04
14
16
18
20
22
24
25
27
29
   

-第542章-渡米



いよいよ
ゆりたんが
アメリカに発つ日が来た。



これから
最低1年は、
帰って来ない。

長ければ、
延長もあり…だ。





搭乗手続きに
搭乗手続きに
 向かいます






でも、
あんまり長くなると、

「結婚が…」
「行き遅れるかも…」

と、
マミィは
それが、
ちょっぴり気がかり。



便利だよね
今は
 便利だよねって
 マミィが言う







ここ半月ほど、
ゆりたんは

いろいろな
お友達と会っていた。



保育科の時の
同級生たち。



もと保育園の
保育士のお仲間たち。



学生時代の、
アルバイト先での
同じ年のお友達。

そのお友達は、
しばらく
イギリスに留学していて、

今は、
ホテルで働いているけど、

また、
イギリスに留学したいので、

一生懸命に
お金を
ためているのだそうだ。



保育士仲間の一人も
最近、
オーストラリア留学に
出発したそうだ。



ゆりたんのカレシは
来年早々に、

ハワイの大学に
留学することが
決まっている。



マミィの甥っこも
1年間
イギリスの大学に
留学していたし、


姪っこの一人は
フランス人と結婚して、

日本に住んだり、
フランスに住んだり
している。



マミィの若い頃に比べたら、
世界は、
ものすごく
小さくなっているように、
感じる。





これから1年の
これから1年
 お別れですよ~






でも、
マミィが
CNNのニュースを
聴いたりすると、

日本で流されている
ニュースって、

本当に
ごくごく限られた国々の
話題ばかりだと
気づくんだって。





荷物、重そ
荷物、重そ





若者が
もっと広く
世界に出て行って

世界というものが
日本とアメリカと
ヨーロッパのごく一部の国々で
成り立っているわけでは
ないことを、

知るのは
いいことだと、

マミィは思う。





じゃーねー
じゃーねー





マミィも
もっと
いろんなことを知りたいし、

いろんなことを
学びたい。



これに、
年齢は
関係ないよね。



…ということで、
ゆりたんは

今朝11時20分発の
成田行きの飛行機に
乗り込んだ。



成田で、
また
お友達に会って、

それから、
テキサス州ダラスに向かう。



途中、
カナダで乗り換えるので、

そこで
超方向音痴のゆりたんが
迷わないかな…と、

マミィは、
それだけが

えらく
心配のご様子。





じゃあなっ
「じゃあなっ!
         アルマくん」 
って言われたよ
 
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第541章-七色の毒





今日の
アルマくんの札幌地方、
風が冷たいです。





すっかり雪の溶けた公園
雪の
 見当たらない公園






1週間ほど前、
ゆりたんが
近くの温泉に行った時、

けっこうな年齢の女性が
入ってきて、

お風呂の中なのに、
ばっちり
化粧もしていたそうな。





ついこの間まで
ついこの間まで
 ここが
 大きな雪の山だったなんて
 信じられないね






「若い頃は
 きれいだったかも…」


と思っていると、

湯の中で
本を読み始めた。


「え?
 湯の中で本?」

しかも、
シールのようなものが
貼ってあるから、

図書館で借りたものでは
ないだろうか?






開放感!
開放感!






「びしょびしょに
  なるよねぇ?」

「よれよれに
  なるよねぇ?」



…と、案の定、

びちゃっ と、
湯の中に
本を落とす。


「あっ」

と、
オバちゃん。






風に耳が
きょーも
 風に
 耳がハタハタと
 なびきます



 

その時に、
本の題名が
ゆりたんの目に入った。


『七色の毒』。




いつ開くのかな?
いつ
 開くのかなぁ?
 もだまだ硬そうだよね








「ど…
 毒って …
 風貌に似合いすぎる!」



それから、
ゆりたんは、
一人、心の中で

「どんな毒なんだー?!」

と、
盛り上がってしまった
らしい。





雪の中に隠れていた
いろんなニオイが
 雪の中で
 眠っていたんだね





その後、
お風呂から出て、

お友達と
スマホで必死に検索

「七色の毒、七色の毒。
 どんな本なの?」




…で、結局、
ミステリーだったらしいよ。





初夏の香り?
んっ?
 初夏の香り?





ユニークな
温泉の楽しみ方だね。


いや、
おばちゃんが… ではなく、

ゆりたんと
お友達のこと。


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第540章- 食いしん坊


札幌には、春がない。

毎年、マミィは
そう思う。



ゆっくり、少しずつ
季節が移ろうのではなく、

はっきり、きっぱりと
季節が変わってしまう。


そういう
季節の自己主張に

マミィは
感心してしまう。



雪が溶けたな、と思うと、
もう、
初夏の気候なんだって。





雪、すっかり溶けました
雪、
 すっかり溶けました






ちらほらと
花が顔を出し始めた。



札幌では、
すべてが一斉に、

ポンポンポンと
花開いていく。



「おおお~!」

と、
目を見張るような

見事な
景色の変化だ。





緑が濃くなってきた
緑が 
濃くなってきた





この1週間、
めずらしいことに

雨も雪も
降らなかった。



日照時間の少ない
北海道では

めずらしいことだと、
マミィは思う。





雪に埋もれていた遊具も
雪に
 埋もれていた遊具も
 しっかり姿をみせている





「おっ、
 つくしんぼ だぁ~」


と、
道ばたの つくしを
見つけたマミィは

えらく、
うれしそう。




札幌って
道路の雪は
 すっかり溶けたけど
 公園の中は
 時々
 残っている所もある






わおっ!
わおっ!






わざわざ
わざわざ
 雪の上を歩く






昔から、
つくしんぼを見ると、
マミィは

「春が来たっ」

と、
思うらしいんだ。



札幌の場合、
ほとんど春はないから、

ここに来てからは、
まぁ、

冬の終わりを感じる
ってことかな。





名残惜しいデス
名残惜しいデス





暑いの苦手だし
暑いの
 苦手だし







ちっちゃかった頃に、

「つくしのおひたしって
 おいしいんだゾ」

と、
お父さんに
教えられたマミィ、

ある日、
外から戻り、

手を広げて
言ったそうだ。



「これ、
 おひたしにして」



手の中には
つくしが1本!



