

 おかーさんが、先生に
『マユチャンはオトナの言葉で話すので、
 他の子たちと話が通じない』
 って言われたって言ってた」
と答えると

「やっぱりなー
 アイツも
 オレたちと年が離れていたから、
 幼稚園に入るとき、
 幼児の集団を見て

 『ここは、
  オレが来るような所じゃねぇな』

 って言ったんだよね」



で、
幼稚園に入ってから
「オレ」 と言っていたのを
「ボク」 に直されたそうだ。






プランターだから
どっさり・・・
 とはいかない。
 何せ、プランター育ちだもの

 1日おきに
 このくらいかな







マユチャンも、
幼児なのに

「つまり」 「要するに」
 「すなわち」 「結局」

みたいな言葉を使っていた。



こういう言葉は
あんまり
可愛くは、ないよね。



実は、マミィ自身が
幼児語を知らなくて、

長女のゆりたんの時から
まったくフツーの
オトナの言葉で
話しかけていたのだけれど。



「ターター履きましょ」
って、
子どもに話しかけている
おかあさんを見かけて

「ふーん
 靴下のことは
 ターターって言うのかぁ」
って、
目をぱちぱちさせてしまった。







遺されたもの
遺されたもの






幼児のマユチャンが、
ある時、
パソコンでチャットをしていて、

マミィが通りかかると、

「あなたもげんき?
 また、あそびにきてね」

という
画面の文字が目に入ったので、

ふと、
「チャットの相手は、
 幼児と話しているのだということ、
 わかっているのかなぁ」
と、心配になり

マユチャンに訊いた。

「この
 『いぬ』 ってハンドルネームは
 だれ?」




「コウちゃんだよ」。



先日亡くなった
3姉妹のはとこの名前だったので、

「なあんだ、そーかー」
と、
安心したと同時に

「チャットしてるっていったって、
 画面の文字、
 ぜーんぶ
 ひらがなで表示されてるもんな」
と、
気づいたのだった。



あれから・・・もう・・・
12年か13年も経ったんだ・・・



はやいな・・・
子どもたちが大きくなるの・・・



マミィは、何だか
胸がぎゅーん っと
しめつけられるように感じた。







でも・・・頑張ろう
ぼくたち・・・
 遺された者は、
 支え合って、
 頑張って生きていこうね・・・





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第839章-危ないマリオ





買い物の帰り、
ダディが
「ソフトクリームを食べに行こう」
と、言い出した。



「え~、やだ~
 そんなに遠くに行きたくない。

 その辺のコンビニでいいよ、
 コンビニで!」

と、マミィが抵抗する。



そのアイスクリーム屋さんは、
小樽の近く。



「雨が降ってきたらどーするの。
 洗濯物が濡れちゃうじゃん」

と、
どんより空を指さす。



ところが、
ダディは、
マミィの抵抗をものともせずに、
平然と車を走らす。






何? あれ・・・・
何? あれ・・・







マミィが、
ちょっと苛立ったとき、

「何だ? あれ?
 あんなものが、
 公道を走れるのか?」

と、ダディが言った。




「危なっかしいなぁ・・・」



3台が
わが家の車の前を走っている。



派手な髪の色やなぁ~
と、マミィが思う。



「あれっ?
 あれ、マリオじゃん!」







マリオじゃん
マリオ?






「え?
 じゃあ、その前は
ピーチ姫とルイージ?」



「写真に撮って」
と、ダディ。



「カメラ持ってないよ」

「じゃ、オレのスマホで」



ばびゅーんと、
ダディが
マリオさんを追い抜く。



マミィがシャッターを押したけど、
「はえーよー」



まともに撮れませんでした・・・







速すぎっ!
速すぎ~っ
 え? 交通安全?







・・・で、
そうこうしているうちに、

まるで・・・・、
ダマされたかのように、

アイスクリーム屋さんに着いてしまい、
結局、
ソフトクリームを食べた
マミィだった。






・・・・で、アイス
・・・で、アイス
 
 最近、
 ダディのアトピーが悪化。
 
 ステロイドって怖いねって
 つくづく、思っている
 マミィとダディだ









ぼくを・・・・
ぼくを
 置いていったんだよねー













=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第838章-本気のダイエット





どうにもこうにも、
体重が
どんどこ増加しまくりで、

こりゃあ、本気で
ダイエットに取り組まないと、
マミィは、
この夏、着る服がない。



去年の今頃よりも
3㎏も体重が増えている。






おっ! おおおっ
おっ! おおお~っ!!






