10
   

-第676章- 予知機能

何だか、
マミィの体が
地震を察知している。



どこかで
直下型の大きな地震が
起こりそう。






ようやく
ようやく
 傷口が乾いて、 
 フツーの絆創膏で
 大丈夫になった

 ここまでに15日もかかった









マミィは
直下型の地震なんて
経験したことないのに、

ガツンっと突き上げてくるそれを
体が感じている。




何だろう?

まるで、
記憶が蘇ってくるような
この感じは…

と、不思議がっている。







これ、おススメです
このタイプ、おススメです
 いろんな製薬会社から出ていると思うけど、
 最初からこのタイプにしたら
 マミィの傷も
 1週間は早く
 快方に向かっていたかもしれない

 初期の手当、大切です









「近いうちに
  地震がありそう」
と、
マミィがマユチャンに言ったら、

「北海道に来るの?」

マユチャンが訊く。








あ、マユチャ~ン
あ、マユチャ~ン







うーん、
それはどうなんだろう…
と、
マミィが悩む。



場所は、
特定できないらしい。







遊ぼー
遊ぼー






地震に限らず、
マミィの予知は

いつも、中途半端だから。






何だよ~
何だよー
また、スマホに熱中かいっ







ロスの地震の時には
1週間前、

阪神大震災の時には
3日前に

地震の夢を見た。



ロスの時には、
夢の中に
知り合いの米国人がいたので、
アメリカだとわかった。



今回は、夢ではなく、
地震が近そう…という感覚。



感覚のときには、
かなり曖昧だ。



何となく感じるけど、
いつなのか…とか、
どこなのか…とか、

その辺りはいつも
ベールに包まれていて、
ぼんやりしているんだって。







ちぇっ
ちぇっ…



あまり役に立たない
予知機能を
搭載しているマミィです。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第675章- 愛されるということ


今日は
めっぽう良い天気。



天気予報では、
昨日よりも
4℃高いだけのようだけど、

とてもとても、そんな感じじゃない。
日射しが強くて、
リビングは暑いくらいだ。



まぁ、雪よりは、
こんなふうに晴れていたほうが

マミィの元気も出るし、
機嫌もいいから、
ぼくにとっても、アリガタイ。






アルマく~ん
アルマく~ん
 マミィの声がする…






さて、今年の6月だったか、
7月だったか…
マミィは1冊の本を読んだ。

題名は
「ブレイキング・ナイト」。



アメリカの
都会の人たちが使うスラングで、
夜通し、日が昇るまで
起きていることを意味するらしい。



副題に
「ホームレスだった私が
 ハーバードに入るまで」
と、ある。





ちょっと~
ちょっと~
 じっとしてくれない?







薬物依存の両親の元に
生まれ育った少女が、

過酷なホームレス生活を経た後に
ハーバード大学に入学するまでの
実話だ。



全452ページのうち、
333ページまでは、
彼女が
どんなに過酷な生活を強いられたか、

なぜホームレスになったのか、
そこでどんな辛い思いをしたのか
…が、延々と綴られている。






ちっとも撮れないじゃん
ちっとも 撮れないじゃん






お母さんは、薬物中毒のうえに
生まれつき、目も不自由で、
統合失調症でもあった。



そして、お母さんが
エイズで亡くなったところから、

急転直下、
彼女の人生が変わり始める。



「そうだ、学校に戻ろう」
と、決心したのだ。






何をそう、せかせかと
何をそう、せかせかと
 動き回るの?







きっかけは、
お母さんを失くしたことで、
自分の人生について
深く考えるようになったことと、

彼女のように恵まれない境遇から
更正して、

りっぱに
自立した生活をしている女性に出会い、
「彼女のようになりたい」
と、

その生き方に
憧れを抱いたことだった。






何、その速さ
何~?
 その速さ!







もちろん、
ハーバードに入学するまでにも、

たくさんの苦難の道を
たどるのだけれど、

彼女は、ひとつひとつを
強い意志で、クリアしていく。






ええぇぇ~いっ
ええぇぇぇぇーいっ
 せわしない…






そして、
病気のお父さんの世話などもあって、
大学を卒業するまでに
(確か…)8年を要したけれど、

無事に卒業し、
会社を設立し、

人々が人生を変革し、
目標を達成するための
支援を行っている。





落ち着けってば
いーかげんに
 落ち着きなさいっ!







彼女にはお姉さんが一人いて、
お姉さんは、
ニューヨーク大学を卒業し、

自閉症の子どもたちを教える
先生になっているそうだ。



薬物依存の両親から
ほぼネグレスト(養育放棄)の状態で
育ったのに、

なぜ、この二人の姉妹は、
真っ当な道を歩めたのだろうか
…と、マミィは考えた。



それは…、
両親が、どちらも
暴力という虐待を
父親から受けて育ったにもかかわらず、

わが子には、
暴力をふるわなかったこと、

そして、
「愛しているよ」
ということを、

いつも彼女たちに伝え、
それを感じさせていたこと。



たとえ、
食べるものがなくても、
最悪の住環境にあっても、

たとえ、両親が
破滅的な生活を送っていても、

彼女は、
「自分は愛されている」
と、確信していた。



道を外れたまま、
自分自身も破滅の道を歩むか、

それとも、
どんなに悲惨であっても、
正しい道を見つけ出すために
動きだすか…

それは、
愛された経験があるかどうか、

…に、
かかっているのかもしれないと、
マミィは思う。



それがたとえ、
どんなに
非道な親であったとしても。






また、怒られた
また
 怒られたよ







立派な家に住み、
地位も名誉もある親がいて、

それでも、
罪人(つみびと)に
なってしまった人たちは、

「自分は愛されている」
と、
感じたことがないのかも、
しれない。



いつも孤独の渦の中で
自分の存在価値というものを
見い出せずに

その苦しみに
翻弄され続けていたのかもしれない

…と、それが
マミィのたどり着いた答えだった。






ブレイキング・ナイト


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第674章- カビ菌、再び…

昨日の火曜日、
手稲山に初冠雪。



とうとう、アルマン地方、
雪が降りました。



夕べ、
ダディとぼくがお散歩に行くときには、
アラレが降っていた。





とうとう降りました~
とうとう降りました~







さて、ずいぶん前から、
ぼくが
手足をしきりに舐め舐めしていることが
気にかかっていたマミィ、

最初は、
ストレスでもたまっているのかと
思っていた。



何をそんなに
ストレスに感じているのだろう…

あまり、かまってやらないからかなぁ
…とか。



その舐め舐めが
最近は、
カミカミになってきて、
しきりに噛んでいるふうなので、

いや、おかしいなぁ…
そこまでのストレスかぁ?

…と、心配になってきていた。






どこを歩いても
どこを歩いても
 落ち葉だらけ

 マユチャンの長~い影と
 マミィのぶっとい足







ところが最近、
『いけちゃん』 さんという
黒ラブさんのブログを訪問したら、

 (→ 『いけちゃんちのつぶやき』 
     というブログです)


「真菌」 という話題が出ていて、
あ、もしかしたら、これ?
と、気づいて、

ネットで調べたら、
耳経由で発症することが多い
…と
書いてある記事を見つけた。



この間まで、
耳をしきりに搔いていたぼく、
病院で薬をもらい、

それを朝晩、毎日つけて、
だいぶ、耳は搔かなくなった。



もう、ニオイもない。



今日は、
フィラリアの薬をもらいに行ったついでに
先生に
手足を診てもらった。






久々に
久々に
 ブタさんの耳~
(マユチャンのスマホ写真)






「おやつ何かあげてますか?」
「最近、リンゴを少し」

「足を痒がるようになったのは、
 いつ頃?」
「だいぶ前です」

「じゃあ、リンゴじゃないね。
 最近なら、
 食べ物のアレルギーということもあるけど」

結局、
耳につけていた薬を

手足にもつけてみて
… ということになった。



一件落着なのかどうなのか…
またしばらく
様子をみてみないと
わからない。



「本当にもう、
 きみは~
 次から次へと、
 話題に事欠かない子だねぇ」

と、
マミィが口をとがらす。






新しい薬





ああ、そうそう…
今年のフィラリアの薬は、
今日でオシマイなんだけど、

来年からは
エキノコックスも予防できる
新しい薬になるんだって。



「お、それはいいね」
…と、
マミィが喜んでいた。



ぼくにはよくわからないけど、
そんなに
うれしい事なのかな…

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第673章- 北海道で1番さ!