しかも、
長い時間、

しっかりと
握りしめられていたから、

しおしお…。





道ばたのつくしたち
道ばたの
 つくしさんたち






「この1本を
 どうやって
 おひたしにするんだぁ」


と、
おとうさんもおかあさんも、

すっかり
困ってしまったけど、

マミィは
「作ってぇ~」

と、
食い下がって、

てこずらせたらしい。



もちろん、
これは
おとうさんから聞いた話で、

マミィ自身は
何も覚えていない。



食いしん坊も、
ここまできたら

大したものだよね。





春ですね
…ということで、
 札幌の長~い冬が
 終わりました

 つくしさんたち、
 マミィの視線に

 心なしか、
 おびえているように
 見えます

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第539章-嘔吐(ロープ編)


朝、
キッチンのテーブルの下で

オエッオエッ と、

ぼくが
吐き気をもよおしていると、

「何を吐いているのっ?!」

と、
マミィが慌てて
走ってきた。



吐いた時に
すぐに片付けないと、

ぼくがまた
食べてしまうから。



オェェェッ と、
ぼくが吐き出すと、

それを見て、
マミィが

目を
まん丸くした。




「何じゃ?
  これっ!」



何で、
こんなモノが…

と、
マミィ、絶句。



緑色の
10cm以上もある
ロープが

床の上に
ゴロンと

横たわっていた。




ぼくの
お気に入りのオモチャ

… の一部。






そう…、これが
そう…
 このお気に入り





ハグハグしているうちに
呑み込んじゃったんだ。



「いつの間に、
 こんなことを…」



マミィ、真っ青。





こんなだったんだよね
もともとは
 こんなだったんだよね





知っていれば、
早めに
対処できるけど、

知らないうちに
こんなことになっていると、
どうにもならん。



命にかかわるのに、
 … だと。







この先っぽ
囓り取られた
 残骸部分



ぼくは、
また

マミィの信用を
失ったみたい。

まじ、やばいっ
    … デス。




深ーく反省…
深~く反省
  … しているワケが
  ありません

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第538章-それぞれの…

クリスマスの頃、
ゆりたんが

「切り絵やってみたいから
 切り絵の本が欲しい」
と言い、

マミィは
クリスマスプレゼントに、
切り絵の本を、
数冊買った。



けっこう
お高かったって
マミィが言ってた。



今月末に渡米するので、
15日に
仕事を辞めたゆりたん、

少し時間ができて、
切り絵にとりかかった。



これが記念すべき、
作品第1号。






切り絵ff
葉っぱと鳥は
 1時間ほど、
花と蝶は7時間も
 かかったそうだ。
 
 専用のカッターを使えば
 やりやすいのだろうけど、
 それは何万もするとかで

 ゆりたんは
 いつも使っている
 100均のカッターを使い

 腱鞘炎になりそう…と、
 ひーこら言っていた…






昨日の日曜日、
教会で
歌を歌うことになっていた
3姉妹、

歌いたい歌の
楽譜がなかったので、

あーちゃんが
CDを聴いて、採譜した。

アルト、メゾソプラノ、ソプラノの
3パートと伴奏部分の
全部を譜面に起こして

全部で、13ページ分。




聞いた曲を
音符に起こすのは、

わが家では、
あーちゃんにしか、
できない。



耳のいいところは、
ダディに似たのかな。




こんな感じで
こんな感じで




13頁分
13頁分
 ♭(フラット)が6個もある





高校に入学した時、
音楽、美術、書道の中からの

選択科目に、
音楽を選んだマユチャン。



残念ながら、
音楽を
希望する生徒が多くて、

第1希望が通らず、
第2希望の
美術になってしまった。



最初から
美術を希望した生徒たちは、
さすがに上手いそうだ。



マユチャンは

書道は絶対に無理!
という理由だけで、
美術を選んでいるので、

どの作品のときにも、
四苦八苦していた。



大体いつも、評価はB。



これが1年間で
唯一の
B+(プラス) だったそうな。

漫画を描くのは、
好きなんだけどね。



マミィも、
絵は好きだよ。






はじめてのB+
はじめてのB+





先代犬たちが
したことがなくて、
ぼくが唯一すること、

それは…
豚さんの耳。





豚さんの耳
ブタさんの耳~




こんなふうになるの、
三代めにして
初めてのことなんだって。


最初、マミィは
ものすごく
めずらしがっていたよ。

さすがに
最近は慣れてしまって
驚きもしないけどさ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第537章-朗報!

「犬猫の殺処分 過去最少に」



札幌市の
2013年度の
わんこの処分数が、
初の
一ケタになったそうだ。



ネコさんの処分数も
初めて
千匹を下回ったという。



13年度に
センターで
殺処分された
わんこは8匹、

猫さんは764匹と、
いずれも
過去最少だったという。






良い
良い
 ニュースです!






収容されたわんこが
元の飼い主さんに
返還されたり、

新たな飼い主さんを
見つけたりして、

死を免れた率は
97.1% だそうだ。





ただいま
ただいま 
 ケージの中で
  くつろぎモードの
  アルマくんです





「行政だけでは
  できなかった。
 

 多くの犬猫を
  引き取ってくれた
   愛護団体や
 
 市民の力が
  大きかった」



と、
動物管理センターの
所長さんが
語っておられるとか。





時々
時々
 マミィが

 「あれっ、
  何で
  そんな所にいるの?」

 って、不思議がる






飼い犬や飼い猫を
センターに
持ち込もうとする人には

「引き取り手を
  探す努力をしたか」

などを
詳しく聞き、

できる限り
思いとどまるように
説得したそうだ。





案外
案外
 好きなんだよ
  ここに入るの

 何だか
  落ち着く


 

今後は
「センターが
 引き取ってくれないから」


遺棄するような飼い主を
出さないことが課題だと

書いてあった。



そうだよね。
『殺処分』
 されなくても、

もし、
虐待や放置が
行われるようだったら、

意味がない。



マミィとしては、
そこが
一番気にかかるところ。



一度引き受けた命、

最後まで
大切に見守って欲しいな。





もちろん
もちろん
 自由なのは
  もっと好きだよ






人の子も、
わんこも、
ネコさんも

みんな、
同じように
大切な命なんだから。



ぼくたちのこと、
最後まで
しっかりと
責任持って欲しい。



これは
ぼくたちわんこ皆の、

そして、
マミィの願いなのさ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第536章-ブレイクダンス

マユチャ~ン
マユチャ~ン









何してるの~?
何してるの~?










