11
   

-番外編- 空から落ちてくるもの

-ごくうがやって来た! (17) - 


<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年4月5日(木)



ようやく
洗濯する気になりました。



ごくうを庭に出すのも、
1週間以上ぶりじゃないかな…



ほーんと、
とんでもない天候だわ。

予防接種後10日したら、
散歩していいって言ってたから、

月曜日からは
散歩ができると思うんですよ。



子犬だから、
10分、15分程度ですけどね。



私も少しは体を動かさないと、
まずいし。







不思議がいっぱい
子犬の世界は
 不思議に満ちている







2012年4月6日(金)



残念ながら、
天気予報は
ハズれませんでした。



ごくうが、
リビングの窓の前に座って、
じーっと外を眺めていました。



今は、見るもの、聞くもの、
何もかもが新しくて、
不思議なものですね。



ふわふわと
空中を舞って降りてくるもの、
どんなふうに見えるのでしょうか…



実はそれが
冷たいものだなんて、

想像もできないでしょうね。



今年の11月か12月、
初雪が降る頃には
体験させてあげられるでしょう。



ヒトの子どもも、子犬も、
こんなふうに
不思議体験をいっぱい積み重ねて
オトナになっていくんですね~



すずもそうやって、
よく外を眺めていました…






あ、あれは何?
あ、あれは何?
 何もかもが初めてで
 興味津々






2012年4月8日(日)



1日ごくうの相手をしているので、
なかなか用事が進みません。

パピーウォーカーは
家族でするはずなんだけどなぁ~



私だけが
ウォーカーなわけじゃないんだけどなぁ~



上手に時間のやりくりをしないと、
受験勉強どころか、
毎日のレッスンの準備さえ
満足に
できなくなってしまいそうです。



もうすぐ
4月も中旬に入るというのに、

勉強、
なぁぁぁ~んにも手をつけてません。



もう少し、
家事も、ごくうの世話も
みんなで
分担してもらわないと…(-.-)





いろんなことを…
不思議体験を積み重ねて
 成長していく

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第700章-異文化




夏休み前だったか、
2学期に入ってからだったか、
マユチャンが
学校の宿題で、

『身近にある異文化』
というテーマで
作文(英語で)を書かないといけない…

「それはたとえば、
 日本には
 いろんな国の料理があって…
 …とかでもいいのかなぁ…」

と、マミィに訊いた。



まぁ、日本には
いろんな国の文化が入りこんでいるから、
そんなもんかな… と思っていたら、

何日かしてから、

「別に
 外国のことじゃなくても、
 いいんだって。

 たとえば、友達関係で、
 考え方が違ったりして、
 うまくコミュニケーションがとれないようなことも、
 異文化として考えていいんだってー」

と、
マユチャンが言ってきた。





徒歩1分の公園の紅葉
徒歩1分の公園の紅葉 
 …との一言に
 何枚かの写真を添えて、
 
 まさに、異国の文化の中にいる
 ゆりたんから、メールが届いた







おお!
確かにそうだ。



それぞれ違った環境で育ち、
親の出身地が違えば、

その家庭で紡ぎ出される文化も
違うはずだし。



北海道育ちでないマミィは
道産子のダディと結婚して、

今まで経験してきたものとは
異なる文化を
ずいぶんと、体験することになった。



生活習慣も違うし、
考え方も違う。





えっ?
えっ?
 紅葉の写真じゃないの?






育った環境だけでなく、
感じ方、考え方の指向、
好みなどを考えていくと、

ひとりひとりの中で形成されている文化は
この地上に存在する人間の人数分、
種類があるのかもしれない。





食べ物ばっかりだねぇ
気を取り直して、
 次々に写真を開いて
 みたんだけど・・・







マミィは
ダディと結婚して、

「ぎょえー」 とか
「ひえええ」 と、思ったことが、
数え切れないほど、ある。



多分、それは
ダディも同じだね。





そりゃあ、おいしそーだけど
食べ物の写真ばっかりだねぇ







一人の人を丸ごと理解するというのは、
つまり、
異文化理解ということなのかぁ…



なぁるほど…、
と、マミィは
妙に、納得してしまった。





この食べ物たちは何を語っているのか?
この食べ物たちは
  一体 『紅葉』 の何を語っているのか?
  そりゃ、おいしそーだけどね・・・

  Thanks Giving だったと…?

 






「アルマくん語でしか
 気持ちを表現できないきみも、
 異文化を持っているってことかぁ…」

と、マミィが
ぼくの顔をのぞき込んだ。






異文化そのもの
異文化そのものの
 アルマくんでゴザイマス

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第699章-超フレンドリー



「おお、見事な姿だねぇ」
と、
信号を渡る時に

知らないオジチャンが
にこにこしながら言った。



ぼくの事を
褒めてくれたらしい。



ぼくはうれしくて、
飛びつこうとして、マミィに止められた。







なかなか賢そうでしょ?
なかなか
 賢そうに見えるでしょ?







それからしばらく歩いていくと、
今度は

知らないオバチャンに
声をかけられた。



「わんこちゃん、わんこちゃーん」。



ぼくが
飛びつかないわけがない。



「ウチにもいたのよ。
 何歳?」

「2歳です」

「じゃあ、しかたないわよね。
 4歳になるまでは落ち着かないわよ。
 まだ遊びたくて仕方がないもの」

そう言いながら、
思いっきりの
ぼくのはしゃぎように

うれしそうに去っていった。






ラブ=盲導犬というイメージ
ラブ=盲導犬
 というイメージがあるから、
 そう思って近づいてくると
 ぼくのハチャメチャぶりには
 驚くかもね






ぼくが公園の大きな岩を
ふんふんと嗅いでいると、

「何か
 美味しいニオイでもするのかな?」

と、今度は
自転車に乗ったオバチャン。



「人、大丈夫?」
と訊くので、

「人は大好きなので、
 喜びすぎて、飛びつくんですよ」
と、
マミイが答えると、

「喜んでくれてるのねぇ」

と言いながら、
自転車から降りた。



「犬のニオイがするんでしょ?」
と言いながら、

「前に
 ゴールデンを飼っていてね、
 ウチのは犬に反応して、
 犬を見つけると
 だーっとものすごい勢いで走っていって、
 冬は滑るから大変だったの。

 スクールに入れたら、
 ずいぶん変わって、
 どこにいっても安心になったのよ」

と、
どんなに変化したのかを
詳しく話してくれた。



それから

「オバチャン、
 大きい犬が大好きなのよ。
 お名前は?」


ぼくに訊いた。



「アルマです」
と、
マミィが答えると、

「そう…。
 アルマくーん、アルマくん…」
と、
ぼくの名前を何度も呼んで、

ぼくが喜んでパタパタすると、
ますますうれしそうにして、

「ありがとう」

言いながら、
自転車に乗り直し、走っていった。





そーゆーイメージで近づいてくると
ぼくは ごくごくフツーの
 ラブなんだけどね






オバチャンが走っていたほうから、
にこにこしながら

オバチャンとの様子を見ていたオジチャンが
近づいてきて、

「立派な体格だねぇ。
 何歳なの?」

と、
声をかけてきた。

「2歳です」
と、
マミィが答えると、

ぼくがまた
ハフハフ飛びつこうとするから、

「こらこらっ!」
と、
マミィが叱った。





ぼくは ごくごくフツーの
むしろ
 すずばあちゃんやごくうさんが
 ラブにしては
 おとなしい子だったんだよ






きょうは
いつもとは違うお散歩道を
歩いたんだ。



妙に
人に話しかけられるなぁ
…と、マミィは

「そー言えば、
 子どもたちが小さいときにも
 よく話しかけられたなぁ」

と、ふと、
思い出す。



わんこや赤ちゃんを連れていると、
気軽に
声をかけやすいのかな。





とーってもフレンドリーな
とーっても
 フレンドリーな
 アルマくんなんだ
 






ということで、

人見知りで、無口で
あまり社交的でないマミィ、

こんな形で、
知らない人と
おしゃべりすることになる。



ぼくは、
超、超、社交的だからね。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第698章-700億円の無駄遣い




カイサンソウセンキョというのが
あるんだって。

「無駄金だよねー」

と、ダディとマミィが
しきりに言っている。



カイサン も センキョも、
ぼくには、わからないけど、

何だかずいぶんと、
無駄なことらしい。





アルマくん、何してるの?
どうした、アルマくん?


