FC2ブログ
   
12
24
31
   

-第415章- 悼む

昨日、お散歩に出る時に、
興奮したぼくに
引っ張られたマミィは、

つるんと転び、
アスファルトの道路で
左腰を
思いっきり打った。



今朝も、
お散歩途中で、
ぐいっとやられ、

今度は、
左足をひねり、
右の腰を打った。



昨日よりも、
今日のほうが
痛いと言っている。



せっかく溶けたと思ったのに
雪は
 いったん
 すっかり溶けたんだけど




さて、
ぼくのお散歩コース、

1時間以上のフルコースと、
30分ほどの
短時間コースがある。



最近、その
中間ほどのコースに
マミィは、よく行く。



おとといから
おとといの午後から
   また雪に埋もれた




特に
雪の季節になってからは、
フルコースはちょっとキツイし、

30分では、
ぼくが満足しなさそうなので。



でも、実は
そのコースには、

ごくうさんの死を
連想させる場所があって、

そこを歩くたびに
マミィの心は
きしむ。



この場所
この場所




すずばあちゃんの死は、
大きな大きな
喪失感だったけど、

10年という年月、
十分に
一緒に過ごせたので、

最後に
そばにいてやれなかったことや、
後悔は数々あっても、

悲しみは
少しずつ和らいでいる。



冬になると
冬になると
 ぼくは じーっと
 落ちてくる雪を見つめる
 それは、
 去年も今年も同じ





ごくうさんの場合は違う。

オトナになることなく、
ほんの6ヶ月で
亡くなってしまったのだ。



「死なせてしまった」

という気持ちは
今でも

マミィの心の中から
払拭することができない。



これはどうしても
消し去ることができないのだ。



きっと、あの日、
この場所で、
ごくうさんは
ひどく
お腹が痛かったに違いない。

苦しかったに違いない。

まだ6ヶ月の子犬なのに、
その痛みに耐えていたのだ。

「痛い」 と
伝えることもできずに。



だから、
マミィは
この
お散歩コースを歩くとき、
自分の心を
むち打っている
ようなところがある。



繰り返し傷つきながら、
自分の心をむち打つことで、

マミィは
ごくうさんに
詫びているのかもしれない。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村









カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

39位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示