ヒマなんだったら
ヒマなんだったら










遊ぼ
遊ぼ










スマホ? そんなに面白いの?
スマホ?
 そんなに面白いの?











ねぇ
ねぇ










おーい!
おーい!









どぇぇぇーい!
どぇぇぇぇーい!










うりゃー
うりゃー!










見て見てー!
見て見てー!!










ちっ! 無視かい? 無駄な体力
ちっ!
 無視かいっ
 無駄な体力使うたな










たそがれるアルマくん
そして…
 たそがれる  




皆さま、
マミィのことで

いろいろ
お騒がせしまして、

スミマセン。



結局、
マミィは
当分、1日おきで

続けてみようと
思うとるみたいです。



そのうち
週2になって、

さらには
週1になるかも
しれないけど、

それでも、
ほそぼそと、

長~く
続けていこうと、

決めたみたいです。



アホで
のろまなマミィですが、

これからも
末永く

よろしく
お願いいたしますデス。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第535章- ブログ、やめるの?


マミィがブログを始めて、
もうすぐ
1年と6ヶ月になる。



ぼくが
この家に来てから、
同じ年月が
経ったということだ。



ぼくが来た時に、
マミィは
ブログを始めたんだから。





すっかり雪が溶けた
すっかり
 雪の溶けたお散歩道
 まだ、ちらほらと
 残っている所は
 あるけどね






すずばあちゃんが亡くなって、
今年の夏で3年、

ごくうさんが亡くなって、
2年になる。



すずばあちゃんと過ごした日々は
穏やかで、
なつかしい思い出になり、

いろいろと
悔いはあるけど、

心が痛むようなことは
なくなった。




まだ寒々とした
まだ
 寒々とした
  景色だけど





ごくうさんが
この家にいたのは、

ほんの
5~6ヶ月だったので、

細かいことは
だんだん
思い出せなくなっている。



でも、
やさしい
おだやかな思い出には
ならない。



「死なせてしまった」

という思いは、
痛みでしかなく、

心和む記憶は
たぐり寄せられない。



ごくうさんのことを
思い出すと、
常に
心が痛む。



そして、なぜか
春が近づくと、

ごくうさんを思い出す。





雪がないだけで
それでも
 雪がないだけで
 だいぶ違うんだよ






先代犬たちとは
まったく違う、

ワンパクなぼくと
格闘しながら、

その
ぼくとの日々を綴り、

マミィは
気持ちに整理をつけ、

前に
進もうとしてきた。



そして、
すずばあちゃんに対する
喪失感と悔いは、

ある程度
折り合いが
つきつつある。



でも、恐らく、

ごくうさんに対する
悔い、罪悪感、痛みは、

一生抱えていくもの
なんだろうな、

癒えることは
ないんだろうな、
と、

マミィは
ある程度、

覚悟を
決めている。



それは、
ごくうさんへの
償いとして、

マミィが
一生
背負っていくべきもの、
なのかもしれないし。






川にはまだ
川にはまだ
 何もいない






ぼくが来たばかりの頃には、

「なんで
 この子は
 こんなに
  噛むんだろう」

「なんで
 この子は
 こんなに
  暴れるんだろう」

「なんで
 この子は 
 こんなに
  落ち着かないんだろう」

と、
とまどうことが
多かったし、

ストレスも
たまったけど、

毎日格闘しながら、
ぼくと暮らすペースにも

今は、すっかり
慣れてしまった
みたいだ。





カモさんたち
カモさんたちは
 いつ来るのかな






3姉妹が
この春、それぞれに

新しい一歩を
踏み出すように、

マミィも、
新しい一歩を
踏み出そうとしている。



そんなこんなで、

ブログも
そろそろ
終わりにしようかな…
と、

何度も考え、

でも、
せっかくできた
ブログのお友達もいるし、

それを
全部なくしてしまうのも、
惜しいな…とか、

いまだに
迷っている。




ブログは
マミィの
ストレス解消にも
なっているから、

ペースを落として
ゆっくりと
続けて行けばいいんだよね。



「好きなときだけ
 好きなように
 書けばいいじゃん」

と、
ダディは言うんだけど、

マミィは厄介な性格で、
最初から
予定に
組み込んでおかないと、

何も
しなくなってしまいそう
なんだって。




これから
どう続けていくかは、

もう少し
考えてみようと
思っている。



まぁ、何よりも、
ぼく、
アルマくんのワンパクは
不滅ですからね!

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第534章- 今日のメニュー


☆オムライスドリア
☆オニオンスープ
☆野菜サラダ
☆ピザ(もちろん手作り)
☆イチゴケーキ







今日のケーキ
今日のケーキ
 蝶々のイメージ

 




お客様が来ることに
なっていた今日、

マミィは

できるだけ
手間を省いた料理に
しようと
思っていたんだけど、

想定以上に
手間と時間が
かかってしまったとか。




雪が溶けてきた庭
庭の雪も
 だいぶなくなった






オムライスドリアは、

ラクをしたい一心で
思いついたもので、

好評だったみたいだけど、

9人分作るのに
マミィは
かなり苦労することに
なってしまった。



手を抜こうとすると、
かえって
大変になるのは、

いつも同じだな。





なぁぁぁ~んにも
なぁぁぁぁ~んにも
 咲いてないよ





次回からは、
もっとラクにできるよう、

上手に
知恵を使おうと、
マミィは思うんだけど、

ヘタに
ラクをしようとしないで、

フツーにした方が
本当は、
いいんじゃない?