ぼくがこの家に来た時には
すずばあちゃんがいた頃よりも、
既に3㎏ほど増加していた。



その時ですら、
マユチャンを妊娠する前よりも
3㎏ほど多く、



マユチャンを妊娠した当時は、
結婚する前よりも、
6㎏ほど多かった。



えーと・・・・
合計すると・・・・

マミィ、
一体、どんだけ太ったのさ~






祝! 15万名さま~!!
祝! 15万名さま~!!!
 いつも訪問してくださる皆さま、
 ありがとうございます~
 無名の主婦が
 2年半、頑張れたのも
 皆さまの応援のおかげです

 ・・・と、マミィが申しております






それでも、
去年の今頃は
ぎりぎりMサイズ。



最近は、Mサイズでは
ぴちっぴちっ で
みっともない。






ぴとっ
ぴとっ
 おふとんひとりじめ~
 ダディが抜け出していったから






ブログ友だちのあやっちさんは、
最近5㎏も痩せたというし、

マユチャンのお友だちは
『おかゆダイエット』 で
やはり5㎏ほど
減量したらしい。



う~ん、5㎏減ったら
去年の服が余裕で着られるなぁ・・・
と、
マミィは、考える。



やっぱり・・・
『睡眠ダイエット』 でしょ。



まずは、
その研究と考察から・・・・・




マミィ、そんな事よりも
まず
食事を減らしたら?



前に、
ゆりたんに言われたでしょ。



「おかーさんって、
 私が見ると、
 いっつも食べている
 ような気がするんだけど」





動かないもんね~
動かないもんね~





うーん・・・
食べないのや、減らすのや
運動するのは・・・
ちょっとね・・・


って、マミィ、
一体、どこに
「本気」 があるのさっ?