 


「同じ額あれば」 …と、
マミィが新聞を読む。



●35人学級
財務省は先月、
小学校1年生の 「35人学級」 を
「40人」 に戻すという案を
示したそうだ。

そうすれば、クラスの数が減り、
教員4千人を減らせるので、
国の負担を86億円節約できる
という試算。



700億円あれば、
「35人」 を8年間は
維持できる計算になるそうだ。



マミィが、言う。
「日本って、本当に、
教育に
金を出さない国だよねぇ」。





ふーん… 何かと
何かと
 人間の世界が騒がしくて






●仮設住宅
東日本大震災が起きた11年に、
自宅を失った被災者のために

岩手県がプレハブ仮設住宅
約1万4千戸を造った。

その本体工事費が約735億円。

県内にはこの10月末でも、
約2万3千人が
仮設住宅で暮らしているそうだ。



仮設でなく、
ずっと暮らしていける住宅を
造ったらどうだろう。



それにしても、
あの復興資金は
一体、どこに消えたのか?

と、マミィは首をかしげる。





不穏な雰囲気で
アヤシゲな雰囲気で






●巡視船
沖縄・尖閣諸島などで、
警備にあたる海上保安庁の
大型巡視船。

全国に59隻あるそうだ。

小笠原諸島や伊豆諸島での
サンゴ密漁取り締まりにも出動し、

全国から応援をかり集めても
足りないのだとか。

海保は来年度までに
10隻を新造し、2隻を改修。

尖閣専従チームを作るそうだ。
1隻約57億円で、計 約600億円。





わんこたちも安穏としていられない
わんこたちも
 安穏としてられない







●貧困問題
生活保護費が
昨年8月から来年4月にかけて、
計670億円削られたそうだ。

争点のわからないセンキョには
パッと、同規模の金額を
使ってしまえるのにね…



そういう
お金の使い方が理解できない
…と、マミィは憤慨する。





ぼくもセンキョに行こうかなぁ
ペットたちが
 安心して暮らせるような
 平和な世の中を
 お願いしますよ・・・







介護の整備、保育の整備、
使うべき所は、
他にも
たくさんあるだろうに…。



そういう、
使うべき所をケチケチと削って、

意味のない所に
平気でポッと使ってしまう。



日本の政治家さんたち、
頭、大丈夫ですか?

本当に
国を立て直す気、ありますか?



…と、マミィは
腹立たしげ。






安倍総理
この人は・・・・・
  アベsorry という人なんだって





国民の義務だから、
毎回センキョには行っている。



そして、毎回、結果に
失望してるんだって。



ぼくには
よくわからないけど、
国民は、もっとよく考えて、

「投票する」  という義務を
しっかりと果たすべきなんだよ
…と、ぼくに言う。



「残念ながら、
 アルマくんには選挙権が
 ないけどね」

 …って。
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第697章-お元気ですか?



朝9時出発のお散歩だったのに、
今日は、寒かった。

ものすごく、寒かった。







退屈だから
退屈だから






ぼくの吐く息も、
マミィの吐く息も白くて、

水たまりは
どこも凍っていて、

草は
夜露が凍ってしまったのか
みんな、白くなっていた。






天気もいいことだし
天気もいいことだし






ここしばらく
暖かだったり、雨が降ったりで
雪は
いったん溶けたんだけどね。






飽き飽きしているけど
飽き飽きしている
  オモチャだけど







小学校では、
もう
インフルエンザが
流行り始めたんだって。



ウィルス性胃腸炎も
流行っていると、昨日、聞いた。






なしよりマシか
ないよりマシか








遠くダラスにいるゆりたんも、
2、3日、嘔吐や熱で、
調子が悪かったらしい。



ホストファミリーが順々に
具合い悪くなって、
ゆりたんにも回ってきたとか。






がさごそ
がさごそ









いっつも
いっつも
 一人遊びなんだよなー







札幌は、
これから本格的な冬。



風邪やインフルエンザが
心配な季節だ。






妹か弟、欲しいな~
ぱくんっ!
 弟か妹、ほしいなー








皆さんも、
時節柄、ご自愛ください。



アルマくんより・・・





お手紙
こんなお手紙言葉を
 いつか、
 使ってみたいと思っていた
 アルマくんでした・・・
 

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第696章-気持ちワルイ




昨日
ダディとお出かけしたマミィ、

ダディが
あんまりせかせかと歩くので、

「疲れるなぁ…」
と、
自分のペースで
歩いてみた。



しばらくして、
遠く後ろにいるマミィを振り返って
ダディが言った。



「何を
 のろのろ歩いているの?」



「あんまり  たかたか歩くから、
 それぞれが
 自分のペースで歩いたら、
 
 どのくらい
 距離が開くのかなぁ・・・と思うて」



「そんなこと、考えていたの?
 意地悪だね」
と、
ダディが言った。



『意地悪』 という感想が
どこから来たのか、と、
マミィは不思議に思ったけど、

面倒くさいので、
何も言わずにおいた。






マミィの靴下
マミィの靴下
 去年の誕生日だったか、
 クリスマスだったか…
 3姉妹がプレゼントしてくれた

 この年で、こーゆーのを履くのは、
 ちょっと勇気がいるゾ
 …って…







今朝のお散歩のとき、
最近は
そんなにグイグイ引かなくなっていたぼくが、

やたら たかたかと早足で、
ぐいぐいぐいぐい 引っぱるから、

「お前もか~」
と、マミィが呆れた。



「わが家のオノコ(男子)はだめね、
 一緒にいる人に
 ペースを合わせようとしない」



マミィの
『男子』 のくくりの中に
ぼくも、入ったらしい。





何だろう…
何だろう…






さて、
ポーランド中部の小さな町で、

「くまのプーさん」のイメージを
子どもの遊び場で使用することを
禁止したそうだ。



その町議会は、
プーさんは「セクシャリティがあいまい」

「下半身に何も着用していない
 半裸の状態で不適切」
であるとして、

子どもたちの目に
触れさせるべきではないと
判断したという。



プーさんは、
上半身には
赤いセーターを着用しているが、
下半身には何も着けていない。



ある町議会のメンバーは、

「下半身に何も着用していないのは、
 性別がないから。
 つまり両性具有である」

とコメントしているそうだ。





カシャカシャ音がする
シャカシャカ音がする






そういう発想こそ、不適切だよ
…と、
マミィは思ってしまった。



もともと
プーさんはぬいぐるみだもの、

服なんて着ていなくても、
アタリマエじゃない?