お腹は
いっぱいになったけど、

とっぷりと
疲れてしまった

今日の
マミィでした…






いい天気だぁぁぁ
いい天気だぁぁぁぁぁ
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第533章- 胸骨骨折

先週、
マミィの教室の

60代の生徒さんが
クラスをお休みした。



今週、
マスクをしていたので、

「風邪ですか?」

と尋ねると、


「ええ、風邪なんです。

 インフルエンザじゃ
 なかったです」


返ってきた。





これ
これ





 でも、
 咳がひどくて、
 
 咳をするたびに
 胸のあたりに
 激痛が走るんですよ。



 今まで、
 風邪をひいて
 咳が出ても、
 
 こんなことは
 一度もなかったので

 心配になって、
 病院で
 検査してもらったんです。





ぼくの
ぼくの
お気に入り
 壊れるたびに
 買って来てくれるから
 もう5つめくらい



 
 私、乳癌で、
 切除しているんです。



 5年経ったら、
 もう
 薬は飲まなくてもよくて、
 
 10年無事なら、
 大丈夫って
 言われてて、

 
 いま、確か
 7年目なんですよ。



 それで、
 あまりにも痛いから
 ものすごく
 不安になって、
 
 すぐ
 病院に行ったんです。





すぐれもの
なかなかの
 すぐれものなんだよ






 そしたら、
 胸骨骨折ですって。



 案外簡単に
 骨折するところ
 なんだそうですよ」。



ああ、
そう言えば、

ひどい咳をすると、
胸骨骨折
することがあるって

どこかで
聞いたことがあるかも、
と、
マミィは思った。





へっへっ
へっへっ
 誰も
 相手にしてくれなければ、
 一人でカミカミしたり、

 くわえて、
 これでボールを転がして
 一人遊びさ





この生徒さん、
リウマチの持病もある。



ある一時期は、
寝たっきりで、

本当に
どこにも
出かけられなくて、

ここまで回復するなんて、
お医者さまも
驚いておられる
…と、

いつだったか
話していた。



今も、
週に2日は
リハビリに通っている
という。





遊んでくだされー
遊んでくだされー
 と、
 甘えてみたり





今年で
マミィの教室に通い始めて

5年になる。



とても
お勉強熱心だ。



こんなふうに
いろんな物事に
前向きでいると、

病気を
乗り越えていけるんだなぁ

と、
マミィは、
改めて学んだ。





尻尾ふりふりで
尻尾ぶんぶんで
 誘ってみたり





おねだり
おねだり成功~

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第532章- 春待犬



4月も
中旬に入った

というのに…






またしても
またしても







雪が降った
二日続けて
 雪が降った






庭の雪も
お庭も
 また
 白くなってしまった




朝のお散歩中も、

吐く息が
白いんだよ。





それでも
それでも
 公園の雪は
 少しずつ
 溶けてきて
 
 遊具が
 見え始めている







これが
これが
 きょーの
 朝のお散歩の景色







強風で
強風で
 耳が
 パタパタなびきます







そんなことには
そんなことには

 おかまいなしに
 
 情報収集に
 余念のない
 アルマくんです






まだかな~
桜も
 まだ先かな







硬そうな
硬そうな
 ツボミです





そして、

マミィは、
この二、三日
めまいの
症状が出ていて


いささか
気分が悪そうデス。





 
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第531章- ダイエット!!!


3月に、

マミィの教室の
幼児・小学生クラスの
修了発表会をした後、

写真を見て、
マミィは驚いた。



何と!

自分が、
ものすごーいおデブに
なっていることに

気がついたから。



えええ~っ!?
こんな…なのぉ?


これは、
かなりの衝撃だった。



さらに
追い打ちをかけるように、

戦慄が走る!




マミィ、それ
マミィ
 それ







この間の葬儀の時、

今まで着ていた喪服が
ぴちぴちで

着られなかったのだ!



しかたなく、

今までぶかぶかだった、
別の
喪服を着てみると、

ちっとも
ぶかぶかじゃ…

…なかったんだ。





マミィは
昔から

自分の外見には
相当に
無頓着なんだけど、

こりゃ、マズイわ!
危険だわ!

と、
ようやく気づき、

ダイエットしなくちゃ…
と、
思い立ったのだった。



まぁ、いつも、

「しなくちゃ~」

とは、
思うんだけど、


危機感がないから、
続かないんだよ。





これから
だんだん
年老いてくるわけだから、

健康のためには、
ここで、しっかり、
元に戻さないと

いけないんじゃないかと、


今回は
ちょっと本気みたい。





ぼくにくれるんだよね?
ぼくに
 くれるんダヨネ?






それで、
何をするかというと、

まずは
チョコ断ち。



いつも、
冷蔵庫の中に

大量に
コレクションしている。



これを、やめる。



それから、
夜遅くに食べない。



あとは

徹底的に
咀嚼すること。



一口いれたら
200回噛む。



よく噛むと

免疫力も
向上するそうだ。



…で、
はっきり言って、

食事は
減らさないんだよね。




う~ん、
これだけで、いいのかなぁ?


…と、
ぼくとしては

心配なんだけどね。



あ、そうそう…、

一番の決め手は、
よく
眠ることだって。



睡眠不足は、
いくら食べても、

食欲中枢が

「満足デス」
の信号を

出して
くれなくなるらしいよ。



これは、
経験的に、

ものすごーく、
よく

マミィには
納得できるので、



「よく眠るゾ~!」

張り切っている。



マミィ流
睡眠ダイエットの
始まり~!!



(ねぇ、マミィ
  これって、かなり
   甘いんじゃない?)
    




おいも
アルマくんの
 お腹のお掃除用
 おイモ!


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第530章- 次男! アルマくん





4月7日は、
マユチャンの誕生日だった。



始業式の昨日、

部活のお友達から
どっさりと

プレゼントをもらって
帰ってきた。




「17歳になっちまったよ~
 信じられなーい!」



いやいや、
信じられないのは、

こちらですよー
と、

マミィは思う。




いまだに
小学生のようだねぇ
…と。




やっぱり
末っ子だから、

子どもっぽいのか。


長女のゆりたんや
次女のあーちゃんとは、

だいぶ、
違うんだって。





ぼくは 何デスカ?
ぼくは
 何デスカ?