アルマくんの札幌地方、
ぐんと寒くなり、

マミィの教室に通って来る小学生たちも、
手袋をし、
耳当てをするようになった。



雪虫の大群が飛び交い
「もうすぐ雪が降りますよ」
のお知らせは、

ずいぶん前からあるしね。



さて、金沢に住む
マミィのお友達が
何日か前に
メールで写真を送ってくれた。






きれいなコスモス
きれいなコスモス
 心なしか 
 札幌のコスモスよりも
 色が淡くて、はかなげな感じがする






そして、
川岸のすれすれを歩く
お友達のお家のネコさん。



うわぁ~、すごいなぁ…
と、マミィは驚いた。



バランス感覚の良いのは、
やはり、ネコさんだからか…







すごいねー
すごいねー






この間、ぼくは、
ニオイに執着しすぎて、
側溝に落ちそうになったんだよ。



深さは1m以上あったから、
ぼくの後ろ足は
宙ぶらりんになった。



マミィは
「危ないなー」
と、
ヒヤヒヤしながら見ていたので、

「おおっとっ~」
…と、

前足だけで体を支えて
じたばたしているぼくを、

慌てもせず、顔色も変えずに、
すぐに リードで ぐいっとして、
体を引きずり上げた。



その時
ぼくはびっくりして、
おたおたと
足をばたつかせていたので、
すぐに助けてくれて、ほっとした。






絶妙のバランス感覚
絶妙のバランス感覚は
 やはり、ネコさんだからか…








そして
マミィが言ったんだ。

「やっぱりアホだね」。



世界一おバカなラブが
マーリーなら、

「アルマくんは、
 北海道一のおバカだね」
って。



おおーっ、やったね!
北海道で1番だってさ!!


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第672章- ハロウィーン

土曜日に
マミィの教室の
ハロウィーンパーティが
無事に終わった。



ミニ発表会を兼ねている。



毎年、
台本、小道具作り、
ゲームの準備、司会進行…、

それらすべてを
マミィ一人でするので、
いつもクタクタになる。



ま、それでも、
今年も無事に終わり、
ほっとしているようだ。





ゲーム中
ゲーム中






さて、その土曜日、
ダディが夕方からの勤務だったので、

めずらしく、
朝のお散歩がダディだった。



そして、またしても
よそわんこのウンチを
パクッとしたぼくが
呑み込む前に気づいたダディ、

ぼくの口の中に手を突っ込み、
それを掻き出した。






必死です
ゲームとはいえ
 必死です







手がとんでもなく臭くなった、
ヒドイ目にあったと、

帰ってくる早々、
マミィに訴えていた。



この問題行動、
どうしてくれようぞ…と、

マミィは
今、頭を悩ましている。





視線を合わさないように…
こーゆーときには、
 マミィと
 視線を合わないようにしないと







「アルマのウンチ喰い、
 ハロウィーンのゴーストなんかより、
 ずーっと怖いわ」

と、
大きな目を細ーくして、
マミィがぼくに
冷たい視線を投げかける。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 虐待防止

-ごくうがやって来た! (11) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月14日(水)
 


天気予報を見ると、
まだまだ
雪マークの日があります。



昨日も降ったしね。



ごくうは、朝起きると、
また、
ぐんと大きくなっているように
見えます。



ホントに
ぐんぐん大きくなります。






ひたすらご飯を待つ
ご飯を待つ ごくう






今朝の新聞に
福岡でパピーウォーカーをしている人の
投書がありました。



盲導犬が行方不明になっていて、
虐待が疑われている…
という話でした。



仔犬を育てる側から
「盲導犬を大切にして欲しい」
という訴えです。



昔、東京の蒲田に住んでいた頃、
母が美容院から帰ってきて、

「盲導犬を連れて来た人がいて、
 犬はおとなしくしているのに、
 つらくあたっていて、
 かわいそうだった」

…と、
言っていたことがありました。



わが子さえも虐待し、
殺してしまう人がいるんだから、

もしも盲導犬を
自分のパートナーではなく、
ただの道具としか考えていなければ、

日常の不満の
はけ口にする人がいたとしても、
不思議はないのかもしれない。



でも、
育てた者としては、たまらない。








後ろ姿が切ない
必死な背中が
 何やら 切ないね…







かわいがって、
大切にしてくれる人の所に行くように、
祈るしかない。


心優しい従順な犬たちを
『守る』 システムを
しっかり作ってほしいなぁ…と、
思います。







*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…




以前、文章を引用したことがありますが、
今回は動画で…

(単純に
 「感動話」 で終わらせないで欲しいけど…)
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 油断大敵



-ごくうがやって来た! (10) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月11日(日)
 


ごくうは、だいぶ
トイレで
用がたせるようになりました。



ウンチは大体、失敗がない。



遊んでいても、だーっと走っていき、
トイレでウンチをします。



早く
カンペキに習得してくれると
いいんですがねぇ~



きょーは天気がよかったので、
1分ほど、庭に出ました。



雪のせいもあると思うけど、
やっぱり
まだ怯えています。



部屋に戻って来たら、
ぴょんぴょん飛び跳ねて、
やたら元気なんですけどね。




ガリガリ
食後の歯磨き用ガリガリ
 盲導犬協会から渡されたもの。
 合成樹脂です。
 いいのかなぁ…こういうもの…と、思うけど、
 消化されずに外に出るから、
 いいのだそうです。








2012年3月13日(火)
 


わが家にごくうが来て
2週間です。



さすが大型犬!
…と、思います。



毎日、見るたびに
大きくなるような感じ。



来たときよりも、
頭一つくらいは、大きくなったかな。
(もっとかも)



顔もずいぶん変わって、
赤ちゃんの顔から、
生意気な子どもの顔になってます。



トイレトレーニングは
順調に
進んでいると思いますが、

時々、
思いもよらない所にします。



夕べも、
リビングの奥にある末っ子の部屋に入って、
そこで したらしく、

知らずに踏んだ末っ子が
大騒ぎしてました。



ウンチは大抵
トイレでするようになったな…と、

喜んでいた矢先のことでした…





ぐんぐ゛んと
ぐんぐん大きくなってる

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第671章- 失意のズンドコ



ぼくは
この家の3代目のわんこだ。



この家の3姉妹と同様に、
それぞれに個性があるから、

まぁ、違って当然…と、
マミィも、わかっている。



それでも…、
時々、ぼくに呆れ果て、
怒る。






ここは…
ここは…







お散歩から戻って、
玄関でお座りをさせられると、

すずばあちゃんは、
自分から手を出した。



ごくうさんは、
手足を拭き終わるまで
静かに座っていた。



ぼくは…、
暴れまくる。



それでも、最近はようやく
あきらめがついて、
暴れなくなったけど、
じっとしてはいない。



手も出さないし、
足も出さない。



あっちに こっちに
逃げ回る。






いつもの歩道橋
いつもの歩道橋







すずばあちゃんは、
知らない人が食べ物を差し出しても、
決して食べなかった。



いつもの
動物病院の先生からでさえ、
食べなかった。



だから、家族みんなで
お泊まりで お出かけのとき、

どこかに預けるというわけにはいかず、
必ず連れていった。



ぼくとごくうさんは、
喜んで
先生からもらって食べる。






軽い足どりで
軽い足どりで
 たったと降りる









お散歩のとき、
すずばあちゃんはトットット…と歩いたし、

ごくうさんは、
いかにも陽気なお調子者らしく、
お尻を浮かせながら、
スタスタスタ…と歩いた。



ぼくだけが
しきりにニオイに執着し、
なかなか前に進まない。



「いーかげんにしなさい!」
と、
マミィに怒られる。






降りた所で
降りた所で







小さいときにはやんちゃだった
すずばあちゃんだけど、

2歳になると、
あんなにもひどかった家具かじりを
ビタッと止め、
すっかり落ち着いた。



ごくうさんは、
幼犬の頃から
「いけない」 と叱られると、
すぐに止めた。

強く言う必要はなく、
静かに
 「ノー」  だけでよかった。



ごくうさんの特徴は、
理解の速さと、記憶の良さだった。



ぼくは、打たれ強さが災いして、
怒られても、
へーちゃらなのさ。



だから
満2歳を2ヶ月過ぎた今も、

あまり進歩がない…と、
マミィに言われる。






始まる情報収集
始まる情報収集







今朝も、
地面をクンクンクンクンと
嗅いでいるうちに、

リードをぐいぐいぐいと引くので、
マミィが

「だめだめ、
 そっちには行かない!」


注意したのに、

ぐいぐい強引に進み、
口にパクッと…

……

「こらっ!
 何食べた?
 ダメッ、ダメッ、出しなさいっ!」


と、
慌てたマミィに
鼻面をバシッとされたんだけど、

(普段、マミィは
 絶対に叩いたりしない)


その時には、
既に呑み込んでたね…

…よそワンコのウンチ。



当然ながら、マミィ激怒。






スンスンスン…
スンスンスン…
 ニオイに執着~







そして、
これも、もちろんなんだけど、

よそわんこのウンチどころか
自分のだって、
すずばあちゃんやごくうさんは
食べたことがない。







いーかげんにせいっ
いーかげんにせいっ!
 マミィが怒っとりますね…






マミィは
がっくりと肩を落とし、
大きな大きな ため息をついた。



失意のズンドコ…
いや、
どん底に
突き落とされた気分だって。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第670章- オオカミさん?