ぼくたちわんこだって、
ネコさんだって

人間のように、
全身を覆う服なんて、着ない。



大抵は、上半身だけだ。



動物だったら、
フツーじゃないかなぁ、
それって。





i-pod って
i-pod っていうんだって
 マユチャンの置き忘れ







そういう
ひねくれたオトナの発想こそ、
不健全だと思うなぁ。



ぼくも、
気持ちがワルイよ。





ぷーさん
プーさんも びっくりだろうね


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第695章-30周年

「あーっ、
 傘を持ってくればよかった!」

朝、土手っぷちを歩きながら、
マミィが叫んだ。



「カサ?」

と、ぼくは振り返って
マミィを見上げた。



雨は降っていない。



「あ、違った。
 カメラだった…」



全然違うじゃん
と、ぼくはまた
地面のニオイを嗅ぐ。



「ほらっ、
 アルマくん、みてごらん。
 カモさんだよ」



マミィが、川を指さす。



こんな季節だから、
もうとっくに
いなくなっていたと思っていたのに、

カモさんのカップルが
スイスイと泳いでいたんだ。



ぼくもマミィも、
しばらくの間、ほへっと
見とれていた。






引っ越しの日
今から30年前
 これから住むお家に
 マミィの荷物を運んだ日

 手伝いに来てくれたお友だち達と
 腹ごしらえ中







今日は、
ダディとマミィの、結婚記念日。



何と、30周年だってさ。



…で、
ぼくをお留守番させて、
ふたりで
ホテルのランチビュッフェに
出かけていった。



ダディは
温泉とか行きたかったみたいだけど、

ぼくを置いて出かけるわけにもいかないし、
マミィは忙しいし…。



ここに来たばかりの頃は、
ゆりたん、あーちゃん、
(マユチャンはまだ生まれていない)

おばーちゃん(ダディのおかあさん)まで連れて、
みんなで
フレンチ懐石なんか
食べに行ったりしたけど、



子どもたちが大きくなるに連れて、
だんだんビンボーになってしまって、
質素になった。



ま、マミィには、
あまり物欲がないので、
別にいいんだけど …って言ってる。

(食欲は、果てしなく、あるけどね)





仕上げのデザート
今日の仕上げのデザート
 ここには全部のってないけど…

 ●トマトのショートケーキ
 ●ゴボウのガトーショコラ
 ●ほうれん草のシュークリーム
 ●ショウガのブラマンジュ
 ●玄米入りロールケーキ
 ●ナスのコンポートワインゼリー
 ●杏仁豆腐

もう一つ、
キノコの何とかのプリンっていうのが、
あったそうな

もちろん、マミィは、全種類食べた
甘さ控えめで、
マミィ好みだったようだ






マミィ、
30年も、
ご苦労さまだったね…



誰も言わないから、
ぼくが言ってあげるよ。





マミィ、必死にお仕事中
マミィ、必死にお仕事中
 この頃は徹夜、徹夜の日々で
 1週間の合計睡眠時間が
 8時間のことも あったそうだ
 1日めは4時間、
 次の日は2時間…と減っていき、
 最後の日は、
 とうとう一睡もできなかったとか…

 (ということで、すっぴんです)





それにしてもマミィ、
30年も経つと、
人間って、ずいぶん変わるんだねぇ。

今、ぼくの目の前にいる
オバチャンが
この写真の人だなんて、

とても思えないよ。



わんこたちは
毛の色が変わる程度なのにねぇ…


「うるさいわぃっ!」
マミィの声が飛んできた。






うひゃひゃ
うひゃひゃ
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編-育てやすい子

-ごくうがやって来た! (16) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年4月4日(水)



ごくうはやんちゃだけど、
案外、育てやすいかも。




盲導犬に適しているかどうかは、
その基準を知らないから、

わからないけど。





育てやすい子
男の子だから
 やんちゃだけど






NO! と言えば、即やめるし、
マテ、オイデ、スワレ、フセ、ハウス…
すべて1~2回で覚えました。



人の様子を見ながら、
状況をよく観察して、

時にはまねをして
行動するようにみえます。



だから、
ごはんを待つ5分間、

ふやけるまで、私はだまって
じーっと
座っているようにしています。



そうすると、
座っている私を見て、
ごくうも座って待ちます。

(5分間じーっとしているのは、
 意外と長いのですが)





聞き分けがいいし
理解が速く、
 聞き分けがいい






今日は
大荒れだし、寒いし、
ホント、やな天気だわ。



「NEWS 1」 という番組、
初めて見ました。



こういう時間帯はいつも仕事で、
TVを見るようなことは
ないですからね。



4時15分から7時までの番組。



6時半頃にTVをつけたら、
ちょうど 「特集」 の、

パピーウォーカーの話題に
入るところでした。



取材されていたのは、
わが家と一緒に委託された、
小学生の女の子のいるお家でした。



このお家は、この子が
パピーウォーカーに申し込んだのです。



委託式の時、
きちんとした言葉遣いで、
ものすごくしっかりと意見を言っていたので、

「ずいぶん賢くて、
 きちんとした子なんだなぁ」

感心してました。



放送を見ていて、取材されたのが
「ウチじゃなくてヨカッタわ」
と、思いましたよ。



この汚い家を放送されたら、
ものすごーくマズイもの。



それと…、
これこそ切実なんだけど、

画面に映っている自分の姿を見て、
「痩せなくちゃマズイ!」
… と
強く強く、思ったのですよ~。





まわりを見て行動する
まわりの状況を
 しっかり観察している


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第694章-虹の彼方で・・・


朝のお散歩のとき、
細い道の向こうのほうから

オバチャンが一人
歩いて来た。



すれ違いざまに
ぼくが飛びつくのを警戒したマミィ、

ちょっと道をはずれようとしたら、
オバチャンが

「おいで、おいで」
と、
ぼくに声をかけた。



こういう時には、
腹をくくるしかない。



ぼくが
飛びつかないわけもなく。






思いがけず暖かな日
思いがけず
 暖かな日だった






こんな時、マミィは
必ず、言い訳をする。



「すみませんっ!
 もう、うれしくてうれしくて~」



もちろん、これは、
言い訳とはいえ、
ホントのことなんだけど。





降ったり晴れたり
でも、降ったり止んだり







「わかる、わかるっ!
 かわいい、かわいい!」

と、
飛びついたぼくの勢いを

オバチャンは
ものともせずに受け止めて、
喜ぶ。



「すみませ~ん」

謝るマミィに

「かわいい、かわいい」

また繰り返し、

「ごめんね~」
と言いながら、

ぼくたちの来た方向に
歩いて行った。






うとうと…
うとうと…






今日は少し暖かで、
お散歩中に、
マミィは汗をかいたくらい。



帰ってきたら
急に雨が降ってきて、
その後は、降ったり止んだり。



ダディが買い物に行く時、
外から
マミィに声をかけた。



「虹が出てるよ~。
 道工大の方向だから
 3階からよく見えるよ」





お久しぶりの虹
久しぶりに
 お目にかかった






そして、マミィは、
虹の橋のたもとで、

すずばあちゃん や ごくうさんに
早く会いたいなぁと、
ふと、思ったのだった。






電信柱が
電信柱が
 何とも言えない










虹の彼方に(オズの魔法使い)


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第693章-パイプ椅子

これまた、
皆さん、すでにお気づきと思うが、

アルマくん家のキッチンは
パイプ椅子だ。



すずばあちゃんは、
おとなしくて、おっとりして、
いい仔だったけど、

2歳になるまで囓りぐせが酷くて、
家具という家具を囓り倒し、

わが家の文明は崩壊した・・・
と、マミィが言う。





パイプ椅子






そして、2歳になると、
かじりはピタッと治まった。



でも、当然、
キッチンのテーブルも椅子も
ぼろぼろさ。



ぼくがこの家に来た頃、
だいぶ傷んでいた椅子を
カリカリし始めて、

お腹にいろいろ入ってしまったらいやだな…
と、心配したマミィ、

古い椅子を撤去して、
家にいくつかあったパイプ椅子を
置いた。



「どーだー、
 これなら囓れないだろう!」
と。





・・・・・・
・・・・・・・







ところが
しばらく経って気づいた。



確かに
ぼくはかじらないけど、

その、パイプ足のせいで、
床が
傷だらけになったことに。






ぼくのせいではありませんから
ぼくのせいでは
  ありませんから







マミィは頭を抱えた。



これは
大きな誤算だったようだ。






へっ
へっ
 やっぱり
 マミィはアホだった
 …という、オチですねん…






=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第692章-時差

マミィが
お友達にケーキを作った日、

ゆりたんはダラスで、
ホストファミリーの
2歳になる坊やに
ケーキを作ったようだ。



時差があるので、
日本時間では、翌日なんだけど…。






2歳のお誕生日
2歳のお誕生日






今まで
14時間の時差だったのに、

夏時間が終わったとかで、
15時間になったそうだ。



すごいね、
ある日、突然に、

「きょーから1時間、時間がズレます」
ってのも。



いつもどおりに6時に起きたつもりが、
7時なんてね…







手作りカード
手作りカード
 これは、さすがだね








この間まで、しきりに
「ケーキのレシピ送って
 レシピ~!!」
と、
騒いでいたゆりたん、




何とか無事に作れたようで、
よかったね。



ゆりたんのデコレーションのほうが
すっきりと、
上手なんじゃない?