さて、ぼくは、
この家では

何になるのかなぁ?




長男ですか?

ごくうさんがいたから、
次男なのかな?






へ? そーなの?
へっ?
 そーなの?





「このワンパクさは、
 しっかりと
 次男でしょう」

って
マミィが
言うとります。





顔からして
顔が
 次男してるし
 …って…、
 
 顔なんて、
 カンケーあるのかいっ


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第529章- ノンキな親




昨日は、
小・中学校の入学式で、

今日は
公立高校の入学式。



マユチャンは、

式で
吹奏楽部が演奏するので、

また、
朝早くに
出かけていった。



マユチャンたちの学校は、
札幌市で
1番新しい道立高校
というのと、

他の学校とは、
違って、
「進学型専門学科」

柱に据えている
ということで、

独特な形態を
とっているので、

TVの取材がよくあるし、

この間は
朝日新聞の
道内版ページの

「教育」 の特集欄に、
話が載っていた。



普通科(理数系)
国際文化科(文系)

情報システムと
流通サービス(商業系)

情報技術(工業系)

…の
5つの科がある。


一般的に

商業系や
工業系の高校に入ってしまうと、

進学がなかなか難しい
らしいんだけど、

ここの学校は、
商業系、工業系でも

国公立の大学に
行けるような
指導をしている

ということで、
注目されているようだ。

留学生も多い。





最近
最近
 ぼくが
 ストレスを
 ためてるんじゃないかと

 マミィが言って






去年は、
全部英語で授業を行う、

国際文化科のクラスが
TVで放映されたらしい。

マユチャンの科だけど、

取材されたのが
2年生だったので、
マユチャンも
知らなかったのか、

マミィは観てない。



観たという、
親戚の人から聞いて
知った。




久々の
久々に
 ガリガリをくれた






マミィは、
マユチャンが入学する前に、

そんなに
調べていたわけじゃないから、

最近になって、

「へー、
  そーなんだー」

「はぁぁぁ~、
  そーだったんだぁー」

と、
初めて知ることばかりだ。


(いーのか?
 親として、
 そんなことで…)




ぐぁり ぐぁり
ぐぁり ぐぁり




吹奏楽部も、
池田高校の
『ダンプレ』 で
有名になった先生が

去年、
赴任してきて
顧問になってから

いろいろなところから
お声がかかるみたい。



来週は、
プリンスホテルの
ご招待で、

ライブコンサートが
あるとか。


ディナーショー
らしいんだけど、

ご招待なので、

ホテルディナーに
あずかれるらしい。



豪勢だねぇ…
と、マミィ。



ぼくも、
ホテルディナー、
食べてみたい。





うーん
うーん…
 満たされますなぁ

 でも、
 ホテルのディナーも
 いいなぁ

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第528章- 初対面デス



一度に
ひとつのことしかできない
という、
とっても不便なマミィ、

実は、これが

人間関係に
悪影響を及ぼす
ことがある。



昔、会社で
お昼休みに
本を読んでいて、

そろそろ仕事かな…と、
ふっと顔を上げると、

真ん前のソファに
座っていた先輩が
憤慨している。



「え、何?」
と、
尋ねると、

「話しかけているのに、
 無視した」
と、言う。


よくよく
思い返してみると、

確かに、
読み始めの時に、
会話を
していたんだけど、

そのうちに
熱中してしまったマミィは、

何も
耳に入ってこない状態に
陥ってしまった
みたいだった。



外を歩いていて、
知り合いに出くわし、

何度も声を
かけられていても、

ぼーっとしていると、
気がつかない。



やっぱり

「無視された」
と、

思われてしまう。



ダディには

「外を歩くときには、
 いつも
 スイッチを
 ONにしておけよ」
と、
言われるけど、

意識して
ON OFF の

切り換えをしているわけでは
ないので、

マミィには
無理なんだよね。



と言うわけで、

世の中に
なじんでいくのに、

困難を感じることがある。






春から秋にかけて
春から秋にかけての季節に
 いつも
 お散歩する場所





大体、
何かをしていて、

突然に無口になったとか、
ぽーっとしている時には、

熱中してしまったか、

意識が
別世界を浮遊しているところ…

と、わかってくれると
いいんだけどね。




マミィのことを
賢いとか、
頭がいいと
思っている人が多いので、

マミィの
そういう、アホな部分って、
理解してもらえない。




「やっぱり
 私たち凡人とは
 違うわよね~」

って、
これは絶対に、
褒め言葉じゃないよね。

まぁ、
いいんだけどさ、

と、
マミィに
こだわりは
あまり、ない。



中学生くらいの時、
すでに

理解されることを
あきらめてしまった
ように思う。




まだまだ、こんな
まだまだ
 こんな感じだけど






ところで、
去年の雪祭りの時に、

マミィは
知り合いに
ハワイから来た人々の

通訳係りを
仰せつかったことがあった。



逐次通訳は
何とかなったけど、

前で話している人の内容を
ウィスパリング
しなければならないと
わかった時、

「げっ、できない!」

と、
パニックに
陥ってしまった。



マミィは
一度に一つのことしか
できないから、

話を聴くときには、
聴くことしか
できないのだ。



頭の中で
いろいろな事を
思い巡らしながら、

じーっと
聴き入っているので、

同時通訳なんて、

とんでもなく
無理な話なのだ。




あの時、
マミィのような人間には、

それなりの
特別な訓練が必要なのだと、
思い知ったので、

今年は、
通訳の勉強をしようと
決めていた。





雪に埋もれていた川
それでも
 深い雪に
 埋もれていた川が
 姿を現し





それで、土曜日、
天気の悪い中を

札幌まで
出かけて行った。



クラス見学に行くと、

始まる前に、
講師が

「どこかで
 お会いしたこと
  ありますよね?」
と、
仰る。


「いいえ、初めてです」
と、
答えながら
マミィは、

「またですか」
と、
思う。



若い頃から、
この言葉、

何度、聞いただろうか。



どうやら、
マミィに似ている人が

世の中には
ごろごろと
いるらしいのだ。



その
「似ている人」
というのに

会ってみたいものだけど、
まだ、一度も
実現してないようだ。





ちゃんと歩ける
土も見えて
 しっかり
 お散歩できるよ






授業は、
面白かったようで、

「新しい世界だな~」

言っている。


これは、
なかなかに
良い刺激になりそうだけど、

どのクラスも
今、満杯で
空き待ちなんだって。



パン作り教室に行くのは、
今年はあきらめて、

通訳訓練を受けようと
思っていたんだけどね。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第527章- 一点集中脳