月曜日の朝に、
マミィの人差し指が
パンパンにふくれあがった。

怪我をしてから、
もう
1週間が経ったというのに。



しかも、
熱を持っているみたいだ。







春の桜並木は
春の桜並木は






マミィは
病院に行く気がないから、

ダディが
薬局に走り、
『貼るだけで痛みをやわらげる』
とか
『自然治癒力を高めて
 キレイに早く傷を治す』

と、
箱に書いてある絆創膏を
買ってきた。







こんなふうに
こんなふうに






最長5日間、
貼ったままでいいそうだ。



むしろ、
貼ったままにしたほうが
いいらしい。



火曜日の朝は分泌液が多くて、
絆創膏から漏れてしまったので、
貼り替えた。



今日、木曜日は、
分泌液で
絆創膏がパンパンに膨れてきたので、
取り替えた。



良くなってくると、
この分泌液の出方が
少なくなってくるらしい。






ただいま紅葉中
ただいま紅葉中







昨日までは、
何もしなくても痛かったけど、

今日は、触りさえしなければ、
痛まないらしいよ。



マミィの傷、
少しは良くなっているのかな…?







ぼくの横に大きな黒いオオカミが
大きな黒いオオカミさんが
 ぼくの横に…







ぼくにしっかりくっついて
ぼくにしっかりくっついて
 離れないんだよ

 このオオカミさんは、
 影っていうんだって


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第669章- 真逆の展開


あーちゃんが高校生の頃、
授業中に時々
『微笑』 する先生がいて、
「キモチワルイ」
と言っていたことがある。



なぜ
『微笑』 が気持ち悪いのだろうと、
「『微笑』 の意味、わかってる?」
と、訊くと、

「ビミョーに笑う」
と返ってきて、
マミィは、
ひっくり返りそうになった。





肥満犬
びっくりだよぉ
 肥満犬?
 とても、わんこには見えないけど








高校生のクラスで、
他の子に確かめてみると、

「えっ? 違うの?」

言う子が何人もいて、
呆然とした。



その頃、
「ビミョー」
という言葉が
中高生の間で流行っていたのか、

マミィがあーちゃんに何を訊いても、
「ビミョー」
という言葉が返ってくるので、

とうとう、キレたマミィは

「ウチではその言葉は、
 今後、絶対に使うな」
と、
申し渡したことがあった。



この話は以前にも
アップしたことがあるような気がするな…






びつくり
おおおーっ!
 これも… おデブさん?







さて、最近は
『真逆』 (まぎゃく)
という言葉がよく使われる。



マミィもフツーに使うんだけど、
これは、辞書を引くと

『新語』、あるいは 『俗語』 の
くくりになっている。



2004年の
流行語大賞になったとかで、
かなり新しい言葉らしい。



もともとは
真逆=『まさか』
と、読む。






ありゃ~
ありゃ~








…ということで、
昨日の
「見た目が9割」の話、

実は、
真逆(まさか)の展開で、

マミィは、本当は
違うことを
言いたかったんだって。



何で話がそれたのかなぁ…と、
不思議がっている。



まぁ、マミィの頭の中なんて、
そんなものだろうね。



マミィは太っている時と、
痩せている時の
人からの扱われ方の違いを
実体験しているので
よくわかるんだけど、

太っていると、
「大らか」、
「細かいことにこだわらない」、
「元気」、
「何を言っても傷つかない=鈍感」
みたいに
思われることが多く、

痩せていると、
「繊細」、
「傷つきやすい」、
「几帳面」
「病弱」

思われることが多いようだ。



これは、やっぱり、
見た目からくる印象なのかな。



場合によっては、
太っていると
本当は、
ものすごく気が小さくても、
ふてぶてしく見えたりもするようだし。






どんなであっても
どんなであったとしても…






時々、太っていると、
まるでその人には
「神経」 がないかのように、

ひどい言葉を投げつける場面に
出くわすことがあって、

マミィ自身は
そういう扱いをされたことはないけれど、

「その言葉はどうだろう…」
と、驚いたり、

「それは、傷つくんじゃないかなぁ」
と、心配になったりする。



たとえ、言われた人が
笑っていたとしても。




マミィだって、
太っていたものが痩せたからといって、
逆に
痩せていたものが太ったからといって、
性格が
ころころ変化するわけではなかったし。



この、
見た目から受ける印象によって
態度を変える…『ヒト』 というのは、

本当に恐ろしいものだと、
マミィは思う。



太っているとか、痩せているとか、
きれいだとか、そうじゃないとか、
金持ちだとか貧乏だとか、
頭がいいとか悪いとか、

そういうもの、一切関係なしに、
「そこにいる」 というだけで、
喜び、
受け入れてくれるわんこたちって、

本当に素晴らしい存在だよね、
ヒトにとっての救いだよね…と、
マミィが、ぼくに言う。



私が私であるだけで、
あなたがあなたであるだけで、
今、ここに生きているだけで、

それは、
素晴らしいことなんだよね、

それを受け入れられたら、
ヒトは
もっと幸せに暮らせるのになぁ

…と、マミィは、
今日のどんより空を見上げた。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第668章- 見た目が9割





「あっ、あの犬カワイイ~」
と、
道路の向こう側で
小学生の女の子が言った。



朝のお散歩中のことだ。



すると、その言葉を受けて、
登校中の
同じ集団の中にいた
その女の子よりも上級生っぽい男の子が

「あの犬、こぇぇぇ~」
と、続けた。



ぼくは、
ただ、歩いていただけさ。



すれ違いざまに
「でっけぇ犬だなぁ~」

と叫ぶ、小学生もいる。





鼻をつっこんで
思いっきり
鼻をつっこんで…

(マユチャンのスマホなので
 画質が悪いです…)








何年か前に、
確か

「見た目が9割」
(8割だったか?)

という本がベストセラーになり、
一度読んでみようかな、と
思っていたマミィ、

最近レビューを読んで、
あまり
良い評価ではなかったので、
やめた。



確かに、
見た目で印象は変わるけど、
それぞれの感じ方もあるよな、

全く同じものを見ても、
感想は、
それぞれなんだから、
と、
マミィは思ったようで…。





幸せや~
幸せや~
 ヨーグルト、おいしい








マユチャンが小学生の頃、

「ゆりたんは美人で、
 あーちゃんはカワイイのに、
 なんでウチばっかり
 ブサイクなんだろう」

と、時々言うので、

「姉妹同士というのは、
 小さい頃から
 容姿を比較して、
 気になるものなんだねぇ」

と、友達に言ったら

「女の子だったら、
 姉妹がいなくても、
 容姿は気にする」

と、返ってきて、

「え? そーなの?」
と、
びっくりした。



子どもの頃、
マミィは、
自分の容姿に、関心がなかった。



人と比較したこともなかった。



結婚前、マミィはよく

「中学生、高校生の頃、
 ものすごくモテたでしょ?」

と言われた。



「いや~、ぜーんぜん!」
と答えると、

「うっそぉ~」



いや、
これは正直な話なんだよ。





せっかくの顔が
あ…、ぼくの
 せっかくの顔が…







中学1年の終わり頃から、
ぶくぶく太り始めたマミィ、

中学2年、3年の頃って、
もしかしたら、
クラスの中で一番のおデブさん
だったんじゃないか…と、

卒業アルバムを見ていて、
ごくごく最近に、
気がついたんだよ!!



今まで、
気づかなかったっていうのも、
どうかと思うけど。







修学旅行
中3の修学旅行
 髪をふたつに結んでいるほうの子
 (右側)







それに、
中学生の頃って、

子どもの顔から
オトナの顔に変わっていく
過渡期…というか、

何か、
気味の悪い顔でもある。

(これは、マミィの場合ね…)

部活のせいで、
真っ黒に日焼けしていたし。





ひぇぇぇ~、
こんなだったんだぁ~
と、びっくり。



「ブス」 だの 「デブ」 だの
言われたことがなかったので、
気がつかなかった。



あの頃の男の子たちは、
心やさしかったんだね。



今の時代だったら
大変だったかもしれない。



いや~、マミィ、
いい時代に生まれ育ったね。







バス旅行
中2のバス旅行
 左から2番目
 (葉っぱをもっている子の隣)






中高生の頃の写真は、
ほとんどない。



写真を撮るのが好きだった
マミィのおとうさんが
放蕩時期に入ってしまって、
ほとんど家に帰って来なかったし、

  (放蕩とうさんの話は → ここ)  

マミィも部活で忙しくて、
家族と過ごす時間なんて
なかったから。



とにかく中学生の頃は
サイアクの容姿で、
15、16、17…と、
だんだんフツーの人に
なっていったかな…







二十歳すぎたら
20歳をすぎたら
 体重は40㎏あるか、
 ないかくらいになっていた

 もちろん、
 食い意地の張っているマミィ、
 ダイエットはしていない







18歳を過ぎた頃から、
だんだん
男の子からの扱いが
変わってきた。



ということで…、
美人でもかわいくもなく、
おデブだったマミィ、

10代を
容姿で傷つくこともなく、
無事に乗り切った。






不思議なことに
どうしても
 自分の容姿が気になる人は、
 痩せてみるといいかもしれない。

 それだけで、
 顔立ちもイメージも
 かなり、変わる







結論…
どんな姿をしていても、

「自分が気にしなければ、
 誰も、何とも思わない」。



マミィ、
本当にいいんですか?