マミィって、実は、
レシピなんてなくて、
テキトーに作ってるから、

こういう時、
困ってしまうんだ。



「レシピって言われてもな~」
って…



大雑把マミィの
弱点だね。





ホストキャット
豹ではありません
 ホストキャット
 
 もしかして…
 おデブちん?

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第691章-グレてやる!




朝のお散歩から戻り、
足を拭き、
リビングに入った途端に、

部屋中を
ぐるぐると駆け回り、
大暴れしたぼくを見て、

マミィが言った。



「もしかしたら、
 脳にも
 カビが生えているのか?」



ぼくが
耳や手足を痒がっていたのが

カビの一種らしい
…というのを、思い出して…






スワレっ
スワレっ!
  ダディに怒られた








すると、ダディが言った。



「いや、
脳ミソが小さいんじゃないのか?

 カラス程度の大きさとか…」






へへーっ
へへーっ
  ご主人さまぁ~















すんませんダス…
すんませんだす…







マミィは自分のアホを棚に上げ、
ダディも
言いたい放題言い、

なんて親だ。



グレてやる!







ぐっ…グレてやるっ!
ぐっ… グレてやるーっ!









=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第690章-アホなマミィ





マミィはアホだ。



このブログを訪問してくださる方は
もう、
とっくにお気づきだと思うけど、

マミィのアホは、
そーとーなものだ。



昨日のブログも、
漢字の選択ミスがあって、

アップの後、
だいぶ時間が経ってから気づいたマミィ、

ずーん!
と、暗くなっていた。



なんで、
その時に気づかなかったのかなぁ
…と。






ケーキを作った
お友達に
 ケーキを作った








このブログの主役はぼくで、
マミィは
ぼくの筆記者だ。



しっかりしてくれないと、
困るんだけどなぁ。






何とか写真に撮りたい
もう
  箱に入れちゃったけど…
 






昨日、マミィは
お友達の
お誕生日のケーキを作った。



箱に入れてから、
「あ、写真を撮ればよかった」
と思い、

でも、
もう一度出すのもな
…と

何とか
箱の外から写真を撮ろうと
試みる。






無理でしょ
無理でしょ






…が、
何枚か挑戦して、
ダメというのがわかった。



そして、結局、
もう一度出すハメに…





やっぱりアホ
…で、
 箱から出した






やっぱりアホでしょ。





日々、マミィのあほにつきあわされとります…
そんなマミィに
 毎日つき合わされてる
 ぼくって…





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第689章-花は咲く

あどけない話  (高村光太郎)


智恵子は東京に空が無いという
ほんとの空が見たいという

私は驚いて空を見る

桜若葉の間に在るのは
切っても切れない
むかしなじみのきれいな空だ

どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ

智恵子は遠くを見ながら言う

阿多多羅山の山の上に
毎日出ている青い空が
智恵子のほんとの空だという

あどけない空の話である。






この詩が書かれたのは、
昭和2年か、3年か…
そのあたりらしい。



その頃は
東京の空だって

今よりは
ずっときれいだったろうに…

と、マミィも
空を見上げてみる。







毎日寒いデス
毎日、寒いデス







この間、ネットで
福島の原発事故の後、

置き去りにされた動物(家畜)たちの
写真の数々を見た。



あまりにも悲惨で、
ここに載せることはできない。



地震があって、
大きな津波があって、
原発の事故があって…

それは
大きな大きな衝撃だったはずなのに、

当事者でない人々は、
あっという間にそれを忘れ去り、、
瞬く間に日常に戻った。






たくましい
寒さには
  へこたれません







でも、あの後、
津波のあった彼の地は、
元通りになったのだろうか…



住んでいた家から追われた人々は、
家に戻れたのだろうか…



家畜やわんこやネコさんたちは、
飼い主との穏やかな時間を
取り戻せたのだろうか…



もう一度、マミィは
空を見上げる。



彼の地と札幌は
一つの空で繋がっている。







好奇心を
ぼくの好奇心は
  寒くたって、満開







きっと、あれからも、
あの日以前の日常と変わらずに

雨が降り、太陽が輝き、
風も吹いただろう。



でも、
取り戻せないものが、
依然として、ある。



私たちは
簡単に忘れては、いけない。


消えない悲しみや苦しみが
今も、そこにはある。



本当は、私たちも、
心にとどめておかなければ
ならないはず。



必要な時には、
声に出さなければいけないことも、
きっと、ある。






帰ってきたら…
帰ってきたら…
 ぬくぬくと
 ここが最近の
 ぼくの、お気に入りの場所







人間は、日本人は
あまりにも簡単に
忘れてしまうよね…

と、マミィは、
悲しそうに、ぼくに言う。







花は咲く


NHKの「花は咲くプロジェクト」オリジナルバージョン と
羽生くんのスケーティングバージョン、
とても素敵なのですが、

ブログには貼り付けができないので、
是非、 youtube でご覧になってみてくださいね。


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- ごくうちゃん



-ごくうがやって来た! (15)-


<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>






2012年3月29日(木)


「PR犬にいいね」って話の時に
「名前は?」 …と、
もとパピーウォーカーのお母さんに聞かれたので、

ごくう」 と答えたら
「名前がいいわよね!」



この名前は
盲導犬協会内で
ちょっと話題になったようで、

訓練士さんが
「ああ、あの、ごくうね…」
って感じでした。





2012年3月30日(金)

春一番なのか、
ものすごい音を立てて、
風が吹いとります。



銀行・郵便局に
歩いて行ってきたんですが、
まぁ、強風ですわ。



おまけに途中で
雨もぱらついてきて…、

これじゃあ、
ごくうを
庭に出すこともできない。



昨日予防接種をしたので、
お風呂は1週間ダメ。



10日くらいしたら
散歩もOKのようですよ。



早く、広い外の世界を
見せてやりたいですねぇ。






どんどん大きくなってる
どんどん大きくなる







2012年4月3日(火)