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第837章-カリフォルニアの青い空




しばらく音信不通だった
アリゾナのゆりたんから

「旅行から、今、もどったぜ」
という
メールが届いた。



「え?
 旅行してたんかい?」

マミィが返信した。







カリフォルニア
カリフォルニア







「夏休みに
 旅行しようかなぁ」
とは、
聞いていたけど、
まさか、もう行っていたとは・・・






鯨うぉちんぐ
鯨ウォッチング
 テキサスでは
 いるかウォッチングだったね







お友だちの所を
渡り歩いたらしく、

今回は
カリフォルニアとユタ。



ダラスに居たときには、
テキサス一人旅もしたし、
スキーをしにニューメキシコ、
観光でラスベガス、グランド・キャニオン、
研修でワシントンDC

・・・と
ずいぶん
いろいろ行っていたから、

これからも、
あちらこちらの州を
駆け巡るのかな。






ディズニーランド
ディズニーランド
 に行ったり
 野球観戦したり・・・







さて、マミィが
そんな事を考えている時に

「安保法案、 衆院通過」
というニュースが
目に飛び込んだ。



これって、
民主主義じゃないよな・・・
と、マミィは憤る。



民主主義というのは、
「多数決」 が
すべてではない。



この強引な決定のどこに
「国民」 の意見や気持ちが
反映されているのだろうか。



原発の稼働もそうだけれど、
国のご都合を
国民に押しつけるやり方のどこに
「民主主義」 があるのだろうか。



確かに
アメリカに国を守ってもらうだけで、
日本側が何もしないのは、
フェアではないだろう。

いざという時にアメリカが
本当に
日本を守ってくれるかどうかは
別にして、

日本とアメリカが
この
「安保」 で繋がっていることで、

他のアジアの国々やロシアから
日本が
守られてきたであろうことは、
やっぱり否めないし。





お友だち1
お友だち と
 お友だちの家族







でも
「絶対に戦争をしない国」
から
「戦争の助っ人をする国」
になり、
それがやがて、
「戦争をしかける国」

なってしまうかもしれないという、
そういう大きな変革を、

国民の理解も得ずに、
強引に決めてしまうやり方は
許せない。



それがあるから、
この間の選挙は
重大な意味があったのに、

日本国民は
大きな過ちを犯したね。



その多くは
「投票に行かない」
という、
安易な選択によって。






お友だち2






この法案が
十分に説明され、議論され、
国民が 「良し」 とするなら、

どんな危険を含む結果であったとしても、
それはそれで
しかたがないけれど、

それをすべてカットして、
数の力に任せて
足早に
強行に決めてしまうなんて、

民主主義には
あり得ないことなのだ。



日本は
独裁者に牛耳られていたのか・・・
と、思えてくる。





ほぉぉぉ
ほぉぉぉ
 ハリウッド






カリフォルニアの青い空の写真を見て、
北海道の青い青い空を見上げ、

マミィは
やりきれない気持ちに
なるのだった





ソルトレーク
ソルトレーク




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第836章- やさい頭のママ





「え?
 『 内臓(ないぞう)だけで
  子育て 』?」



主婦日記ジャンルの
ブログタイトルを眺めていたら、
突然に
そんな文字が目に飛び込んできて、

マミィは
びっくり仰天した。



何らかの理由で子宮を失って、
内臓で胎児を育てたのかな・・・



いやいやいや・・・、
おいしいものを食べさせて
五臓六腑を満足させて
子育てをしているってことかな・・・

とか、
いろいろな空想が頭の中を
飛び交う。



・・・で、
ショッキングなタイトルだけど・・・

と、気を取り直して、
もう一度見ると、

『 内職(ないしょく)だけで
 子育てをする 』

だった。



あ~、びっくりした・・・
と、
マミィがぼくを見る。






へ
・・・・ へっ?・・・・

(アホだと思います)





今朝は
Yahooの
『話題なう』 (みんなのアンテナ)に

『やさい頭のママさんが』
という題名をみつけ、



「やさい頭?」




野菜




そーっと、画面に顔を近づけて
「やさしい顔のママさんが」
だと、わかり、

メガネ、
新しくしたほうがいいかも・・・
と、言った。



まぁ、
マミィの読み間違いは
今に始まったことではないから、
ぼくは、もう、驚かない。



「寒気(かんき)が入り込む」
を 「さむけ」 と読んで、

「へ?」
と言っていたことも
あるし。



読み間違えだけでは
ない。



聞き間違い、書き間違いも
しょっちゅうだ。



パソコンの場合は、
入力ミス、変換ミスの
見落しがどっさり!



だいぶ前の話だけど、
仕事から帰ってきたダディが

「エッ エッ エッ・・・」
と涙を浮かべて、

あの
バック・トゥ・ザ・フューチャーの
マーティのお父さんみたいな
笑い方をしながら、
(古い!)





おとうさん
ジョージ
マーティのおとうさんだよ





 
キッチンにいる
マミィのところにやってきて、
訊いた。



「どーやって、
 洗濯機から
 カブを採るんだよ?」



へ?





かぶ





ダディの部屋の
小さなホワイトボードを見ると
確かに

「洗濯機のカブ取り」
と、書いてあった。



あれ? 変だな。
ちゃんと
「カビ」って
書いたはずなのに。






ひゃひゃ






中学生だったか、高校生の
あーちゃんに
買い物を頼んだとき、

メモに
『かっぱえびさん』
と書いてあって、

お店で見た途端に
大声で笑ってしまって

「恥ずかしかったよー」
と、
帰ってきたあーちゃんに
抗議されたこともある。



それからしばらく、
わが家では、あのお菓子は
『えびさん』 だった。



幼児のマユチャンに
ゆりたんが

「食べ過ぎ-~
 アンタなんて
 まだ小さいんだから
 えびさん2、3本でいいのよ~」

・・・みたいに。





えびせん
えびさん






3年くらい前の年末、
マミィは
キッチンで料理をしていて、


家族は、みんなで
テレビを観ていた。



「豪華絢爛 『週刊エノキ』!
 毎週 お届け!!」

というCMが聞こえてきて、
ものすごく
興味をそそられたマミィ、

あわてて、
リビングにやってきて
うれしそうに訊いた。



「なーにー?
 週刊エノキって?」





エノキ
ゴーカ 絢爛!