そんなに乱暴な結論で…


そんなわけで、
マミィは、今、また
おデブの道をまっしぐら
…なんデス

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第667章- オイオイ…な、婚活




マミィがネットを開くと、
いつも
右上に広告が見える。



ダイエットだったり、
車だったり、
まぁ…、いろいろね。



最近、その一つが目に止まって、
「おいおい…本気?」

と、マミィが
呆れたような声を
出していた。






お?
おっ?





「今日もコンビニ弁当。
 ご飯を作ってくれる
 嫁さんが欲しい」

と、うらぶれた若者が
嘆いている写真。



これは、婚活サイト…?
お見合いの登録サイト?



よくわからないけど、
前時代的思考。



今の若者、
こんなこと、考えるかなぁ。



こんな広告で
女性が集まるかなぁ…



少なくとも、
キャッチコピーを考えたのは、
女性ではないだろうな…





おお?
おおっ?!






「ご飯くらい、
 自分で作れるよう、自立しなさい」。



「そんな甘ったれた男、
 魅力ないですよ…」



1人でマミィが
さっきから、
ぶつくさ言っている。





誰か、来た?
誰か、来たっ?







マミィ、
ぼくは婚活してませんよ。



お嫁さんより、
一緒にお留守番したり、

一緒に遊んでくれる
弟か妹が、欲しいデス。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 寒い!お庭デビュー


-ごくうがやって来た! (9) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月9日(金)
 


宅配便が来たり、
電話が何度も鳴ったり…と、

レッスンの準備をしながら、
あたふたとしております。



さっきまで、ごくうは、
ストーブの前で寝ていたので、

そのまま置いてきて、
用事をしていたのですが、

いろいろ音が鳴ったので
どうかな…と思い、

今、そーっとリビングのドアを開けて
覗いてみたら、

自分からケージに入ったようで、
寝てました。



よかった。
もうしばらく、用事ができる。



一度庭に連れて行ったら、
寒かったせいも
あるのかもしれないけど、

雪の上で固まってしまって、
きゅんきゅん言うし、
おびえてブルブルふるえていたので、

『楽しいお散歩デビュー』
は、
できませんでした。



結局、あれから、
外に出していません。



3回目のワクチンは今月末なので、
まだ庭程度しか、
外には出せないんだけど、

もう少し暖かくなったら、
もっとお天気の良い日に

もう一度 『お庭』 に
挑戦ですわ。



すずは6月生まれだったので、
ウチに来た時は
夏真っ盛りで、

お散歩に出られる頃には、
ちょうど良い気候になっていました。



冬生まれの子は、
外に出すのにも、気を遣いますね。







べったり~
べったり~








お嬢さんの
旦那さまになるお方を迎える準備は、
整いました?



体調の悪いところ、大変ですね。
良い人だといいですね。



わが家の場合、犬1頭ですけど、
そちらは、
猫さんたちがいっぱいいるから、

お客さまを迎えるのに、
なかなか大変なものがありますね。



ウチなんて、すずが来てから、
ヒトさまの文明が崩壊して、
もう、荒れ放題ですから、

いなくなったからといって、
今更、きれいにしようもない。



だから、気軽に
ごくうを迎えられたんですけどね。



夫は、ごくうを送り出したら
次には
自分の犬を飼いたいそうですが、

末っ子は、
ずーっとパピーウォーカーで
いいそうです。



長く一緒に暮らして死なれ、
悲しい思いをするのは、
もう、いやなんですって。





甘えん坊、ごくう
甘えん坊、ごくう

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- おら、ごくうだ!





-ごくうがやって来た! (8) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月3日(土)
 


さっき、
大量に雪が降っていました。
3月だというのにねぇ…



今日、明日は
最高気温もマイナスのようです。



月曜日からは
ゼロとかプラスとか…



それでも
最低気温はマイナス5とか
マイナス6になるみたいですが…



春は、
まだまだなんでしょうかね。



さっき、廊下でごくうの名前を呼んだら、
じーっと座っているので、

もう一度呼んでみたら、
2回大きく
ぴょーんぴょーんとジャンプしてから
とととととっと、走ってきました。

(面白かったので、ビデオに撮りたかった)



「おいらは、ごくう」
と、わかっているようです。



トイレも、
ようやく認識し始めたようで、
時々粗相しながらも
たたたーっと、用足しに
走っていくようになりました。



トイレトレーニング、早く完了したいな~





2012年3月8日(木)
 


またしても、
お風呂の中で眠りこんでしまった。



…で、長湯になり、ぬる~くなり…

ただでさえ、ちょい風邪気味なのに…






遊んで~
遊んで~ の顔です 









2012年3月9日(金)
 


すずは、ずいぶん
おっとりした性格だったんだなぁ…と、
ごくうを見ていると、思います。



ごくうがウチに来て、
まだ2週間たらず。



その間に、遊んでいて2回、
ケージに激突しました。



1回目の時には、
すずが
電気コードをかじって感電した時にみたいに、

「キャンキャンキャン!!」
と、鳴き叫びました。



そーとー痛かったのでしょう。


だーっと走っていって、
宙返り
…ということも、ありましたよ。



夕べも走り回っていて、
ストーブに激突しました。



さすがに2回、3回となると、
鳴かない。



わが家に来た初日、
ごくうのご飯のしたくをしていると、

キャンキャンと、ジャンプしながら
吠えて、うるさかった。


すずも食いしん坊だったけど、
あんなふうに
バタバタしていなかったから、

ものすごく、びっくりしましたよ。



仔犬なので、
ドライフードを
湯でふやかして食べさせる。



ふやけるまで、
少し時間がかかる。



待たせるしかない。



でも、さすがに…
数日経ったら、
待てるようになりました。



キャンキャン言っても
みんなして 『無視』 ですから。



今は、
お座りしていればもらえると
わかっているから、

じーっと座ってますね。






ごはんを待つ
ようやく
 待てるようになりました







…とは言っても、

用意していると、
タタタタタッと走ってきて、

まず
お椀が置いてある下に行って、
しばらくお座り。



…で、辛抱できなくなって、
タタタッと、今度は
ストーブの前に座っている
私のところに来て、

しばらく
お座りします。



…で、また、
待ちきれなくなって、

今度は中間地点まで行って、
そこでお座り。



…で、次には、また
お椀の所に行き …を、

わずか5分の間に、何度か繰り返し、
ようやくご、飯にありつけます。



それでも、
待てなくてキャンキャンわめいて、
飛んだり跳ねたり、

ガリガリと
キャビネットの扉をひっかいていた、
1日め、2日めからしたら、

少しなりとも、我慢を覚えて、
辛抱できるようになったんですよねぇ。


場所を替えながらも、
おとなしく待っています。





待ち遠しいね
待ち遠しいね






私のレッスンの間、
最初の頃は、
ケージに入れられて
キャンキャン、クンクン言ってましたが、

今は
ケージに入れられても、
おとなしく寝て、待っています。



人と暮らしていくためには、
我慢が大事。



人の生活に合わせられるように
なってもらわないとね。



すずは
従順で、辛抱強い子だったのでしょう
…と、改めて、気づかされます。



来た初日から、
とても扱いやすかった。



ごくうは、
一筋縄ではいきませんぜ。



さすが 『ごくう』 だわ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第666章- 病気になったので離婚します


ある20代の女の子から、
小学生の時に
両親が離婚したという話を
マミィは、最近、聞いた。



離婚は、
お父さんからきり出された。






退屈だなぁ
退屈だなぁ







お父さんは、お母さんに
こう言ったそうだ。



「健康なときの
 あなたが好きだった」



つまり、
お母さんが病気になったので、

「離婚したい」 
と言い出した…ということなのだ。






マユチャンは
マユチャンは
 スマホばっかりしていて
 ちっとも
 ぼくと遊んでくれないし








もちろん、
彼女は

「お父さんはヒドイ人だ」
と、
思ったという。



マミィも、
この話を聞いて、
驚いた。



「結婚の契約って、

 『健やかなるときも
  病めるときも』

 じゃなかったっけ?」






少しは
少しは
 ぼくと遊んでおくれよ







結局、
両親は離婚し、

彼女はお母さんの実家で
妹さんと一緒に

おじいちゃん、おばあちゃんに、
育ててもらった。






ちっ
ちっ
 ぼくを飼いたいって言ったのは、
 マユチャンだったはずなのにね








お母さんの病気は、
『統合失調症』。



昔は、
『精神分裂病』 と
言われていたようだ。



高村光太郎と
その妻、智恵子のようには
いかないのが、
現実なのだろうか…
と、
マミィは思う。



でも、このお父さん、
案外正直者で、

お母さんは、
冷たい夫婦生活に
苦しまずにすんで、
ラッキーだったのかもしれない。






つまらん
つまらん
  せっかく いいお天気なのに 








中学1年生のときに、
「智恵子抄」
という詩集に出会い、

光太郎・智恵子は、
長い間、
マミィの、理想の夫婦だった。



確か、智恵子さんも
統合失調症だったはずだと、
マミィが言う。





寝るか…
寝るか…








ダディは、
芸術とか詩には
まったく興味のない人だったし、

マミィも
智恵子には、
なれなかったけどね。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第665章- いじめを乗り越える