低気圧の日に元気がなくなるのは、
私たちだけじゃなさそうですぜ。



どんよりしている日、
暗い日、
ごくうは、午前中、ずーっと寝てる。



どこか具合でも悪いのかな
…と思うくらい。



晴れてる日には
活発に一人遊びしている。



おおっ!
天気の悪い日には、犬もだるいのかぁ~?
と、気がついた次第。



ごくうはどんどん大きくなっていて、
朝、ケージの中にいるのを見て、

「ずいぶん大きくなったなぁ」
と思う。



用事を済ませて
外から帰って来たとき、
ケージの中で座っているごくうを見て

「おお、大きくなったな」
と思う。



1~2時間見ないと
大きくなっているように思う。



「そんなわけないじゃん」
と夫が言いますが、

ウチに来たときの2倍くらいには
なってるはずです。



いやぁぁぁ~、
見るたびに
大きくなっていくようです。



毎日毎日見てるのに。






まだぶかぶか
着せてみました
 まだ
 ぶかぶかなんだけど…

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第688章-別世界



一昨日の午後から
止むことなく、
ずっと降り続いた雪は、

今日のお昼近くに、
ようやく、止んだ。






降り続く
ずーっと
  降り続いた







何もかもがすっかり
真っ白に覆われてしまって、

アルマくんは
別世界に
ワープしてしまったようだ。







11月の
11月の
 景色じゃないよね








お散歩中、
雪の冷たさにぴょんぴょん飛び跳ねて、

コーフン気味のぼくを制するのに、
マミィは
少し苦労していた。



ぼくが
雪の中にズボッと鼻を突っ込むと、

「あ、こらっ!」
と、慌てて
ぼくのリードを引っぱる。


雪に埋もれて、
その中に何があるかわからないので、

お散歩の間中、
一瞬足りとも気を抜けない。



疲れるなぁ~と、
マミィは、戦々恐々としている。







真冬でしょ
もはや…
 真冬ですね







そうそう…、昨日の
『命の花プロジェクト』 のお話は
TVでやっていたことがあると、

ブログ仲間のぷうこさんが、
コメントで教えてくれた。




骨が混ざっている土は気持ちが悪い…と
受け取るのを拒否する人も
いたのだということも。



そうか…、
そういう人も、確かにいるだろうなぁ…

と、マミィは
改めて、気づく。





ぼくも
ぼくも
 雪まみれ








心をこめて育てたお花を
「気持ち悪い」 と拒まれて、
さぞかし傷ついただろうけど、

人の感じ方は様々だから
しかたないよね。



それでも、
共感してくれた人たちの数のほうが
きっと、
多いに違いないから、

彼女たちの活動は、
人々の思いを

「ペットを大切に」
という方向に向けるのに、

確実に
役立っていると思うな。






氷河
氷河?
 凍りついた水たまりだよ

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第687章-命の花




今日の朝刊のコラムは、
わんこ関連の記事だった。



8月に
広島市で土石流が起きた時、

その現場へ
救助犬として初出動した
雑種の夢之丞(ゆめのすけ)は、
殺処分寸前の捨て犬だった。



4年前の11月、
彼は
動物愛護センターにいた。



処分される順番の日が来た。



ところが、
数が多くて、翌日にまわされ、

救助犬候補を探しに訪れた
NPOスタッフの目に留まった。



紙一重で生き延びて、
訓練を受けた夢之丞は、

泥まみれになりながら、
捜索にあたったそうだ。



殺処分に消える犬と猫の数は、
減ってはいるが、

それでもまだ、
年に
約16万匹にのぼるとか。



ペットロスで
心を打ち砕かれたまま、
悲しみにうちひしがれ、

なかなか立ち直れずに
もがいている人もいるのに、

身勝手に捨てる人の数も
多い。






命の花1







青森県の三本木農業高校の
愛玩動物研究室では、

殺処分された犬と猫の
焼却後の骨を砕き、
土に混ぜ、
鉢植えの花を育てて、

イベントなどで
配っているそうだ。



それが共感の輪を広げ、
日本動物愛護協会の
今年の
日本動物大賞グランプリを
受けたという。



犬や猫たちの
もっと生きたかったという願いを、
花の生命に託すことで
遂げさせてやりたい思いから、

生徒たちは
『命の花』 と、呼んでいる。






命の花2






生きた証しの骨は、
機械ではなく、
自らの手にれんがを握って
砕くのだという。



きっと、
砕きながら、

物言わぬ命たちの
哀しみの声を
感じ取っているんだね…








=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第686章-とうとう来ました!



どーっと、雨が降ってきたのは、
朝のお散歩の途中、

いつものコースの
半分くらいを行ったところだった。






濡れましたぜぃ
濡れましたぜぃ






大粒の雨で
帽子を被っていたマミィの頭から、
水がしたたり落ちてきた。



上着もびっしょり。






キライなんだよ~
キライなんだよぉ
 拭き拭きは いやだってば







「うん?
 雪もまじっているかな?」

と、マミィは
目を懲らして天を見た。







来ました
来ましたね~






お昼過ぎ、
とうとう降ってきたよ。



これまた、
大粒の雪が。



ぼたん雪って いうんだって。





すごい
すごい勢い





お庭は
数分で真っ白。



降り始めたら、
あっという間だね。




あっという間に


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第685章-荒れ模様




寒くなってきたので、
このごろマミィは、

小、中学生の登校時間が過ぎて、
少し
人通りが少なくなった時間を見計らって
お散歩に出る。




大体
9時くらいのことが多い。



そんな時間でも、
昨日は、
吐く息が白かった。



日当たりは良かったのに。






窓を開けていられるような
窓を
 開けていられるような季節じゃ
 なくなった








今日は
午後から風が強くなってきて、

さっき、
ゴーゴーと音が鳴っていた。



雷もピカピカ光っていた。



時々ぼくは、
誰か来たのかと思って

「う~」 と唸る。


すると

「風の音でしょーが!」
と、
マミィのお叱りを受ける。



だって
ガタガタいうんだもの。






それはちょっと
いつも
 窓が閉まっているのは
 ちょっと残念








そろそろ雪が降るよ…って、
マミィが言う。



ぼくは
雪、楽しみなんだけど、

マミィは
あまり好きじゃないらしい。



「ツルンツルン道路、いやだなー」
と、
ちょっと うらぶれている。





でも、雪は
雪、楽しみだなぁ~


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第684章-困った顔



すずばあちゃんは、
よく、
困ったような顔をした。



たとえば、
家族でお出かけしたときに、

小さな子が寄ってきて、
すずばあちゃんを触りまくっている時。



「何をされるんだろう…」
と、

ちょっと緊張気味に
困ったような表情で、

じーっと身動きせずにいた。





ゆりたん
ゆりたん






たとえば、
3姉妹の誰かが、
ダディやマミィに叱られている時。



そそそっと、
部屋の隅っこに逃げて行き、
大きな体を小さく小さくして、

まるで
自分が叱られているかのように
困った顔をしていた。






あーちゃん
あーちゃん







ごくうさんや、ぼくは、
ちっとも
そんな顔をしないなぁ…と、

マミィは不思議に思う。






マユチャン
マユチャン





そして…

「黒いから
 わかりにくいだけ?」
と、
ぼくに訊いてきた。







すずばあちゃん
すずばあちゃん

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第683章-ヒロシマ




「広島のホテルが
 高級すぎてやべえ。

 26階なう」

というメールが
マユチャンから届いたのは、
木曜日の夜。



確かに、
広々した部屋や洗面所で、
高級そうな雰囲気を
醸し出している。



マミィの時代の、
大昔の修学旅行とは、
だいぶ違う。






スマホで送ってきた写真
スマホで送ってきた写真






帰ってきてから、
マユチャンは、

被爆体験者(90歳)の男性の話を
聞かせてくれた。



原爆記念館(?)では、
展示してある写真を見て、
みんな号泣。



この方のお話にも
号泣だったそうだ。






確かにひろびろ
確かに広々…





「よかった…
 人の心を持っていて」
と、マミィは

マユチャンの高校の生徒さんたちに
安堵した。



確か、去年
被爆者の経験談を聞いていた高校生が

「死にぞこない!」
と、騒いだという記事を
新聞で読んでいたから。






ホテルからの夜景
ホテルからの夜景






草木も生えない…と言われたヒロシマ、
今はりっぱな都市になっている。



今の日本の平和は、
ヒロシマだけでなく、
日本中の
たくさんの命の犠牲の果てに
得たものだ。



コワイのは、
その悲惨さを経験している人が
みんな、いなくなってしまう時だ。



マユチャンが
「おかーさんたちの住んでいた所は
 空襲とか、大丈夫だったの?」

と、興味深そうに尋ねた。



「へ?」
と、マミィが

「私は戦争体験者じゃないよ」
と答えると、

「え? 
 でも、昭和生まれだよねぇ?」
 
 「おばーちゃん(マミィのおかあさん)だって
  戦争が終わったときには
  小学生です!」
と言うと、

「えっ? そーなの~?」



高校生だよなぁ、コイツ…
と、辟易しながら、
マミィは、マユチャンに

「日本の歴史を
 ちゃんと勉強してください!」

…と、これはもう、
ため息に近い。



「自国のことを知らずして、 
 国際社会で生きてはいけないよ」。






ボクも、そう思います
ボクも
 そう思います…

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第682章-天罰!