マユチャンはひっくり返って笑い、
ダディは
呆れかえった顔を顕わにした。

そして、ゆりたんが
怒ったような口調で言った。



「週刊 絵巻!」



週刊で発行される
『源氏物語』のCMだった。





絵巻






「豪華絢爛な
 キノコの料理本かと思うたよ」



「どうしたら、
 そういうふうに聞こえるわけ?
 あり得ないだろう」

と、
よく、ダディに言われる。



(このいくつかのエピソードは
 過去のブログで、
 すでに
 ご紹介済みだけれど・・・)




「誰にだって
 一つや二つ間違いはある」
と反論すると、

「フツーの人は
 そういう間違え方はしない」。



そーかなぁー?
そんなことはないでしょ。



かくして・・・
きょーも、

マミィの頭の上を
ピヨピヨとにぎやかに
鳥さんたちが飛んでいるのではないかと、
ぼくは・・・ 思ったりする。





こーゆー人に・・・
ずーん・・・・
 そういう人に
 育てられているぼくって・・・・・






=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第835章- お昼寝





赤くなってきたね
色づいてきたね
 プランターのイチゴ










楽しみだね
楽しみだなぁ









おやっ?
え?








ん・・・
・・・・・・









何してるんデスか?
何してる
  ・・・ んデスカ?










お昼寝?
お昼寝?
 行き倒れ?









じゃ
じゃ









ぼくもハウスして・・・
ぼくも ハウスして・・・・









いや、マテよ
いや・・・・
 待てよ・・・・










遊びたいしなぁ
まだ 遊びたい









ぬぅぅぅんっ!
ぬぅぅぅぅんっ!
 ぼく 寝ない







*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★




笑うた~( ̄∇ ̄)





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第834章- 発熱





ダディが熱を出した。



38℃ちょっと・・・



ちょうど
会社が休みの日でよかった。



どうやら、この間、
誕生日ケーキの日に来た
あーちゃんが
風邪を置いていったようなんだ。



ものすごい声だったから。



いや、
声に、なっていなかったな。






お馬さんのお尻っ!
お馬さんのお尻っ!
 マミィは お馬さんが大好き
 このぷりぷり感
 いーですねー

 ・・・だと






・・・で、
ダディが伏せっていると、

仕事が休みではないマミィの
用事が増える。


しかも
マミィも節々が痛くて

ちょっと
体調がアヤシゲな感じ。







ポニー
 風邪を
 わが家に置いていったあーちゃん
 呑気に
 ノーザンホースパークで
 乗馬を楽しんだらしい






 
結婚前、
寮生活をしていたダディが
風邪で入院したことがあって、

その時、マミィは
「どんだけヤワなんだ~」
と、びっくりした。



38℃程度の熱だと聞いて。



マミィなんて、
40℃を超えても、
仕事を頑張っていたので。






待ってたのに・・・
待ってたのに・・・
 あのケーキの日
 テーブルの横で
 おとなしく待っていたのに
 もらえなかったんだよ、
 ケーキ・・・
 
 アルマくんのこの悲しい顔を見て
 なんとする・・・
 オニ~!!!







結婚してからは、
スパルタ  マミィのおかげで、
ダディも だいぶ丈夫になって、

何年もの間、
めったに
熱を出したりしなかったけど、

最近、年のせいなのか、
時々、熱を出す。



いや、
年のせいというよりも、
不健康な生活のせいだよな・・・と、

マミィは
考えているのだけれどね。



用事もないのに、
いつまでも遊んでいないで、

夜更かしせずに
さっさっと寝ればいいのに・・
(毎日のように、
 2時過ぎまで起きているんだよ)