マミィの姪っ子は、
小学1年生から中学3年生まで、
学校で、
ずっといじめられていた。



1年生の時には、
実は、日本語が
あまり上手ではなかった。





あーちゃんが来たっ!
あーちゃんが来たっ!
 スマホなので、
 ちょっと画質が悪いデス








言葉を話し始める頃に
家族で台湾に行き、

小学校に入るために、
父親一人を台湾に残し、
母親と2歳下の弟と帰国するまで、
ずっと台湾に住んでいた。



弟と遊んでいる時は
中国語だった。







何…
何…
 いつもと全然顔が違うじゃん

   と、マミィに言われた






おしゃべりな子で、
日本語でマミィにも
いっぱい話すのだけれど、

何を言っているのか、
要領を得なかった。


それで、
「バカだ」 と、苛められた。






えへっ
えへっ








それから、
中国語を忘れるにつれて、
日本語の問題はなくなったけれど、

2、3年ごとに転校し、
転校するたびに
「転校生」 というだけで、
いじめられた。







また
また
 ほひゃひゃ
 へにゃへにゃ
 と、ぼくは、あーちゃんに
 しきりに話しかけたけど、
 誰もわかってくれなかった…








ある時は、転校してすぐに
不良グループに目をつけられ、

「タバコを吸え」 と勧められ、
断ったら

「生意気だ」 と苛められた。



中学3年生の時に、
両親が離婚し、
これが最後の転校になった。

そして、この時に、
いじめを克服した。



この姪っ子は、
人の痛みのわかる
強い子だったと
マミィは思っている。



苛めている子たちのことも、
決して、悪くは言わなかった。



そして、
不良グループからも
一目置かれるようになった。










お仲間っ!
あーちゃんは
 ぼくのお仲間っ!








この国から、
そして、世界中から、

「いじめ」 という
暴力がなくなりますように…







13歳の少年が、自分の体験をもとに書いた 
 「いじめに立ち向かう」 曲










=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第664章-マミィ負傷

日曜日、
夕食の準備をしていて、
マミィが包丁で、指を切った。



数年に1回、
マミィは
思いっきり指を切る…という、
失敗をする。







マミィ負傷ス
マミィ 負傷す
 それにしても、
ぶっとい指だね、マミィ
 本気で
 ダイエットしたほうがいいんじゃない?

 どなたか、手相に詳しい方、
 マミィの手相、見えます?
 最近、災い続きなんですよ








今回は、
切った時に、家に誰もいなくて、

当然、
ぼくには手当てなんて、
できないから、

バンドエイドを探したり、
包帯を探したりして、

マミィは一人で、
走りまわっていた。



マミィは
血が止まりにくい体質なので、
怪我をすると、大変なんだ。






さて
さて






とにかく、
バンドエイド2枚をかために巻き、

それだけでは、
血があふれてくるので、

さらに
包帯をぐるぐるとして、

左腕を垂直にあげ、
右手で指を押さえて、10分。



何とか、
止まったようだった。







たまには
たまには






いや、火曜日になっても
まだ時々、
出血していたんだけどね。



大抵の場合、
マミィが
怪我や火傷をたて続けにする時は、
脳が疲れているんだって。






おもちゃで
オモチャで






こういう時には、
ヨガでもして、

脳にしっかり酸素を送り込むと
怪我が少なくなるみたい。






遊ぶか…
遊ぶか…






実は、マミィは
この時、ちょっと
腹を立てていて、

イライラしていたので、
結構、
力が入っていたんだよ。







久しぶりに
久しぶりに







教訓…
人の事を悪く思ったり、
心の中だけでも、罵ったりすると、
ろくな事が起こりません。



負の感情って、
災いを引き起こします。







ハウスの中に運んでみた…
ハウスの中に
 オモチャを運んでみた









皆さん、穏やかな気持ちで
毎日を過ごしましょう

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第663章-危険信号




ダラスで
アメリカ初のエボラ患者が出て、

それが
ゆりたんの住む家の10分くらいの所
…と聞いたのは、

ついこの間のことだった。



その患者は
リベリア出身者で、

ダラスに住む
親戚の所に
遊びに来たのだそうだ。



その患者が亡くなったと
新聞記事で読んだ。



さらには、
その患者の治療をした病院で

女性看護師がエボラ陽性で、
隔離治療を受けているらしいと、
新聞に載っていた。







いろんな 事が次々と
人の世界では
 いろんな事が、 次々と起こっているね








実は、ゆりたんの
ホストペアレンツの旦那さまは
内科医で、

ダラスにただ一つしかない、
その、パブリックホスピタルに
勤務しているのだそうだ。






何かと不穏な毎日
何かと 不穏な毎日







「危険」 の赤ランプが点灯。



もはや、
対岸の火事ではない。



ぼくたちにとって、
遠い国の、
自分には無関係の話では
なくなってしまった。






警戒警報発令中のアルマくん
警戒警報発令中の
アルマくん

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第662章-ブログ記念日



2012年の10月13日、
つまり、2年前の今日、
マミィは、
ブログを始めた。



今日は
2回目の記念日だ。



ブログのことなんて、
右も左もわからず、

作り方だけでなく、
コメントの返事の仕方も知らず、
ブログのマナーもわからず、

文字通りに、
右往左往しながら、

今日まで続けてきた。






黙々と…
黙々と
 庭の冬じたくをする
 おじーちゃん







続けてはきたけど、
新しい技術や知識が
身についたわけではないから、

2年続けてきても、
超初心者のままだ。



いつか、進歩する時が
くるのかな?



ほくは、それは、
望み薄だと見てるんだ。



マミィは忙しすぎてさ。






雪虫
雪虫が飛び始めた





今日のアルマくん地方は、
どんよりお天気。



台風が 本州を
また縦断しているようで、
大荒れの地方もあるらしい。






…と言っても、白いわけじゃない
名前はきれいだけど、
 ホントは黒っぽい羽虫
 
 アブラムシの一種なんだって








この、どんよりの中、
マユチャンとダディは

用事で
旭川に出かけた。

(遊びではない)



マミィとぼくは、
お留守番。



朝のお散歩の時、
ちっちゃい虫が
ワーンと飛び交っているのに、
何度も遭遇したよ。



ぼくは低い位置だから、
あんまり感じないんだけど、
マミィは
ずいぶん不快に思ったみたいだ。



で、
帰ってきて、気づいた。



「雪虫だ~!」



アルマくんの住む札幌に、

「そろそろ雪が降りますよ」
という、

お知らせなんだよ。






残念ながら、お留守番なのさ
残念ながら
 きょーは お留守番なのさ








そうそう、
マミィのめまいは
この間の地震の後、

少し落ち着いたので、
もうしばらく、
大きな地震は ないかもしれない。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 家族になっていく



-ごくうがやって来た! (7) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年3月2日(金)
 


夕べから、
夫は、寝室に寝ております。



夜中、2時半頃、
リビングのケージを見に行ったら、
トイレシートには、
何も してありませんでした。



朝、起きた時に見たら、
トイレシートの右端、左端に
オシッコがしてあり、

(はっきり、
 ああ、2回したんだな…と、わかる)

真ん中にウンチが二つ、
きれいにしてありました。



案外、几帳面なんだな
…と思います。



昨日の夜の
中学1年生のレッスンの時に、
わんこ好きな女の子たち (5人) に、
ごくうを 見せてあげました。



初めて会う人たちに
緊張している様子で、

そーか、
既に ごくうにとって
わが家の4人は、
もう しっかりと、家族で、

それ以外の人には、
人見知りするんだな
…と、気づきました。






寝相の悪いごくう
寝相の悪い ごくう







まだ
3回目のワクチンが終わっていないので、

他の犬との接触や、
他の犬の
排泄物が残っている心配のある道は
歩けないんだけど、

庭には出してもいいと、
昨日言われたので、

後で、お天気が良ければ、
15分ほど、
庭を
歩かせてあげようと思います。



今日は、最高気温0℃だから、
そんなに暖かくないし、
雪も残っているけど、

新しい世界を見るのも、
そろそろ、いいよね。





爆睡中
爆睡中







私が夕食の支度をしていたら、
ずーっと、
足下にまとわりついている。



眠いんだな…とは思ったけど、
忙しいから、
しばらくそのままにして、

全部すませてから座ったら、
膝の上に乗ってきました。



やっぱり眠かったのね。



しばらく抱いていたら、
眠ったので、
ケージの中に入れてきました。



1時間くらいしたら、
お庭デビューさせてあげよう。







よくそんな格好で
よく そんな格好で
  熟睡できるよね…






ストーブの前に座って抱いていると、
ちょうど
すずの写真何枚かと、
遺骨が見える位置になる。



また、
涙がぽろぽろと
なってしまいました。



ごくうは、すずではないけど、
いっぱい、悔いとして残っていること、
すずに十分にしてやれなかったことを、
ごくうにしてやろうと、思うてます。



1年私たちと暮らして、
その後、盲導犬として働いて、
年老いて帰ってきた時、
私たちのこと、
覚えているでしょうかね?