朝、お散歩中に
すれ違いざまの知らないオジチャンが

「介助犬ですか?」
と、訊いてきた。



最初、
言われたことがわからなくて、
一瞬考えたマミィ、

少し間を置いて、

「ああ…」
と理解し、

「いいえ、
 フツーの犬なんです」
と答えた。



いや、
「犬種は
 盲導犬なんですけどね」

とでも言ったほうが
わかりやすかったのかな
と、
後で思いつつ。



「人が好きなので、
 うれしくなっちゃって、
 すぐ飛びつくんですよ」
と言うと、

「そうなんですか…」
と言いながら、

にこにこして
向こうに歩いて行った。






とろろろーん
ほへー





「本当にね…」
と、
マミィが独り言を言う。



「すずやごくうは
 盲導犬向きの仔たちだったけど、
 きみは、ぜんぜん違うよね、

 絶対に、
 盲導犬にはなれないよね」。



そして、自分で言っておいて、
また、考える。



「まあ…、
 これはシロウト判断だからぁ…
 
 訓練士さんたちが判断したら、
 違うということも
 あるかもしれないけどね」。






ほわわぁぁぁ~
ほわわぁぁぁぁ







さて、栃木県の
宇都宮市と那珂川町という所で、

大量の小型犬が
捨てられているという事件があった。



両方を合わせると71匹。
那珂川町では5匹が生存していて、
保護されたそうだ。



悪質なブリーダーの仕業ではないかと
憶測されている。



確かに、一般家庭では
いくら小型犬といっても、
こんなに飼えるわけがない。



劣悪な環境の中で、
繁殖にだけ利用され、

もう使えなくなったから、
捨てられたのだろうか…?



今までは、
保健所に捨てられていたものが

簡単に持ち込めなくなって、
遺棄…?



捨てることに変わりはない。
ヒドイ話だ。






ほへー
とろろろーん
 あったかいなぁ…
 ねむ…







そんなワルモノには、
天罰が下ればいいのに!



他人の不幸を願うのはいけないけれど、
やっぱり、思う。

天罰が下れ!!






すーすーすー
すーすーすー






リビングの日当たりのいい場所で
スースー寝息をたてながら、

時々、尻尾をパタパタと
音を立てながら振るぼくを見て、

「ふふふ…
 どんな夢を見ているんだか…」

と、笑いながらも、

残酷に使い捨てられた
小さなわんこたちの
悲しい命に
心がしめつけられるマミィだ。






すぴすぴ
すぴすぴすぴ






やっぱり
天罰が下って欲しい。



逮捕されて、
しっかりとその罪を償うべきだ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 猫をかぶる

-ごくうがやって来た! (14) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月29日(木)
 


ごくうが気持ち良さそうに、
寝ている姿を見て、

「すずを
 もっといろんな所に
 連れていってやればよかったね」

「もっと
 かまってやればよかったね」

「散歩も
 もっとしっかりして
 太らせないようにすればよかった」

…というような事を言っていたら、

「済んだことを言ってもしょうがない」
…と、
夫に、ぴしゃりと、
切って捨てられました。



そして、部屋を出て行った…

私は
ぐちぐちと
愚痴をこぼしているわけでは
ないのですよ。



今の悔やみ、後悔を
次の後悔にしないように

これからの
訓戒としているのですよ。



夫を責めたわけでも
ないしなぁ…



すずのことを しっかり悲しむのは、
すずへの弔い。



私からすずへの詫びとして、
ごくうをしっかり育ててやりたいと
思うのですが…



だから、
思い残していること、
悔やんでいることは、

ごくうを育てるうえでの
指針になる。



なかなか
気持ちが通じ合いません。



自分にとって都合の悪いことを
すべて忘れ去ることで、
新しい道が開けるか?



自己弁護、
正当化でいいのか?

…と、
私は思うのですが…



自分にとって耳の痛いこと、
心の痛むことを、避けて通っても、
何も変わらないでしょ。







いい子です






さてさて…
盲導犬協会に行って来ました。



車で遠出の緊張、
初めての場所での緊張もあって、

(本当は初めてじゃないけど、
 委託式の日以来なので)

足元でおとなしくしていたごくう、
みんなに

「おとなしいね」

「こんなに小さいのに、
 おとなしくしていられるの?
スゴイね」

…と
口々に言われてました。



愛想だけはよろしく、
みんなになでてもらって、
相手してもらって

「カミカミしない!」 (甘噛みのこと)
と、驚かれました。



「もうこんな時期から
  PR犬になれそうね」
とか、

「こんなに小さい仔がPR犬になったら、
いっぱい寄付が集まるわね」
などと、

褒めそやされてました。



いーや、
本当はやんちゃなんですよ~
猫かぶってるですぅぅ

…と、
心の中で言いました。



笑っちゃったのは、
向こうの方で男の人が

盲導犬に
「スワレ」 と言ったのを、

自分が言われたと勘違いしたごくうが
チョンと背筋を正して
ピキンと、お座りした時ですわ。






猫かぶり
緊張気味のごくう






パピーの講習会は、
実は、3月31日(土)なんです。



でも、
夫がその日は休みではなくて…。



1ヵ月早く予定がわかると、
シフトを組む前に
休み希望を出せたんですが…

シフトが決まってから
連絡があったので…。



…で、急遽、我が家だけ
今日に、変えてもらったんです。



予防注射して、
爪を切ってもらいました。



受付で
「食堂でお待ちください」
と言われたので、

待っていると、その間に、
いくつかの光景を見ました。



まずは、
パピーウォーカーさんしていた家族
(お母さん、お父さん、
 小学3~4年生くらいの男の子)が、

訓練犬になった犬を
(パピーには見つからないように)
こっそり、様子を見にきてました。



男の子は、
パピーが訓練犬になって淋しいのか、

「かわいい、かわいい」と、
ごくうを
しきりになでまわしていました。



それから、現役盲導犬。

もと利用者さんが
(犬にとってはご主人なのかな?)

高齢で施設に入ったので、
その、元ご主人に会いにきた…そうで、
食堂で待っていました。



黒眼鏡をかけたおじいさんが
連れて来られると、

尻尾がちぎれんばかりに振って、
ハフハフ、バタバタと
とてもうれしそうにしていました。



ああ…、
大切にかわいがられていたんだなぁ…と、
妙に感動してしまいました。



この間、
『虐待』 の記事を
目にしたばかりだったから。






ちょっぴり緊張気味


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第681章-インドネシア




今日、マユチャンが
修学旅行から戻ってくる。



夕べ、7時少し前に
「広島のホテルが 高級すぎてやべえ。
 26階なう」

というメールが、
マユチャンから届いた。



う~ん、もうちょっと
気の利いた言い方はないものか…

と、
目がしょぼしょぼしてしまう
マミィだった。






インドネシア1
インドネシア






同じ頃、
マミィの高1のクラスで、
マユチャンと同じ学校の子が

「明日、インドネシアから
 高校生が50人来る」
と、言った。



2年生は修学旅行中なので、
1年生が2つに分かれて、
交流授業をするらしい。



1クラスは書道で、
もう1クラスは、イモ餅作りだとか。





インドネシア2






「私はイモ餅作りのほうだから、
 朝2時間の授業の後は、
 勉強しなくていいから、ラク」

と、話していた。



ふと、
インドネシアって
何語だったっけ?