3姉妹にも、
「不健康な生活」
と、
よく言われていた。






ちぇっ~ ぐれるぜ
ぐれてやるー
 ぐれてやるー






そんなこんなで、
またまた、マミィが
「はやく寝なさい!」
と、
ダディを叱咤する日々が
続きそうだ。



年老いてから、
子どもたちに
「自業自得」 と言われないように、
もっと健康的な生活を
送るべきだよね。





ぼくの歯って・・・
ところで・・・・
 ぼくの下の歯って
 まっすぐ上に向かってないで
 外に向かって生えてるよね

 面白いな~
 って、いつもマミィが言う






=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第833章- 魂の行き先







ホラホラ、これが僕の骨だ、

生きていた時の苦労にみちた
あのけがらわしい肉を破って、
しらじらと雨に洗われ、
ヌックと出た、骨の尖(さき)。
それは光沢もない、
ただいたずらにしらじらと、
雨を吸収する、
風に吹かれる、
幾分(いくぶん)空を反映する。

生きていた時に、
これが食堂の雑踏(ざっとう)の中に、
坐(すわ)っていたこともある、
みつばのおしたしを食ったこともある、
と思えばなんとも可笑(おか)しい。
ホラホラ、これが僕の骨―― 
見ているのは僕? 可笑しなことだ。

霊魂はあとに残って、
また骨の処(ところ)にやって来て、
見ているのかしら?

故郷(ふるさと)の小川のへりに、
半(なか)ばは枯れた草に立って、
見ているのは、――僕?

恰度(ちょうど)立札ほどの高さに、
骨はしらじらととんがっている。
            (中原中也)







今日、葬儀に行き、
火葬場で お骨を拾うときに、

マミィは
こんな詩を思い出していた。



中学生の頃、
中原中也の詩に
ハマっていた。






良いお天気
いつになく 良い天気






さて、
葬儀に行くのは、
実は
マミィは気が重かった。



愛する子を亡くした
母親の悲しむ姿を
見たくなかったから。






お花もやっぱり
お花もやっぱり
 日射しのある日のほうが
 イキイキしてるよね







思っていた通り、
憔悴しきっていて、
心が痛んだ。



まだまだ、たくさんの
夢があっただろうに。



前の晩のお通夜には
中学・高校・大学のお友達を合わせて
100人以上が来ていたという。






ササユリ
ササユリ
 マミィのお友だちがお山に行った時に
 撮ったんだって
 







今日の葬儀は、
家族葬で、親族だけで、
小さく行われた。



中学では
サッカーの全国大会に行き、
高校では全道大会。

大学でも
サッカーを続けていたそうだ。



掲げられていた遺影は
なかなかのイケメンだった。



本来なら、
棺の中に
みんなに献花してもらい、
最後のお別れをしてから
送るのだけれど、

『遺体の状態がひどくて』
棺を開けられないので、
1人ずつ、棺を触っての
お別れとなった。



棺の上には、
たくさんのユニフォームが
載せられていた。



お母さんは
棺にしがみついて、
泣き崩れていた。



マミィは
悲しいというのではなく、
その痛みが伝わってきて、
涙が溢れて
しかたがなかった。





お天気がいいと
お天気がいいと
 心も元気になる






これからきっと、
愛する子を失った喪失感と
大きな 『悔い』 と、
時々ふいに襲ってくる
悲しみの波にもまれながら、
生きていくのだろうなぁ・・・

繰り返されるその渦の中で
ぐるぐるともがきながら
暮らしていくのだろうなぁ・・・

と、
心が痛んで
しかたがなかった。



朝から、
抜けるような青い空。



久しぶりに晴れ渡って
力強い天気の日なのが、
かえって、
悲しいような・・・。






そんなに暑くないけど
気温はそんなに高くないけど
 日射しは強い







火葬場で
骨だけになって
弟が戻ってきたとき、

1番上のお兄ちゃんは、
堪えきれなくなって
壁に顔を押しつけ、
声を上げて泣き出した。



そして、しばらく
激しく泣き続けた。


ふいに
「××、しっかりしなさいっ!」

と、
車イスのおばあちゃんが
強い口調で言った。



「大丈夫だ」
と、
お兄ちゃんが応え、

まわりのみんなは
口々に、

「今だけだから」。
「みんなわかっているから」
「いいんだよ」

と声をかけた。



「そうだよ、
 思いっきり泣かしてあげてよ」

と、
マミィも
心の中で言っていた。







お外、大好き
毎日は
 何でもない日の積み重ね。
 でも、
 その何でもない日が
 なんて 素敵なことか!!!