.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*




アルマくんによる
  トイレトレーニング講座




トイレトレーニング、

マミィは、
すずばあちゃんの時にも、
ごくうさんの時にも、
苦労したんだけど、

ぼくの時には、
わりとすんなりいった。



もしも、皆さんの中で
今、
苦労されている方がおられたら、

この方法がいいですよ。



まず、部屋の中の
「ここをトイレにしたい」
と、思う場所、何カ所かに
トイレシートを敷きます。



よく観察して、
排泄したそうな様子をしたら、
そこに連れていきます。



もし、そこにしたら
うんと褒めてあげ、

それ以外の所にした時には、
そこにも
シートを敷いておきます。



最初は、部屋中が
シートだらけになるかもしれませんが、

大体、
好んでする場所があるので、

だんだん定まってきたら、
使わない場所のシートは
片付けていきます。



それでトイレが決まり、
トレーニング、完了です。



ぼくの場合は、
部屋中がシートだらけになることもなく、
2,3日で、
2カ所くらいに定まり、
ほとんど、粗相はなかったです。



ま、たまーに、
とんでもない所にしたけど、
それは、
ご愛敬ということで…

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- 切り換え

-ごくうがやって来た! (6) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年2月29日(水)
 




クリーニング屋さんが来て
応対している間に、
ウンチとシッコをしよった…

タイミング悪い!



でも、一つ発見!



掃除機をかけている時に、
しばらく
掃除機の後を
追いかけていたのですが、

突然に
ケージに走っていったので、

「あら、掃除機、
 やっぱり 怖かったのかしら?」

と、思ったら、

奥に敷いているペットシートに
オシッコしてました。



午後にも1回、たたたっと、
ケージの中に駆けていって、

オシッコをしている姿を
目撃しました。



その時には、
ウンチも そこにしてありました。



少しでも汚れていると、
シートにはしません。



新しく替えると、する…
ということが、わかりました。



今日は、さらに
リビングの隅に敷いているシートにも
2回、オシッコをしました。



ま、それ以外は、
まだまだ
勝手な所にしてるんですが…。



さぁ~、これから
どうやって躾けていくか…



ホント、難しいです。






ここがお気に入りの場所
ここが
 お気に入りの場所








疲れ切ってて、
お風呂で2回も、眠りこけてしまったので、
長湯になってしまいました。



今日こそは、12時前に寝るわ。



レッスン中から疲れていたけど、
終わってから
鏡に映った自分の顔を見て、

ホント、
疲労困憊しているわ…と、思うた。



すんごい
おばーさんになっとる。







まったり
この中にすっぽりと
 おさまっていることが 多い









2012年3月1日(木)



家族みんなが
「すず」 と
呼びそうになる。



私も、
「すず」 と、言いそうになり、
一瞬、間を置いてから、
「ごくう」 と、口に出す。



呼ぶ前に、一瞬とはいえ、
頭の中で
切り換える時間が
必要です。



それが
10年一緒に暮らしていた
…ということ なんですねぇ。



ひとつひとつの仕草を見ていると、
体の
大きい小さいの違いはあっても、

伸びをする、あくびをする、
歩く、遊ぶ、座る…

すずに、よく似ています。



色は違うけど、ラブだしね。



すずは、もっと
おっとりしていましたが…





気品を感じる
何かしら、気品を感じる
 (親ばか…)







o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*



アルマくんから…




この数日、
マミィのめまいがひどくて、
 
今朝 (10月11日です)、

「地震でもあるのかなぁ」

マミィが言っていたら、
 
お昼少し前に、
ホントに、地震がありました。


アルマくん地方は
さほど揺れてませんが、

TVをつけたら、
東北では
震度4だったそうです。



マミィのこの、
めまいの具合からすると、

もっと
大きい地震がくるかもしれません。

(場所は、わかりませんが)



皆さん、
気をつけてくださいね。



アルマくんから、
マミィの
あまりアテにならない
地震情報を
お伝えしました…

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- トイレトレーニング

-ごくうがやって来た! (5) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年2月29日(水)
 


生活のリズムが、
つかめないでいます。



ごくうが静かに寝ている間に
用事を済ませてしまおう
…と思うんだけど、

電話が鳴り、インターホンも鳴る。



いつ起きるかも、わからない。



用事をしている時に、
時々、そーっとドアを開けて、
様子を確認していますが、
レッスン中は、どうにもならない。



昨日は、
幼児クラスを終えて、
次のクラスの始まる前に
見に行ったら、

ケージの中でウンチをしていて、
手足が少し汚れていました。

かわいそうなことをしました…



まだ
トイレの躾けができていないので、
どこにでも、する。



この躾けが何とかなれば、
だいぶラクになります。



その次は、
いろんな物を
かじらないようにする躾け。

( これは闘いだな…。
 すずの囓りはひどくて、
 わが家の文明、崩壊しましたから )



ま、いずれにしても、
まずは、トイレトレーニング。



最低限、
これだけは、何とかしなければ。







お休み中
お休み中




 



説明書に、
パピーが来てからの
最初の1週間は、

「夜、
 様子のわかる、近くに寝るとよい」

というようなことが書かれていて、
夫は、
リビングのケージの横に
布団を敷いて寝ています。



今朝
「睡眠不足だ」

…と言いながら、
仕事に出かけて行きました。



2時くらいと、
4時か5時くらい(?)に、
起きているみたいです。



それでも、今朝、
ケージの中を見たら、
トイレシートが濡れていたから、

「別に
 起きなくてもいいんじゃないかなぁ」
と言ったら、

「ウンチまみれになったら
 いやだから」。



ごくうが来た日の夕方、
訓練士さんから電話があり、
様子を聞かれました。



他のお家では、早々から
ウンチまみれになったり、
あれこれ大変だったらしく、

ウチは、
まだ、そういうことがなくて、

「さすが、
 前に犬を飼われていた経験ですね」

みたいな事を言われ、
プライドがうずいたようです。



「不安で淋しいだろうから、
 そばに誰かいたほうがいい」

…と、
私が言ったときには、

「別にいいんじゃないか、
 放っておいても」

って、
言っていたのですから。



初日は、私がそこに
寝ようと思ったんですけどね。



さすが、訓練士さん、
犬だけでなく、
人の操縦も、お上手だわ。






ごくうちゃん
お目覚めですか?


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第661章-怪奇現象

仕事を終えたマミィが
リビングに入っていくと、

「怖い~ 怖い~」
と、
マユチャンが言う。



「私がご飯を食べていたら、
 洗濯物が
バサッて 落ちてきたんだよね」



洗濯物が落ちたごときで、
何が怖いんだか?

と、マミィが思っていると、



「それごと、垂直に落ちてきたんだよ。
 
 揺れて落ちるのなら、
 少し、ナナメ 向こうに落ちるじゃん。
 
 揺れたわけでも何でもなく、
 突然なんだよ。

 アルマも、そこで静かに寝てたから、
 落ちてきたとき、呆然と見てたよ」。






これこれ… ここに
これこれ、ここに
 洗濯物がどっさり干してあって、
 ハンガーごと、ばさっと…







「ふ~ん」
と、
マミィが検証してみる。



これは吊ってあるのではなく、
掛けてあるもの。



つまり、
外すためには、
いったん上にあげなければ、
はずれない。



確かに、これが
垂直に落ちてくるのは、おかしい。



しかも、
外すために一旦上にあげると、
横の木の所にぶつかるから、

スッと、
外れるようなものではないし、
まっすぐに落ちるはずも、ない。


しかも、洗濯物で
かなりの重さだったはずだから、
簡単に
上に浮いたりするわけも、ない。







いったん上にはずして上げても
いったん上にあげて外しても
 木の所にぶつかる







その検証の結果、
ますますマユチャンは、怖くなり、

「ひぇ~、ひぇ~」
と、言い続けた。







ふぅぅぅぅ~ん なるほどぉ
ふぅぅぅぅ~ん、
  なぁるほどぉぉぉ









昨日は、
トイレのお掃除を終えたマミィが、

1~2時間してから
トイレに入ろうと、
ドアを開けようとすると、

中から鍵がかかっていて、
開かなかった。



それまでの間、
家にいたのは、
マミィとぼくだけだ。



何かの拍子に鍵がかかってしまうほど
簡単なものではない。



夕べ、この話を
マミィから聞いたマユチャン、
ますます怖くなって、

「トイレに行けないじゃーん」。







中から鍵が…
中から鍵が…








以前、
マユチャンの部屋に
誰かが入って行ったので、

あーちゃんでも来たのかと
思ったマミィ、

部屋の奥を覗いて

「あれ?
 今、誰か入って行ったよねぇ」
と、探していると、

「え?
 誰も来てないよ。

 やめてよぉぉぉぉ
 怖いじゃ~ん…」


と、マユチャンは、
泣き声を出していた。






それは不思議だねぇ
それは不思議 だねぇ







最近、ちょっと
不思議現象が ありすぎ?