マミィは
一度に
一つのことしかできない。



音楽を聴きながら
勉強するとか、

話をしながら、
書き物を
まとめるようなことは、
できない。



電車の中で
本を読んでいて
熱中すると、

何も聞こえなくなるから、
乗り過ごしてしまう。


病院の待合室で
本を読んでいて熱中すると、

呼ばれても
気がつかない。



だから、
電車の中でも、
病院の待合室でも、

本は読めない。



逆に
読もうとしても、

降りる駅や
名前を呼ばれることを
気にしていたら
集中できないので、

読んでいても
何も頭に入ってこずに、

ストレスが
たまってしまうので、

読む気になれない。





ぼくの手は大きい
ぼくの手は
 大きい





料理をしていても、

熱中すると、
まわりの物音が
一切
聞こえなくなるから、

誰かが帰ってきても
気がつかず、

すぐそばで
声を掛けられたりすると、

飛び上がるほど驚く。




ちっちゃかった頃
ぼくがちっちゃかった頃
 みんなして
 ぼくの手を見ては
 
 「きっとこの子大きくなるねー」

 と、言った





しかも、

そういう
融通の悪さだけではなく、

時々、

意識がどこかに
吹っ飛んでしまうという、
不便なところもある。




若い頃、
電車に乗っていて、

「ああ、
 次の駅で降りるんだな」

と、思い、
立ち上がって、
ドアの前に立った。



…で、
ふと、気がつくと、

見慣れない景色が
目に飛び込んでくる。

「え? え?」

と、驚いて

いろいろ
思い起こすのだけれど、

止まったとか、
ドアが開いたという
記憶がない。




それでも、
ぼーっと
考え事をしてる間に、

電車が止まり、
ドアが開き、閉じ、

走り出していたことに
間違いはなさそうだった。




その間、
マミィの耳には

何も聞こえず、
目には
何も見えなかったのだ。



しかもこれが、
急行だったものだから、

ずいぶん
遠くまで行ってしまって、

帰ってくるのが
大変だったらしいよ。




そしてよく寝たから
そして、ぼくは
 よく寝たから





またこれも、
若い頃の事なんだけど、

電車を待っている間、
ベンチに座り、

膝の上に
たくさんの
荷物を載せていた。




「まもなく
  電車がまいります~」

というアナウンスで
立ち上がったときに、

バサバサバサバサッと
膝に載せていた荷物が
全部
地面に落ちたのに、

それに気づかずに
電車を待っていたら、

後ろから、
年配の女性が、

「あの~、
  荷物が落ちましたよ」
と、
不思議そうに
教えてくれたこともある。



この、
意識が
ぶっ飛んでしまう瞬間って、

自分では予測がつかないから、
マミィは
困ってしまう。




だから、
運転免許は持っていない。
コワイから。




見事に大きくなった
見事に
 大きくなった
 寝る子は育つ …だね






その代わり、
集中力だけはあるから、

教科書を
だーっと超スピードで
1回読めば、

大体頭に入るんだって。





…で、お昼寝中のダディの邪魔
大きくなった体で
 お昼寝中のダディの
 邪魔なんかする


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第526章-人なつっこい双子ちゃん

とんでもない
吹雪の朝だった。


ヒューヒューという
大きな音、暗い空。


空が
落ちてくるんじゃないかと
思うような、

ぶきみな雰囲気。



風が強いから

雪が
ぼくの体や
マミィの顔に
たたきつける。



今朝、マミィは

歯を食いしばっての、
お散歩だったよ。



さて、
こんな雪の日、

そして
小さな子が
スキー板をかついで
歩いているのを
見かけると、


5年ほど前の
1月のことを
マミィは、思い出す。






在りし日のすずばあちゃん
在りし日の
 すずばあちゃん





その日、
ダディが

開け閉めの調子の悪い
外玄関の

ドアの具合を
みていたら、


「漏れる漏れる…」

半べそをかいている

小さな女の子たちが
いたようで、



「ウチのトイレを使いな」

という
ダディの言葉に、
家の中に入って来た。



2人の女の子は
トイレを済ませたけど、

「早くして、早くして」
と、

しきりに
急かしていた
3人目の子は

自分の順番が
回ってくる直前に

「あー、出ちゃった~!」

と、
涙声で叫んだ。



スキーウェアを着ていたので、
みんな、
脱ぐのに
時間がかかっていたのだ。





何、汚いもの

 汚いものを
 抱えているんだか…





トイレを済ませた後、

ぬれたパンツをはくのは
冷たいし、
カワイソウなので、

マミィは
マユチャンがもうはかない、
小さいパンツをあげた。


「返さなくてもいいからね」

言って。



その翌々日くらいに、

ゆりたんが
すずばあちゃんの散歩中に、

家の前で
この子たちにつかまり、

「このお家に
 来たことあるよ」

「眼鏡かけた
  おかあさんでしょ?」

等々と
さんざん長話になり、

余裕で
保育園に行けたはずなのに、

遅刻ぎりぎりになってしまったと、
あわてて
仕事に出かけて行った。



さらに、また
その翌日くらいに

「行って来まぁーす」


家を出たゆりたんが、

何やらあわてて
リビングに戻ってきて

「また、あの双子ちゃんだ!