 ぼくは、命を大切にするよ







さて、
肉体を抜け出た
彼の魂は、
お兄ちゃんの泣き叫ぶ姿を
見ていただろうか。



崩れ落ちるように、
棺にすがったお母さんの姿が
見えただろうか。



細く小さなお母さんの傍らで
その体を支えていたお父さんや、

声を殺して涙を流す
2番目のお兄ちゃん、

1番若い孫の死に
力なく肩を落とす
2人のおばあちゃん、

ついこの間まで
楽しい時間を
一緒に過ごしていただろう
カノジョの号泣・・・



若い若い魂は、
その悲しみを
その涙を
その痛みを、
すべて、受け止めただろうか。



・・・と、マミィは
仮の宿を抜け出た魂の行き先に
思いを馳せるのだった。





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第832章- 嘔吐





え・・・?



キッチンの床の上、
2カ所に

ドロドロとした
緑色の嘔吐物があって、
マミィは、
一瞬かたまった。



「やっぱり、
 具合が悪かったのかい?」



そう言いながら、
そのドロドロを
まじまじと観察しながら、
床を拭き始めた。



午後6時半過ぎだった。






ハウスにこもる
朝から
 ハウスに こもってマス
 






「よく、
 食べてしまわなかったね」



前は、
口の中から出て来ると、
ぼくが慌てて、
それを食べてしまっていたから。





気持ちワルイの・・・
気持ちワルイの・・・






「うーん、ご飯、
 どうしようかなぁ・・・」

と、マミィは迷いつつ、
とりあえず、
食べたそうにしているから・・・と、
ぼくにフードをくれた。



ガシガシガシッと
勢いよく食べたので、

「食欲は あるみたいだし、
 まぁ、大丈夫かな」

と言った。






こんなときに
こんな時に
 パパラッチするの、やめてね






でも、
次のクラスは7時半から9時で、

恐らく、9時過ぎるまでは、
誰も帰って来ないだろうから、

ちょっと心配だなぁ・・・
と、ぼくを見た。



3時に
3階の教室に行くときにも、

妙に静かに
ハウスに閉じこもっているぼくをみて、

「大丈夫なのか?」

と、頭を
なでなでしていったのだった。






・・・
・・・・・






それから、
9時半にレッスンを終えて降りてきて、

まず、部屋中を見て歩いて、
どこにも
嘔吐物がないのを確認してから、

ハウスの中のぼくを見ると、
その時に、
ダディが帰ってくる音がして、
ぼくが
勢いよくリビングから飛び出して、
走って行ったので、

「すごい元気じゃん!」

と言った。



夕方吐いたことで、
気持ちの悪いのは
解消したのね?






