09
27
   

-第351章- 秋桜


春、北海道では、
桃も桜も
一気に
すべてが一緒に花開く。



梅が咲き、桃が咲き、桜が咲き…
と、ゆっくり順番に移り変わっていく
ゆるやかな春の訪れではない。


突然にどどん! と春が来る。
ぽんぽんぽんぽーん と、
一度に
勢いよく花が咲いていく感じだ。

それは、まさに
spring という言葉にふさわしい。




秋も深まり
秋も深まり




そして、マミィが
ある時、
ものすごく驚いたのは、
秋に、
秋桜と紫陽花が
一緒に並んで咲いているのを
あちらこちらで、見つけたときだ。


ここでは、紫陽花は、
梅雨時だけの花じゃないんだ。



いらないよ
とっくにいらない扇風機
 なぜ、まだ出ているのか…?




北海道は、
春も秋も、
何だかスゴイや!



秋桜
妙にたくましく見える コスモスたち
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第350章- まだ、そこにいる

もう、ずいぶん昔の話になる。


ダディのイトコのところに、
女の子の赤ちゃんが生まれた。



その子には心臓の障害があり、
それ以外にも、
いろいろな障害が重なっていて、
目が見えず、
耳も聞こえていないふうだった。




ん?
ん?




自力で呼吸をすることができないので、
生命維持装置につながれていた。

もしも、それを外せば、
すぐに亡くなってしまう。

お父さん、お母さんには、
「もしも、生きながらえたとしても、
一生、病院から出ることはできません」
と、告げられ、

そして、生命維持装置を外すかどうか、
決断を迫られた。



誰か 来た?
誰か 来た?




迷って 迷って 迷って…



結局、答えが出ないまま、
何ヶ月も過ぎてゆき、

8ヶ月だったか、10ヶ月だったか…
マミィは定かに覚えていないけれど、

結論が出るより先に、
その子の、命が尽きてしまった。



誰か 来たと思ったんだけどな
あれ?





亡くなったという知らせを聞いて、
お家に行くと、

小さな小さな、
本当に小さな赤ちゃんが
お布団に寝かされていた。

それは、まるで
お人形さんのように愛らしかった。



『亡骸』 と言うよりも、
『抜け殻』 という感じだった。


そんなふうに、
その子を見つめていると、
マミィは、
背中にぞわわっと、何かを感じた。



入って来ないや
誰も
 入って来ないや





そして、わかった。
「あ、まだここにいるんだ」。

部屋の中を、その子は
自由に浮遊している雰囲気だった。



「この入れ物から抜け出して、
 自由を手に入れたんだね。
 ちっちゃな体で、よく頑張ったね」



と、マミィは心の中で、
そっと言った。




階段上がっていったのかなぁ
階段
 上がっていったのかな?





それから、何年かして、
イトコのお家には、また女の子が生まれた。


元気に大きくなった。



わが家のマユチャンよりも、
ひとつ年上なので、
今、高校2年生だ。






ヘンだなぁ
ヘンだなぁ




あの日、あの部屋の中で、
目には見えなかったけれど、

自由に動き回っていた女の子は、

あれから、
どうしたのかな…。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第349章- ブログの力

ぼくが時々、
呼吸困難みたいな、
発作のようなものを起こす…
と、昨日のブログに書いたら、

コメントで
『逆くしゃみ』 かも …と、
教えてくださった方がいて、
マミィがネットで調べると、

「ブタがブコブコ鳴くような音」

と、あった。
まさに、その通り!

言葉にすると、
ぴったりそんな感じだ!




くてら~
クテら~




『逆くしゃみ症候群』

心配するようなものではないらしいけど、
重大な病気が隠れている場合もあるので、
それだと決めつけずに、

そうかな? と思ったら、
診察を受けるように…と、
書かれていた。

マユチャンの体調が落ち着いたら、
ダディとお休みを調整して、
大きな病院に連れていき、
そのことも含めて、
全身くまなく検査だな

…と、マミィは思っている。




誰か 遊んでくれないかなー
誰か
 遊んでくれないかなー





ぶうこさん!
教えてくださって、ありがとう!
スゴイね、ブログの力。



遊んで … くれぇ
遊んで … くれっ!



こんなふうなブログの力で、
虐待や捨て犬も、なくなっていくと
いいなぁ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第348章- 発作?