 何か言ってるけど、
 遅刻しちゃうから、
 後は頼む…」


言いに来た。

玄関を開けると、
一人が
ベショベショ泣いていて

「アスカが痛いって…」
と、
もう一人が言う。



よくよく聞いたら、
すぐそこで転び

手を雪の中に
つっこんだらしく

それが
痛いらしかった。





すーすー
すーすー




マミィが見ると、
真っ赤になっているので、

きっと
冷たくて痛いんだな
と、

リビングに入ってもらって、
ストーブの前で
手を温めることにした。



リビングには
すずばあちゃんがいたけど、

すずばあちゃんは、
ぼくと違って、

飛びついたり
走りまわったりせずに、

小さな子に何をされても、
じーっと耐えているから、

心配はない。



ただ、
犬が怖い子もいるので、

「犬は大丈夫?」


聞くと、

「ウチにもいるから…」。






これも
これも
 熟睡しているところ





ストーブの前で

マミィが
小さな手をなでて
温めている時に、

すずばあちゃんに
顔をなめられて、

「うふふ、うふふ…」


喜んでいた。



それから
少し話をして、

児童会館に
出かけて行った。



この子たちは
1年生で、

トイレ騒動の時に
一緒にいたのは、

2年生の
お姉ちゃんだとわかった。





寝てる写真
寝ている写真
 ばっかりだね
 すーすーばあちゃんだったのか…






二人を見比べて、

「待っている方が
 おねえちゃん?」


マミィが尋ねると


「ううん、
 あたしがお姉ちゃん。

 何で
 忘れちゃったの?

 …似てるから?」

と、
泣いていた方の子が
答えた。



(いやいや、
  今、初めて聞いたのよ
   …と、思いつつも)

「うん」

と、
マミィは答えた。





いつも
二人ひとくくりに
なってしまったり、

間違えられたりすることに、
少し不満があるのかな、

と、思いながら。



双子ちゃんたちって

「私は私なのに…」
という、

個人として
しっかり
認めてもらいたい気持ちが
あるのかな…と、

ふと、思った。




でも、
転んで痛くて
泣いている時に

「ここに行こう」

って
連れてきてくれる
もう一人が
いるんだから

双子ちゃんって
心強いよね。




そうそう…、
粗相をしてしまったのは、

待っている方の子
だというのも、

このときに判明した。




朝から、
何やら
面白い体験をしてるなぁ、

と、その時間を、
マミィは楽しんでいた。




6ヶ月児




あれから、
何年も経って、

すずばあちゃんは
虹の橋のたもとに
逝ってしまって、

今は、
もういないし、



あれ以来、

あの双子ちゃんを
見かけたことはないけど、

今、会っても、
マミィには、
きっと、わからない。




双子ちゃんには

「あ、あの
 メガネのおかーさんだぁ~」

と、わかるかな。



この春、
6年生になるんだよね。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第525章-続 『ぬれぎぬ』

ピンポーンと、
昨日のお昼頃、

玄関の
インターホンが鳴った。




「はい」

マミィが出ると、

「お願いしたいことがあって
 来ました」

という、
年配の男の人の声。



「誰だろ?
 何だろ?」

と首をかしげながら
玄関のドアを開けると、

この間
ウンチ置き去り容疑を

マミィにかけた
あのオジチャンだった。





えへへー
えへへー





「私は、
 ひとつ向こうの
 町内会の者
 なんだけどね、

 この辺りで
 犬を飼っている家を
 聞いて、
 
 1軒ずつ回って
 お願いしているんですよ。

 あれからも、
 何度も繰り返されて…。


 もう90になろうとする
 私らが、
 毎日片付けている。


 あなたには
 何の関係も
 ないかもしれないが、
 
 もし、お仲間で、
 そういうことを
 しているかもしれない人がいたら、
 注意してくれませんか」



すごい執念だな、

感心すると同時に

よっぽど、
気持ちが
追い詰められているんだな
とも、思いながら

マミィは
話を聞いていた。






離しませんぜ
簡単には
 離しませんぜ






それにしても、
このオジチャン、

90歳近くには
みえない。




70代前半と言っても
通りそう。

車も運転していたし。






しっかり
しっかり





さて、
そんなふうに
事情を切々と訴えていた
オジチャン、

その時、突然に、

玄関ドアの横にある
看板に気づいたようで、

「英語を
 教えておられるの?」
と訊く。





もっと遊ぼ
もっと遊ぼ






マミィが

「はい」
と答えると、


「あ、でも、子どもだけ?」

「いえ、
 オトナのクラスも
 あります。
 
 60代の方もいらしてますし、
 前は
 80代の方も
 いらっしゃいましたよ」。




ねー
ねー






遊ぼーよー
遊ぼーよー






すると、
興味津々で、

「私も、もう
 90になろうという
 年だけど、
 
 毎日
 英語を聴いてるんですよ。


 孫が今、
 高校1年生でね、
 
 英検の1級に受かったので、
 負けてられないな、
 と思って、
 
 今度、
 準2級を
 受けるつもりでね。


 そうか…、
 こんな近くに
 あったんだねぇ」


…と、

そこから
若い頃の英語の話が
延々と始まる。





えー?
えー?
 スワレ って…







ひとしきり話してから

「あ、それでは、
 犬の件、
 お仲間に
 よろしくお願いします」

と言いながら、
帰っていった。





スワリマシタが?
スワリマシタ
 …が?







ところで、
結局のところ、

ぼくとマミィへの
疑いは、

晴れたのだろうか?





え~?
え゛~?
 ハナセ …って…






オキマシタよ~
オキマシタ
 … が …?






もう オシマイなの~?
もう
 オシマイなの~?