やだなぁ
やだなぁ






朝のウンチはフツーだったし、
お散歩中に
変なモノを食べたりもしていないし、
食欲もあるし、

この勢いの走り具合いなら
大丈夫かな、

しばらく様子見だな・・・と、

まぁ、半分、
安心したような、しないような、
複雑なマミィだった。





静かにしてね
カメラしまってよ






でも、その夜、
下のお家のおばーちゃん
(ダディのお母さん)から

おじさん(ダディのおとうさんのお兄さん)
のところの、
末孫が亡くなったという
電話があった。



おじさんのところの孫たち
(3姉妹の「はとこ」にあたる)は、
3兄弟で、

わが家の3姉妹より
それぞれに少しずつ年上で、
毎年、お正月に集まる時には、
良い遊び相手だった。



その末っ子は・・・
マユチャンよりも3つ年上なので、
まだ、大学生だ。



この間、
お正月に会ったときには、
元気だったのに・・・と、
みんな、言葉も出ない。



特に、小さいときから
いっぱい遊んでもらったマユチャンは
強いショックを受けている。






放っておいてください





魔の7月は、
今年も、

ひたひたと不気味に
わが家の周りを取り囲み、
巡回しているように、

マミィには感じられる。




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第831章- どんより





風が冷たくて、
うすら寒い。



今日の最高気温は
17℃の予報。



13時以降は 15℃、14℃
・・・と、下がっていく。



明日は晴れだけど、
最高気温が19℃ですと。



木曜日から20℃を超えるようで、
土、日は27℃ となっている。



そのあたりが、
北海道には ないはずの梅雨の
梅雨明けかな。



どんより天気だと
気分も どんよりする・・と、
マミィが言う。



「魔の7月だし」



「それに、最近、
 アルマくんがちょっとイイ子で
 これも怖いぜ・・・」






遅いっすね
失礼な話だよね








「あらっ!」
と、
お散歩中にマミィが
気づく。



歩道の裏の川沿いに
雑草のように生えてる
紫陽花の花が
少しずつ開き始めた。



まだまだ蕾のものが
ほとんどだけど。



紫陽花並木とも言えそうなくらい、
歩いたら15分ほどの道なりに
ずーっと
野生(?)の紫陽花。



これから秋まで
咲き続ける。





あらら
あらら
 と、またまた
 驚いている







すでに
お庭の紫陽花
 とーっくに
 咲いていたのねー







遅いっ
気づくの 遅っ!


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第830章- いやさか~




我が輩は・・・
ワガハイは
 ニャンコである







マユチャンが、
ダディとマミィに
訊いた。



「『いやさか』 って
 知ってる?」



「人の名前?」



「ううん。
 昨日の学校祭の最後、
 校長先生のお話で
 先生が、突然

『それでは皆さん、
 バンザイではなく
 いやさかをご一緒に~』

って
言ったんだよね。

みんな大爆笑で
『何、何っ?
 校長先生、どーしちゃったの?』
って感じで・・・」






まだ
名前は
 まだニャイ







ダディが
スマホに向かって
「いやさか」 と言うと、

・・・

出てきたみたい。



『弥栄』

●ますます栄えること
●繁栄を祈って叫ぶ声。ばんざい。



なぁぁ~んだ、
つまり、
「バンザイ」 のことね、
と、マミィ。






お家ネコに
晴れて
 お友だち家の
 お家ネコさんになった
 おチビちゃん

 ついこの間まで
 お外ネコだった

 安住の地が見つかって
 よかったね

 名前、楽しみだね








北海道には
「弥栄音頭」 という民謡があって、

北海道北西部沿岸地方の
ニシン漁で歌われた
労働歌なんだって。

盆踊り歌でもあるらしい。



「はあ、いやさかさっさ」

はやすところからきた
名称だとか。



ふぅぅぅーん。



トリビアだね。



これからの人生の中で、
何かの役に立つかどうかは、
わからないけれど。







学校祭での
 マユチャンたちの演奏

 マミィが今お気に入りなのは
 ミュージカル・アニーとヘアスプレイからの
 3曲メドレー
 (19:31くらいを見てください)
 (Youtubeの文字のところをクリックすると
  早送りできます)
 

 これは
 プロのダンスの先生が
 振り付けてて、
 難易度が高いので、
 2、3年生だけの演奏

 途中、楽器を置いて
 数人がセンターで踊りますが
 そこの最前列、ど真ん中にいる
 ぽちゃ体型の
 小さい子がマユチャン

 マユチャンは、
 この曲の終わりのほうで
 最前列で
 トロンボーンを吹いていますよ
 







ふくちゃんママさん、
元気になってねー

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第829章- 魔の7月来たる






マミィは
7月がキライだ。



4年前の7月28日に
すずばあちゃんが亡くなり、

その翌年の7月26日に
ごくうさんが亡くなって、

二年続けて
愛犬を
虹の橋に見送ってから、

7月は、
マミィの 『魔の月』
になっている。



去年は
ぼくの開腹手術騒ぎが
あったしね。




…で、 ぼくのお腹
抜糸する前日の
 ぼくのお腹







あの時、ダディが

「7月に入った途端に
 これだ・・・」

と、
つぶやいていた。

(開腹手術の顛末→第591章第592章~第602章)






毛も刈られました 明日、抜糸予定です
毛も刈られましたね…







去年は、7月5日に
マユチャンの学校祭に行き、

その日、
数日遅れの
あーちゃんの誕生日の
お祝いをした後、

夜遅くに、
急に
ぼくの具合が悪くなった。



今年は、夕べ
夜勤明けのあーちゃんの
誕生日祝いを
簡素にした。



マミィは
お休みじゃなかったから。






今日のバースデイケーキ
夕べのケーキ
 ゼリーの部分、
 ハート型なんだけど、
 ちょっと 失敗なんだって

 
 『かんてん』 でつくったので
 弾力がなくて、
 うまく形ができなかったらしい・・・

 「ゼラチンで作ればよかったー」
 と、マミィがブチブチ言ってた

 ・・・ で ・・・
 この18cmのケーキを、
 4人で4等分して 食べたんだよー

 いくら、マミィのケーキが
 あっさり甘みでも、
 たべすぎじゃない?