と、思い、
彼女に聞いてみた。



「えーと、何だったっけ?
 忘れちゃったー

 でも、英語が話せるし、
 それも、
 ネイティブみたいに速くなくて、
 ゆっくりだから、

 わかりやすいと思うって、
 先生が言ってた。

 それに、
 日本語を勉強している子たちなので、
 日本語も少しはわかるらしいし…」






インドネシア3






気になったマミィ、
後で、調べてみた。



インドネシアの公用語は
インドネシア語。



ジャワ語、バリ語を含む
オーストロネシア語族の他に、
パプア諸語が
使用される地域もある。



「そうか…、そーいや、
 インドネシア語って、あったね。

 もとオランダの植民地でも、
 オランダ語なわけじゃないんだぁ…」



「元フランス植民地だったら
 フランス語とか、

 スペイン領だったら
 スペイン語だったりするけど、
 違うんだ…」






インドネシア4






彼らは、3日間
マユチャンたちの学校で
授業に参加していくようだ。



1学期には、
カナダの交換留学生たちが
滞在していた。



留学生たちは、大抵、
在校生のお家にステイする。




わが家も、
もうちょっと部屋数があれば、
受け入れられるのになぁ…と、
いつも、マミィは、残念だ。



1年など、長期にわたる留学生も
ポルトガルだったり、
タイだったり、
様々な国から来ている。



「世界の
 いろいろな国の高校生たちと
 交流できて、
 少しは、
 いい経験ができているかな…

 あとは、
 部活一辺倒の生活をしてないで、
 もうちょっと
 勉強してくれるといいなぁ」

…と、
思うことしきりの、マミィです。







インドネシア5






ところで、
今日の天気予報は、

とうとう
『雪だるまマーク』 のご登場。



インドネシアの高校生たちは、
きっと寒いだろうなぁ…



風邪をひかないといいね。






どよ~ん
どよ~ん
 smatran tiger …なわけはなくて、
 アルマくんでゴザイマス









ワクチン
今日、ワクチンしてきた
 夜のお散歩は
 「なし」 なんだろうな…

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第680章-天使な人々

「やっぱり
 アルマくんは、アホだね」
と、
マミイが吹き出した。



土手の向こうにいる人たちに
気を取られて、

後ろを向きながら歩いていたぼくが
木に衝突するのを見て。



「こんなアホなわんこ、
 今まで見たことない…」
と言いつつ、

なんで、
あんな遠くのことが気になるの?

…と、不思議そうな顔をする。






落ち葉の道
落ち葉の道






さて、この間紹介した
『ブレイキング・ナイト』
という本の中で、    ( → 675章)  

マミィが感動した逸話が、
ひとつ、ある。



苦闘の人生を歩んできた少女が
それを乗り越えて、
明るい道を見つけ出したことは、

もちろん、
素晴らしいんだけど…。






好きなんだ~
好きなんだ~







この自伝を書いた女の子は、
リズという。



リズは
ニューヨークタイムズという新聞社の
奨学金を獲得した6人に
選ばれたのだけれど、

それが新聞に載ると、
彼女のことが
全米に知られることとなった。



すると、見ず知らずの人々が
彼女を訪ねてきて、

彼女を抱きしめ、励ましの言葉をかけ、
衣類や食べ物、
支援物資のパッケージなどを
手渡してくれるようになった。



アメリカ全土から
家族写真と家への招待状が
送られてきたり、

会ったこともない人たちが、
彼女たちの家賃を払い、

電気が消えないようにし、
冷蔵庫を食べ物で満たしてくれた。



そうして、
リズはもう二度と、

路上で眠ることは
なくなったのだった。






歩くときのこのカサコソ感
踏みしめるときの
 この、カサコソ感…







ある日、
四十代後半の女性が、

リズの学校の終業時間に
学校の前に現れた。



その女性は、
自己紹介をして、言った。


「私はテレサです。
 テリーと呼んでください。
 最初にあなたに謝りたいの」


リズは驚いた。



目の前にいるのは、
まったく知らない人だったから。






たまらなくいい気分
たまらなく
  いい感じ







すると、
女性は、続けて言った。



「私、あなたの記事を、
 何週間も
 冷蔵庫に貼っていました。

 でも、
 あなたを助けるお金もないし、
 自分には
 何もできないと思っていたの。

 そして、夕べ、
 娘の衣類を洗濯していて、
 ハッと気づいたの、
 
 私ってなんてバカなんだろう、
 洗濯をしてあげればいいじゃない、
 って。

 勉強が忙しいときは、
 本当なら 親か誰かが
 そういう面倒を
 見てあげるべきなんだもの」。



そうして、
彼女は、リズに尋ねる。

「あの、どうかしら?
 洗濯物は、ある?」






サクラの葉っぱは紅くても
サクラの葉っぱは
 紅くなっても、
 やっぱり
 サクラの香りなんだよ






それから、毎週1度、
彼女は学校にやって来て、

言葉の通り、
汚れた衣類を受け取り、

きれいにたたんだ洗濯物を
置いていってくれた。



ほとんど毎週、
クッキーの袋を、おまけにつけて。



お金がなくても、
なんとか支えたい、助けたいと考え、
行動に移し、

それを
卒業まで続けた人に、

マミィは驚き、感動した。



そう…、私たちは
方法さえ見つけられれば、

自分自身も裕福でなかったとしても、

いつでも、
誰かの支えになれるのだ
…と。






オオカミさんは…
影というオオカミさんは
 相変わらず
 ぼくのそばから、離れない

 よっぽど、
 ぼくのことが好きなのかな






この地上に生きている間に、
たった一人の誰かのために
何かができたら、

きっと、
幸せな気持ちに
なれるんだろうなぁ …と。
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第679章-心が壊れるとき



マミィがスーパーで、
支払いを済ませ、
カゴから袋に詰め替えている時、

後ろで
「ママはちょっと用事があるから、
 ここでイイ子にしててね」
と、女性の声がした。



子どもを
台の上に置く気配がしたので、

「え? 
 こんな所に座らせていくの?」

と、
振り返ると、
台に座らせられていたのは、

子どもではなく、
犬のぬいぐるみだった。



その後も、その人は
しきりに
そのぬいぐるみに話しかけている。



え・え・えぇぇぇ~?!



と、驚いていると、
旦那さま らしき人が
買い物の荷物を抱えて
やってきた。



聞こえてきた二人の会話は、
ごくごく フツーのものだった。



それからも、マミィは時々、
その、おばあさんママを
スーパーの中で、何回か見かけた。



抱いているぬいぐるみは
そのたびに
別のものだったように思う。



もしかしたら、
若い頃に子どもを失くしたのかな、
何か
ショッキングなことがあったのかな…

と、いろいろと憶測したものだった。






みんないろいろな人生を
みんな、いろいろなものを背負って
 それぞれの人生を生きているんだね
 と、マミィが言う








しばらくして、
そのおばあさんのことは、

結構、いろんな人が
気づいているのだということも
知った。



でも、理由は、
やっぱり
わからなかった。



そして、
最近は、
まったく見かけなくなった。



あのおばあさんは、
元気にしているだろうか?