今朝の気温は6℃だった。
昨日よりもさらに寒かったから、
当然のように、
ダディによって、ストーブがつけられた。

ところで、
マミィには
ずっと気にかかっていることがある。



ぼくが時々、ヒホッヒホッと、
まるで呼吸困難にでもなったかのように、
ゼコゼコ(?)、ヒコヒコすること。
この音は言葉で表すのが、
とっても難しいんだけど。



ケージはぼくの安心の場所
ケージ
 ぼくの安心の場所





これは、この間の
『呼吸停止』・『脈拍停止』 騒動以前から、
たまにあった。

そんなに頻繁に起きることではないんだけど、
やっぱり
ちゃんと検査するべきなんだろうな…
と、マミィは思う。

他にも
いろいろ気にかかることがあり。



いろいろ気にかかることがあるらしく
マミィは いろいろ
 気にかかっていることがあるらしく





でも、今は
マユチャンの不調続きで、
その病院通いに
ひどく時間が取られているのと、

ぼくを病院に連れていくためには、
ダディとお休みを調整して、
一緒に行かないと無理だというのもあって、
もう少し先になりそうだ。



もっと みんなが遊んでくれると いーなー
みんながもっと
 ぼくと 遊んでくれるといーなー




次の月曜日には、
マユチャンの
MRI検査があるしね。



=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第347章- 寒いっ!



「えっ、ストーブつけたの?」
朝、マミィが言った。

「だって、寒いじゃん」
と、ダディ。

気温は13℃くらいだった。



だいぶ冷えてまいりました
だいぶ
 冷え込んでまいりました




昨日、マミィの教室に来ていた
60代の生徒さんも
「ストーブつけようかと思いましたよー」
と言っていた。

明日、最高気温は17℃、
最低気温は7℃の予報だ。




ケージの中に
ケージの中に
 ごくうさんの形見のお布団を敷いてもらった




おおっ!
一気に冬か?

今年は短い夏だった。
(ぼくは、まだ、この夏しか知らないけど)

そして、もうすぐ
ぼくがこの家にやって来てから
1年になるんだよ。

時間の経つのは本当に速いね!



ちょっと
ちょっと
 ぬくぬく気分ですぅ


=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第346章- 命の選択

この地上に生まれ来る命について、
マミィは、時々考える。




結婚してから3年、
マミィとダディには、
子どもができなかった。

でも、
「不妊治療」という考えは、
まったくなかった。

あるがままの、
自然体でいたかったから。



誕生日1
お誕生会
 幼稚園の時から、小学校を卒業するまで
 毎年開いていた。
 人数を制限しなかったら、
 ゆりたんとあーちゃんを合わせて
 15人にもなってしまったりして、
 その翌年からひとり5人までにしてね
 …と決めた。





ゆりたんを妊娠している時には、
マミィ自身に白血病の疑いがあると言われ、
検査の日々が、
出産直前まで続いた。
(第245章を見てね)


あーちゃんの出産直後には、
「この子は、
  将来は、恐らく歩けないでしょう」
と言われ、
退院1週間後から、
検査、検査の日々が続いた。
(第259章を見てね)


実は、マユチャンのときにも、
何も問題がなかったわけではなく、
検査を受けることを勧められていた。




誕生日2
同じ6月生まれなので
 ゆりたんとあーちゃんは、
 同じ日にパーティをしたんだけど、
 ケーキを2個焼いて、
 食べ物もそれぞれに準備して、
 別の部屋でやった。
 
 なかなか大変なことだったって…





あーちゃんの出産4年後、
マミィは、一度妊娠したけれど、
稽留流産をし、
その3年後に卵巣腫瘍の手術、
そして、
子宮内膜症の治療と続き、
マユチャンを妊娠した時には、
あーちゃんを産んでから、
8年が経っていた。

勧められたその検査でわかることは、
ダウン症であるかないか…だった。

検査を勧めた先生は、
「もし障害があっても、産むというのなら、
 それはそれで、素晴らしいことですし」

というような事を言った。



雪祭り1
マユチャンの初めての雪祭り



「もし、
 障害があるとわかっても、
 『産まない』 という選択肢は
 私にはないのに、
 検査を受ける必要があるのかなあ?