そして・・・今日、
マユチャンの高校の
学校祭。



3年生になったマユチャンには
高校生活最後の 学校祭になる。






こんな感じ
白いお砂糖を使わないので、
 わが家のスポンジは
 ちょっと 茶色っぽくなる

 「あっさり系」 という
 あーちゃんのリクエストに
 お応えして
 生クリームにヨーグルトを入れた
 





  あーちゃんの誕生日ケーキ
  マユチャンの学校祭
  アルマくんの異変
 






デジャブにならないように・・・
と、
マミィは願っている。



=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第828章- はいっ、持ってね



ぼく、アルマくん家は、
二世帯住宅だ。



1階には
ダディのお父さんとお母さんが
住んでいる。



うん、そうそう、
おじーちゃんとおばーちゃんね。



2階、3階は、
ぼくたちの住まいと、
マミィのお仕事場。



だから、
ぼくたちの玄関は
外の階段を
上がらないといけない。






ここを降りるんだ
ここを上り下りするんだ






お散歩から帰ってくると、
ぼくは、この階段を
ものすごい勢いで
駆け上がる。



ゆっくり上るのは、
むずかしいんだよ。






これは・・・
これは2年前
 まだ1歳にもなっていない頃








よいしょ
よいしょ
  慎重だったね







で、マミィは
ぼくの速さには追いつけないので、
階段の下で、
リードの手を離す。



この間、いつものように
ぼくが だーっと駆け上がって
マミィが上がってくるのを
待っているのに、

ちっとも上がってこない。



マミィは、
もしも自分が
ずーっと上がらないでいたら、
ぼくがどういう行動に出るのか、
見てみたかったらしいんだ。



ぼくが
「はやくしてよー」
と、落ち着かないので、

ようやく、
はいはい・・・と、

しかたなさそうに
上がってきた。






お・・・
おっ!






ぼくは急いで、
リードの先をくわえて、

マミィの手に
グイグイっと押しつけた。



「はい、
  ちゃんと持ってね!」







お散歩かな?
お散歩かな?





お散歩に出かけるときにも、
ぼくにリードをつけたまま
マミィがぐずぐずしていると、

リードの先をくわえて行って、
マミィの手にのせる。



「ほらっ、持ってっ!」






うわぁぁぁ~い
うわぁぁぁぁ~い!
 尻尾、ぶんぶん






ハーネスをつけるときには、
自分から
首をスポッとつっこむ。



早くお散歩に行きたいから、
勢いよく、素早くね。






バタバタバタ
バタバタバタバタ・・・
 ぶんぶんぶんっ!







マミィが
すぽっ の瞬間を
写真に撮ろうとしたけど、

あまりの速さに
追いつけなかったみたい。




落ち着け
落ち着けっ!
 スワレ






スワリマシタよ
 スワリマシタ・・・
 
 いつもみたいに
 すぐに スポッじゃ
 ダメなの?







いいの?
いいデスか? 
 マミィが写真に撮るんだって









ほりっ
ほれっ







行きますぜぃ
行きますぜぃ







スポッと
すぽっ と・・・







入りましたねぇ
入りましたねぇ







時々思うみたいだよ。



「お散歩中に
 リードが手からはずれたら、
 どーするのかなー」

「昔とは違うのかなー」



でも、もちろん
マミィにとって
そんな恐ろしい冒険を
する気はないらしいけれど。



何があっても
絶対にそばを離れなかった
すずばあちゃんや
ごくうさんとは違うからって・・・



ぼくも、
脱走しないという
自信はないデス。





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

382位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示