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第524章-それぞれの4月


次女のあーちゃんから
マミィに

『介護福祉士』
の試験に

合格したとの
連絡があった。




働きながらだったから、
大変だったと思うけれど、

無事に合格して
ヨカッタね。



これからの1年は、
看護学校に入学するための
勉強に励むそうだ。



もちろん、
介護の仕事をしながら。





ダディと引っ張りっこ
ダディと
 引っ張りっこ






あーちゃんは、
これからも介護畑で
働いていきたいのだけれど、

よりより介護ができるように
看護師の資格も
取りたいらしい。





受けて立ちますぜぃ
受けて立ちますぜぃ





そして、
ゆくゆくは

現場で働く人を
選べる立場になりたいと

考えている。



そうでないと、
あまりにも
イイカゲンな
ヒドイ人が多くて、



あれでは、
介護される立場の人たちが
カワイソウなのだと、

介護の現場を経験して、
あーちゃんが
たどり着いた結論。





はぐんはぐん
はぐん はぐん





高校時代に
しっかり方向が決まった
ゆりたんと違って、

あーちゃんは、
なかなか
自分の進む方向が
見い出せないでいた。



ようやく
やりたいことが見つけられて
ヨカッタね…と、
マミィは思う。



時間がかかったけれど。





うりうり~
うりうり~





さて、
ゆりたんは…と言えば、

留学するため、
4月30日に渡米することが
決まった。



目標を定め、
ステイ先が決まるまで

半年以上もかかった。



これから
少なくとも1年は
帰って来ない。



場合によっては、
延長もあり…だそうだ。



語学留学だけど、

米国での保育や
幼児教育の様子も

学んできたい、
と、
考えている。





ぶらーんぶらーん
ぶらーん ぶらーん






末っ子のマユチャンは、
高校2年生に進級する。



夏に体調を崩して、
欠席が多くなり、

進級が危ぶまれたけれど、
何とか
(薄氷を踏む思いで)

進級にたどりつけた。





じゃーんぷっ!
じゃーんぷっ!





この4月、
わが家の3姉妹は、

それぞれに
また前に一歩、
足を踏み出す。




まだまだーっ
まだまだーっ





どりゃーっ
どりゃーっ!
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第523章-ぬれぎぬ

朝、
ぼくとマミィが
お散歩していると、

後ろから車が来た。



よけようと思って
立ち止まると、

そこの家の前で
車が止まったので、

「ああ、
 ここの家の人ね」

マミィは思っていた。



すると、
車から降りながら、

そのオジチャンが
マミィに声をかけた。



その雰囲気からして、

「家の前で
 排泄させなさんな」

ということを
言われるのかな…
と、

マミィは
ちょっと身構えた。



もちろん、
その時、ぼくは

何も
していなかったんだけどね。



でも、
マミィが持っていた
ウンチ袋を見て、

「オタクはちゃんと
 そうやって
 片付けているからいいけど、

 ウチの前に
 捨てていく人がいてね、
 防犯カメラが写してるって
 
警告の紙も
 貼ってあるんだけど、

 今朝も
 わざわざ
 門の横の
 見えないところにしてあって、
 
そこまでするか…と、
 ちょっと、
 気持ちが悪い。

 もう20回くらい
 されてる。

 この辺りで
 黒い犬を飼っている所が
 8軒ほど
 あるみたいなんだけど、
 わからない。
 
 もし、犬仲間で
 気がつくことがあったら、

 その人に、
 注意してほしい」



そう言って、
マミィの持っている
ウンチ袋を
じろじろと見た。





そりゃあ、
そりゃあ、
 ぼくは
 ワンパクだけどね






声をかけられたのは、
後ろからだったから、

この袋、
最初は
見えなかったはず。



まず、
疑われたんだろうな。



で、呼び止めてから
中身の入っている袋が
目に入ったのだろうけど、

それでも、
まだ
半分は

疑っているような
雰囲気だ。



「防犯カメラで
 監視してるよ」

みたいに、
遠回しに
警告された感じ。



実は、いつも
ぼくたちは、
その道を通らない。



天気もいいし、
少し
遠回りして帰ろうかな
と思って、

いつもとは違う道を
通ってみただけだ。



もう、
この道を通るのは

やめよう…と
マミィは思った。



歩いていて
ワンコの排泄物が落ちていると、

マミィは
その道を、次からは
通らないことにしている。



疑いをかけられたりしたら
いやだし、

大抵の場合、
1回見つけると、

その後、
同じ場所に繰り返し、

排泄を
放置してあることが多いので、

ぼくが近寄って
ニオイを嗅いだり、
なめたりしたらいやだから。

不衛生だよな、
放置されると…
と、
いつも、苦々しく思っている。






マナー違反は
マナー違反は
 していないよ





そう、本当は、
住宅地は
避けて通りたい
ところなのだ。


でも、
雪がある間は、
住宅地が1番歩きやすい。


もう、そろそろ、
土手っぷちの雪が溶けて
歩けるようになるかな。


そしたら、
住宅地を歩かなくていいね。




ひどいなぁ
ひどいなぁ
 疑うなんて


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第522章-青春!

3月31日は、
マユチャンの
吹奏楽部の定期演奏会。





朝、アルマくんの起きぬけ
朝、
 アルマくんの起き抜け







第1部から第3部まであり、
第1部は、オーソドックスな
吹奏楽曲やクラシック。

(最後は
 もののけ姫だったけど)



第2部は、
プロのミュージシャンとの
コラボ。



第2部の最後の曲は、 
何と!

笠置シヅコの
『ジャングルブギ』。



こんなに古い曲、
ダディやマミィだって
よく知らないよ。



これが、
なかなか面白かった。



そして!
第3部が
目玉の 『ダンプレ』 !



若い子たちは、
第3部がお目当てで

聴きに来ているのだろうな…
と、
マミィは思ったりする。





あー、よく寝た~
あー、
 よく寝たぁ~






去年の観客数は
400数名で、

夕べは
1099名だったそうだ。



帰ってきて、
そう話しながら、

まぁ、マユチャンの
ハイテンションなこと。






ダンプレ
 オープニングの練習風景






今、マユチャンは、
部活をするためだけに

学校に
行っている感じで、

ひとっつも
勉強をしないので、


「勉強も
 少しはして欲しいなぁ」
と、

マミィの心に
プカップカッと

その思いが
浮かんでは消える。



ダディは
高校時代
吹奏楽部だったから、

演奏会を
しっかり
楽しんでいたようだ。



マミィは、
合間に入った、
合唱部の歌に
ものすごく癒されたらしいよ。



ビデオで撮ったり、
写真撮影は禁止なので、

youtubeにアップされていた
ラン・スルー(リハーサル)
風景の中から2曲ほど
アップしてみました。



楽しんでね!





Tijuana Taxi

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

382位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示