何だか、
悲しい過去を背負っていそうで、

ちょっぴり
心の痛むマミィだ。







ぼくはテーブルの上に
それよりも
 ぼくは、テーブルの上にあるものが
 気になるなぁ…







=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第678章- 修学旅行



下のおばあちゃんから
どっさり、りんごをもらった翌日、
知り合いからも、りんごをもらった。



さらにその次の日、
あーちゃんが

「長野の友達がりんご送ってきたので」
…と、

またまた、
どっさりと持って来た。



ということで、
今日のお客様には、
りんごケーキ。



ぼくも、ほんのちょっとだけ、
本当に
おこぼれ程度に、、もらった。






りんごケーキ
りんごケーキ
 どっさりのリンゴと
 干しプルーンとくるみが入っている
 マミィ流、大雑把ケーキ







昨日の祭日は、
大荒れの天気で、
嵐のような風だった。



その悪天候の中、マユチャンは
千歳空港から
高校の修学旅行に旅立っていった。



国際文化科なのに、
京都、奈良方面。





マミィが何か作ってるから
マミィが
 何か作ってるから







3年前までは、
中国だったらしいんだけど、

マユチャンが入学する前の前の年、
尖閣諸島問題で、
中国や韓国との関係が悪化したから、

保護者が猛反対して、
その年と、去年と今年は、
国内旅行になった。



来年からは、
ハワイなんだって。






めずらしく
めずらしく
 おとなしく待ってマス

 マテって
 言われたわけじゃないけど







中国がだめだったら、
アジアの他の国でも
よかったんじゃないの?

と、マミィは思うんだけど。



まぁ、国内のことを知るのは、
国際社会で生きていくためには、
ものすごく、大切なことだけどね。



日本の若い子たちは、
自分の国のことを、知らなすぎるもの、






しかし…
しかし…
 おとなしく
 座っているっていうのは、
 殊の外、
 疲れることでして…





でも、それだったら、
例えば、沖縄に行って、

これまでに沖縄が
どんなに
不当な扱いを受けてきたのかを学ぶとか、

東北に行って、
あの震災後、どれほど
国が復興に関心を持ってこなかったか、

…を、
よく学んでくればいいのに…
と、
マミィは考えたりする。





オモチャで
オモチャで
 遊ぼうかな…







修学旅行を
生徒一人一人のこれからの人生に、
意義あるものにできるかどうかなんて、

どこに行くか…よりも、
学校の姿勢、
取り組み方によるかもね、

と、マミィは、
少し、
あきらめたような口調で言った。






いやいや…
いやいやいや…
 ここは辛抱ぞ

 良い子アピールをせねば…


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第677章- 冬眠の準備

金曜日にネットを開いたとき、
あるニュースが目に入ったマミィ、

「広島で40代のバリトン退団」
と書いてあるので、

「どこの楽団の話?
 そんなに有名なバリトン歌手なの?」
と、思い、

もう一度、よくよく読むと、
「広島で40勝 バリントンが退団」
だった。



全然違うじゃん。



マミィのアホは
なかなか治まりません。





マミィの言うとることは
マミィの言うとることは
 ようわかりませんが…







さて
最近、マミィは
妙にお腹が空く。



やたらに、お腹が空く。



いくら食べても、お腹が空く。



それを聞いたマユチャンが
「おデブへの道、まっしぐらじゃん」
と言った。






ぼくも
ぼくも
 ストーブの前で
 ぬくぬくと







いや、多分、
体が、冬眠の準備を
しているんだと思うんだよね
…って、

マミィは熊かっ?!






うとうと…と
うとうと…と
 冬眠気分







「ううん… タヌキ」。



マミィみたいなのを、
『タヌキ顔』 って言うんだって。




o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*




面白い! 叱られるわんこたち

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 恐ろしい音

-ごくうがやって来た! (13) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月23日(金)
 


朝、10時までは
ごくうの相手をしていたけど、
その後は、
バタバタと用事をしています。



忙しくて…



さっき
フンフン言っていたから、
かまって欲しいのでしょう。



慌ただしく通り過ぎると、
期待して
上目遣いに見るけど、

半分くらいは
あきらめているようです。



かわいそうだけど、
どうしても、
午後は、
そんな感じになってしまいます。





しんけんっ!
しんけんっ!







2012年3月26日(月)
 


さっきも、雪が降ってました。


お昼前に
少し日が出てきたので、

ごくうを庭に連れ出したけど、
途中から、
雪がちらついてきました。



ごくうは平気でも、
私が寒かったです。



またしても、
ぴょんぴょん飛び跳ねてました。



ホント、やんちゃで、
御するに苦労します。






掃除機とすず
すずと掃除機





ああ、そうそう…
昨日、発見したんだけど、
ごくうは
上手にボール遊びができます。



目の前にボールがあると
鼻先でツンと押すので、

こちらに来たボールを転がし返してやると、
また、鼻でツンと押します。



まぁ…、
4~5回繰り返すと
飽きるみたいなんですけど。



昨日、夫に話したら
「そんなことないだろ、偶然だろ」
と言うので、

今日、また試してみました。



目の前にボールを転がしてやると、
鼻先でツン…

こちらに来たのをまた転がすと、
またツン…



今日も、
4~5回で
飽きちゃったみたいですが。






掃除機から逃げるすず
掃除機から避難中のすず






2012年3月27日(火)
 


寒いんだけど、天気は良いの。



風邪、なかなか治らなくて、
鼻がつまります。



今日の夜に、
中1の子たちの
今年度最後のレッスンがあります。



それで、
ケーキを作ってるんだけど、

攪拌機の音で、
ダーッと
ごくうが逃げ出しました。



カーテンの向こうにいる。



掃除機の後は
くっついて歩くのにね。



すずは
攪拌機の音は平気だった。





こわい~
早く終わって~
 という感じで 耐えるすず






「コワイ」

思う音が違うんですねぇ…
へぇぇぇ… 大発見!








=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 心の穴

-ごくうがやって来た! (12) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月17日(日)
 


具合が悪いから、
ごくうと一緒に、リビングで寝てました。



ストーブの前で寝てたんだけど、
かえって体に悪そう…



夫が 「疲れた…」 と、
リビングに来て横になったら、

ごくうは
ケージに避難していきました。

(夫のことがコワイの)



私は起きてから、
台所片付けて、洗濯。



具合が悪いときくらい、
100%休みたいなぁぁ~



ごくうは時々、
すずに表情が似ている。



歩き方は、
大きい小さいの違いはあっても、
やっぱりラブだから、同じです。







大好きなガリガリ
大好きながりがり





2012年3月21日(水)
 


昼間、
1時からのレッスンが
3時近くまでかかり、

あわてて
ごくうにご飯を食べさせ、

その後、少し(せいぜい5分くらい)、
庭に連れて行きました。



寒かったけど、
ぴょんぴょん飛び跳ねてました。



…で、
雪があるのに跳ねすぎて、
つるんと滑り、

コンクリートにアゴをゴンとぶつけ、
とまどった顔をしていました。



その後、
外階段の下で
ブラッシングをしている時、
新聞配達が来て、

(いつも思うんだけど、
 3時なんて
  夕刊って時間じゃないよね)

ごくうは怖がって、
私の肩によじのぼってって来ようと、
じたばたしてました。



部屋に戻ってきたら、
やたらテンションが高くて、

またピョンピョン飛び跳ね、
部屋中を駆け回り…、

そのおかげで、
すぐにケージに入れて、
教室に行ったんだけど、

レッスンが始まる直前に
そーっと見に行ったら、
よく寝ていました。



このパターンでいくと、
レッスン中、ぐっすり寝ていてくれて、
安心かも。



こんなふうに
ごくうに振り回されている毎日ですが、

忙しくしていても、
ぽっかりの心の穴が
埋まるわけではないんですね。



すずがいない穴は、
そのまま、
空洞のままなんですね。






まだ雪の残る庭
まだ雪の残る 庭

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

68位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示