いやいやいや…、
と、マミィが首を振る。



「はい」 と、
返事をしておきながら、

あとで、
「知らない、聞いてない」 と言ったり、

大切なスケジュールを
マミィに伝えず、
どんどん忘れてしまうダディのほうが

ずーっと 怪奇現象だよ
 …って。







あっ、まみぃ、こんなものがっ!
あっ、マミィっ! こんなものが
 マミィのお布団にっ!!
 これも怪奇現象かなぁ?

 
 お前が持ってきたんだろーがっ!!


 …怒られた…
 



=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第660章-お家の子記念日

10月8日は、
ぼくが初めて、このお家に来た日だ。



今日は、2回めの記念日。



そう、早いもので、
ぼくがここの家族になって、
もう2年が経ったんだ。









ロープが大きく見える
ロープが大きく見える







マミィにとっては、
怒濤の2年だったのだそうだ。







小さかったね
小さかったね








やさしくて、おっとりした
すずばあちゃんや、
陽気で繊細なごくうさんと違って、

超ワンパクで、
ワルなアルマくんとの
この2年間は、

どうも、
マミィの、荒い気性を
引き出したらしく、

最近マミィは、
よく怒る。







カキカキする時の変顔は
カキカキする時の変顔は
 今も同じだよ







いや、
怒りっぽくなったのは、
脳の老化現象なのではないかと、
ぼくは、思うんだけどさ。






ワルの風格
ちっちゃくても
 ワルの風格







時々はしおらしく
そして、時々…
 しおらしく…
 いつもワルじゃ、嫌われるからね








相変わらずのワル
相変わらずの
 ワルでゴザイマス










=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第659章- 高齢犬



お散歩をしていると、
ゆるりゆるりと歩いている

かなりなお年なのだろうと思われる
わんこさんたちに出会う。



ラブ、ゴールデン、ハスキー、テリア 
…と、犬種は様々だ。






転がす遊び 復活
転がす遊び 復活







昨日は、ヨタッ ヨタッ と、
おぼつかない足どりで歩く
柴犬さんだった。



ずいぶん痩せていて、
あばらが浮き出ていた。



もしかしたら、
もう、あんまり
ご飯が食べられないのかもしれない
…と、
すずばあちゃんを思い出し、
マミィの心がキリキリとした。





口に何かくわえて、それで
口に何かくわえて
 それでボールを転がす遊び






でも、すずばあちゃんは、
何週間も食べず、飲まずで
へろへろだったはずなのに、

大好きなお散歩のときの足どりは
しっかりしたものだった。



亡くなる前日まで、
お散歩していた。





アルマくん式ホッケーね
アルマくん的 ホッケーだよ






マミィがが見かける
高齢犬を連れている
飼い主さんは、

高齢な感じの
オジイちゃんであることが多い。



飼い主さんも同じように、
そーっとそーっと歩くような年齢。






そうやって部屋中を駆け回る
そうやって、部屋中を
 たかたかと 駆け回る







これから10年後、
ぼくが年老いて、
虹の橋のたもとに行ったら、

マミィもダディも
わんこを飼うのは
もう、無理だろうな。



いや、その時にはまだ、
いつも見かける
オジイチャンたちほどの年齢ではないだろうけど、

今から10年後から
さらに10年余の月日、
わんこを散歩させるのは
無理だろうから。






時々
時々






ぼくに弟妹を…とは、
考えているみたいだけど、
あんまり先のことになってしまうと、
無理だよね。



最後まで責任もって
わんこを育てられる年齢には、
限りがある。






外の様子をうかがいつつ
外の様子を観察しつつ
 黙々と転がす、アルマくん

 涼しくなって、
 動きが軽くなりました


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第658章-オーソドックスなウンチポーズ

今日も、どんよりお天気。



またも大きな台風が
日本列島を駆け抜けている最中のようで、

大きな被害が
なければいいなぁ。






寒くなってきた
寒くなってきたし
 ぐずぐずした天気ばかりだし
 もうダメかなぁ と思ったけど、
 イチゴ、赤くなったよ







昨日の話の続きだけど、
マミィは、

毎日、傷つき、
結婚生活に疲弊している
妻たちの気持ちに

夫族が気づいてくれることを、
心から願っている。






ほかのも赤くなってくれるかな
寒さにめげずに
 ほかのも
 食べられるように育つといいな








それは、
そんなに大きなことじゃなくて、

たとえば、
「大丈夫?」 と、 ひと声をかけるとか、
「ありがとう」 と、 感謝するとか、

小さなことなんだろうけどね。



1回の一言で、きっと、
3年は長続きするはずだし、

1回、しっかり耳を傾けて
だまって話を聴けば、

(それに対して、 意見を言わず…)

それだけで、
確実に、あと5年は
平和に暮らせるのではないかなぁ
…と、マミィは思っている。






すまんね
うおっすっ!








ところで、マミィは、
ぼくの落ち着きのなさに

毎日のように、
あきれかえる。



お散歩の時、
ぼくは、男の子だから、
片足をあげて、
チーッとするんだけど、
そのチーッの時に、

片足をあげたまま、
お尻からポロポロッと、
ウンチを排出する。

(露骨な表現で、すみません…)



今はもう、
マミィも慣れたけど、
最初は
「なにーっ?!」
と、お目々、まん丸。






でへへへぇ
でへへへぇ







よっぽど我慢していたのか…
と、思ったんだけど、

これが、
毎度毎度となると、
そういう問題ではないらしい
と、わかってきた。








このお家に来た次の日
オーソドックスなウンチスタイル 
  これは、このお家に来た次の日
 






フツーのウンチスタイルの時にも、
じっとしていなくて、

その格好のまま歩くから、
地面に点々と、
ウンチが連なっていく。



「やめてよ~」
と、 いつも
マミィに怒られるんだけど、

何だか、焦ってしまう、
アルマくんなのさ。







……
……






夜も、
マミィのお布団に入りたくて、
マミィを起こし、

せっかく入れてもらっても、
2分とじっとしていなくて、
すぐに出る。



そして、しばらくすると、
また起こしに行く。

毎晩、そんなだから、
マミィは、すっかり
慢性睡眠不足状態。



すずばあちゃんや ごくうさんは、
寝ているマミィを起こすなんてこと、
絶対にしなかったし、

そっとお布団に入ってきて、
朝まで静かにしていた。



この家に来たとき、
ぼくは、すぐに
「オイデ」 「スワレ」 「マテ」
を 習得したはずなんだけど、






すく゜に覚えたスワレ
数回の練習で、
 その日のうちに習得した 『スワレ』







「マテ」 が
今でも、維持できない。



ご飯だけは
「よし」 って言われるまで
待ってるけど、

「マテ」 って言われても、
3秒と待っていられずに
立ち上がってしまう。



「何で、お前は、
 そんなに落ち着かんの~?!」

と、マミィが
悲鳴にも似た声を上げる。






アルマくんですしぃ
アルマくんですから~

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第657章-離婚


ゆりたんの住んでいるダラスは暑いから、
デング熱、大丈夫なのかなぁと
マミィが心配していたら、

ゆりたんから メールが来た。

アメリカで 初のエボラ熱が
ダラスで出て、

それが、
ゆりたんの住む家の
10分ほどの所なんだとか。



いやいや、もはや
遠いアフリカのことでは
なくなってしまった。



地球は狭くなった。
怖いね。






夫婦マウス
夫婦(めおと)マウス?
 そんなものないか…

  マミィのマウスのケーブルが切れかかっていて
  「こんなの、よく 今まで使えてたね」
  とダディに言われたマミィ、

  「へっ? 気がつかなかった」
  と、あわてて
  新しい物を買いに走った。

  ダディのは何でもなかったのに、
  便乗なんだよ。








さて、
マミィが読んでいる新聞の
土曜日版には
『悩み相談コーナー』 がある。



先週は
「私は不倫をしています」
という
40代の女性からの相談で、

回答者は、それに対して
「やめなさい」 とは言わず、

むしろ、
「やめなくていい」 
みたいな答え方で、

マミィは、
ちょっとびっくりしたのだけど、

今回は、
60歳の女性で

「がんを煩い闘病中ですが、
 夫は
 自分勝手な生活をしているので、
 半年間の約束で、別居しています。
 
 私が大病をしても、
 いたわりの言葉もなく、
 家事も手伝わず、
 週末には泥酔状態になるまで
 飲んできます。
 
 こんな生活では
 ストレスで、がんが再発します。
 離婚しても経済的には
 どうにか生活できますので、
 離婚したいのですが…」

と、大体、
そんなような内容だった。







マミィのマウス
マミィのマウス







回答者は、男性経済学者。



「あなたが怒るのも当然ですが、
 離婚すれば、
 これまで夫を支えてきた
 無償の行為が
 無に帰してしまいます」

というようなことを
仰っていた。



マミィは、
物事をバサッバサッ と
切って捨ててしまうところが
あったりするので、

「ストレスをためて、
 病気が悪化するよりも、
 離婚した方がいいでしょ、

 今までの無償の行為?

 そんなもの、
 無に帰してもいいんじゃないの?

 そんな過去のことより、
 今と
 これからの方が、大切でしょ」

…と、思ってしまった。






カワイイでしょ?
カワイイでしょ?
 ワイヤレスなんだよ







この女性の迷いは

「私は離婚したいのですが、
 離婚すると、
 夫が崩れてしまう」

というところに、あるらしい。


マミィは、
ダディと結婚する時、

「そばにいてあげないと、
 可哀想かもしれない」

と、思ったけど、
長年一緒に暮らしてみて、

「私でなくても、
 誰でもよかったんじゃない?
 うまくダマされたな」

と、思うことがあるから、

ここのご家庭も、
奥さまの望む通りにして、
大丈夫なんじゃないかな…
と、
思っちゃったりする。



いとも大雑把な
マミィの結論だよね。



実は、
マミィのお兄ちゃんは
離婚経験者。


本当のところは、
その夫婦にしか、わからないから、
何とも言えないけれど、

病気を悪化させるほどの苦痛に
耐える必要は ないのでは?
…と、
再び思う、マミィだった。



結婚って、
一方だけが、ひたすら
忍耐するようなものじゃ
ないはずだし。



但し、ここには
『夫の言い分』 は
ないので、

妻側の
一方的な相談からしか
状況は
見えていないのだけどね。







のび~
のび~
 最近、雨続きで
 体がなまってるかなぁ








でも、この相談者、
きっと
離婚はしないだろうなぁ
…と、マミィは思う。



離婚したくないから、
相談したんだよ、きっと…
って。



本当の問題は、

夫が自分を大切にしない…
こんな大病をわずらっても
気遣いがない。

つまりは、
自分は愛されていないのだ

…ということなのではないかな、
と、マミィは感じた。



彼女には、
自分の存在価値が
見えない。



自分が存在する意味が
結婚生活に
見いだせないのだ。



そういう
心の痛みから解放されたい
というのが、
本当のところなんだろうな…

…と、
そして…きっと

日本中の至る所に、
そんな痛みを持つ妻たちが
あふれているんだろうなぁ…

と、
ため息をついた。



もちろん、それは
マミィにとっても
まったくの他人事じゃなくて…



『夫』 という異星人と
一緒に生きていくのは、

とっても
大変なことなんだってさ。










=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-番外編- インタビュー

-ごくうがやって来た! (4) - 



<番外編では、引き続き、
 盲導犬パピーの、ごくうさんとの日々を
 マミィが当時、お友達に送ったメールから、
 まとめていきます。

 まだまだ、すずばあちゃん亡き後の
 ペットロスの日々が続きます。

 悲しみの日々を送っている方の
 何かのお役に立てれば…と願っています。>





2012年2月27日(月)
 


夫が、毎日新聞のサイト(北海道版)に、
昨日のインタビューが載っていると言い、
見せてくれました。

(私は、こんなこたー、
 すっかり忘れていました)



『●●●介さん(49)は、前の犬と死別し、
 パピーウォーカーなら
 希望を持って送り出してやれる、
 明るい別れだと思ってと、話していました」

…みたいなことが、
書かれていました。



夫が新しい犬を飼いたいと言ったとき、

「もう死なれるのはたくさん。

 パピーウォーカーなら死別ではないから、
 頑張ってくるんだよって、
 
 希望を持って、
 明るい気持ちで送り出せる」

と言ったのは、私。



「1年で別れるのは辛いじゃん」
との言葉に、

「『どこかで頑張っている』
 というのは、
『死』 という別れとは、全然違う」

と応えました。



夫は、自分の犬を持ちたい
…という願いが強かったのですが、

私の気持ちに、
とりあえず、
折れてくれた形ですかね。



とにかく、
パピーウォーカーをしてみて、
次に、
自分たちの犬を飼えばいいじゃん

…と、私は、言いました。



本当は、もう、
自分の犬はいいわ
…と思ってるんだけど、

この部分は、私の譲歩ですね。







ママ代わりのぬいぐるみ
ごくうと ぬいぐるみママ
 どっちがどっちだか…









2012年2月28日(火)
 


まぁ…、
ごくうは、
すずの比ではない、甘えん坊だわ。



ストーブの前で丸くなっているので、
そのまま寝てくれるのかと思ったら、

きゅんきゅん言いながら
膝の上に乗ってきて、
膝の上で
そのまま寝るんです。



…で、
熟睡しているようなので、
そーっとそーっと
毛布の上に置くと、起きてしまう。



昔、わが子にも、
同じようなことを
していたような気がする。



さっき、さんざん遊んでやって、
その後、膝の上で寝たので、
そーっと
毛布の上に置いてきた。



今度は疲れているから、
熟睡している様子。



レッスンの準備をしている時、
一人で置いておけないので、

教室に一緒に連れて行ったら、
ちょっと目を話したスキに、
ストーブのコードをかじりよって、

危うく、
使えなくなってしまうところでしたよ。







超甘えん坊のごくう
超、超 甘えん坊









o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*





CM  どこに行っても苛められる少年の正体とは…


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第656章-飛蚊症?


「ありゃ?」
と、
ぼくとのお散歩中に
マミィが 声をあげた。



「ん? ん?
 何か、変」



マミィの目の端々に
黒い物が飛ぶ。



あっちに こっちに
動く。





アルマくんって…
アルマくんって





「これって、
 飛蚊症ってヤツかな?」
と、

目をキュッキュッと
右左、上下…と、
動かしてみる。



やっぱり
黒い物がいる。





台所に来ると
台所に来ると







でも、何やら、
背筋がゾワゾワする。



メガネを外してみた。



そしたら…
メガネの端っこを
小さな
蟻んこが歩いていた。



「なぁぁあ~んだ…」

マミィは、
蟻さんを、ふっと
息で吹き飛ばして (ヒドイなぁ)

「あ~、びっくりした」
と、

何事もなかったかのように、
歩き始めた。






いい子っぽいよね
いい子っぽいよね






マミィは目が大きいから、
メガネをかけていないときには、

虫が、直接、
目の中に
飛び込んできたりすることもある。



大きいっていうのも、
ちょっと不便だね。



それに、最近
やっぱり、ちょっと
飛蚊症っぽくは、あるらしいんだよね。






そりゃあね…
そりゃあね…
 食べ物がかかってますから~







さてさて、
アルマくんの札幌地方、
この2、3日、日が当たらない。



だから、寒くて、
朝晩は、もう
ストーブのお世話になっている。



ぼくも、朝、
お布団に
しがみついているんだ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第655章-共鳴



どこかで誰かが
悲しんでいる。



どこかで
誰かの心が痛んでいる。






夏になる前に
夏になる前に
 いくつか食べたイチゴ
 もう、季節が終わったのかと思っていたら
 また花が咲いたから
 実がなるかな






あちらこちらから
きしむ心の音や、

苦しみの悲鳴が聞こえてくる。



「あ、マズイかも…」
と、
マミィがつぶやく。



そういう 呻きに
マミィの心が共鳴してしまって、

ずっしりと、
マミィにのしかかる。





春先に
春が来る前に
 バッツリ切られてしまった
 庭の栗の木
 不思議なモニュメントみたいな、
 哀れな姿になってたけど、
 わさわさと葉っぱが…

 またいつか、
 実がなるかもしれないね







悲しんでいる人の心が
慰められますように。



苦しんでいる人に
安らぎが訪れますように。



マミィには
祈ることしか、できない。





数日間降り続いた雨
何日も降り続いていた雨
 でも…
 止まない雨は ない








*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*…*★*…*☆*




心が重い時には、楽しい動画

何度見ても、カワイイ



=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

67位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示