 もし障害があるのならば、
 前もってわかっていた方が、
 準備ができていいとか?」

と、少しだけ考えた。

マミィは
上のふたりの時には
性別さえも、
先生に尋ねなかった。

女の子でも男の子でもいい。
生まれてくるその日、その瞬間までの
お楽しみにしておこうと。


雪祭り2





いつでも、あるがままでいい。
そのままを受け入れる。

検査は、もうたくさんだった。

それに、
障害がある、ない…で、
命を選ぶことができるだろうか?

命は等しく、
同じ重さで
価値があるのではないか?

「いる」「いらない」と、
選べるようなものではない。



雪祭り3





結果として、
マユチャンは、
特に変わったこともなく、
元気な子だったのだけれど。

マミィは、
命は、
神様からのプレゼントだと信じているから、
障害のあるなしに関わらず、
尊く、価値があると思う。

人間は、
いつから、
そんなふうに、
命を選択するようになってしまったのだろうか。

大きな大きな
人間の傲慢を
マミィは感じている。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第345章- 天使の笑顔

昨日は何だか
重いテーマになってしまって、
気持ちが暗くなったので、
ちょっと気分転換な話題。




ぶんぶんぶん…
ぶんぶんぶん…
 ぼくを挑発するのはやめてクダサイ
 






マミィは、あまりTVを見ない。
大抵は週に1回くらい。
忙しいときには、
月に1回くらいになることも。

そのせいで、
世の中で起こっていることに
疎い傾向がある。

どうも、
フツーの人よりも
情報を取り込むのが
4年か5年は
遅れているみたいなんだ。

新聞は毎日読むけど、
本当に忙しい時には、
それも
2、3日読めなくなったりする。

最近、
それで損をしたなぁ…と思うのは、
リベラを、
つい最近まで
まったく知らなかったことだ。

マミィは今、
かなりハマっているらしくてさ。

youtube で調べたら、
何年も前から、何度も日本に来ている。
TVでも、いろんな番組に出演している。
CMでも、曲がけっこう使われている。

え~、何で知らなかったんだぁぁ?




みんながご飯食べてるから
マミィがご飯食べてるから
 テーブルの下でおとなしくしてるよ





特に
2007年頃から2009年あたり、
リアルタイムで見たかったなぁ…と、
残念でならない。

あの時期、そんなに忙しかったっけ?

その頃の主要なメンバーの
Tomくん、 Benくん、 Joshくんは、
すでに現メンバーにはいない。

初めて
笑顔で歌うJoshくんを見た時には、
「天使だぁ」
と感動し、癒された。

でも、天使は、
またたく間に
人間の少年になり、
そして、
青年になってしまうんだけどね。









マミィは男の子を育てたことがないから、
ふぅぅ~ん、男の子って、
こんなふうに変わっちゃうんだ …と、
衝撃的でもある。

Tomくんの、憂いをふくんだ、
まっすぐ心に入ってくる声も、
Benくんの細く透き通る声も
もう聞けないんだよ。

はかないねぇ、ボーイソプラノ。
そのはかなさゆえに
美しさがきらめいているのか…
と、マミィ。






…ということで、
マミィは、
過ぎゆく時を大切にしなくちゃ…と、
思ったりしている。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第344章- 虐待

2、3日前に、
マミィは、
あるブログで
わんこに対する、虐待の話を読んだ。

注目記事の1位になっていたから、
読まれた方も多いのではないかな。

飼い主がわんこを
ケージの中に入れたまま、
水も与えず、
餓死させたという。

直前に救出されたけれど、
間に合わなかったそうだ。

飼い主の言い分は、
「食べ物を与えると排泄して面倒だから」
だそうだ。



この骨、ちっちゃいの
この骨、ちっちゃいの
 MサイズがなくてSサイズ買ったの~
 だから、すぐ終わっちゃうんだよぉ





生き物なのだから、
食べなければ死ぬという、
当然の成り行きが、
なぜ、わからないのだろう。

だったら犬を飼うな、
ぬいぐるみや
バーチャルの飼育にしておけ!
…と、
マミィは読んでいて、
憤りさえ覚えた。



はぐ…ん
はぐ…ん…



そして同じ日、
ネットのニュースで
10ヶ月のわが子に暴行し、
逮捕された26歳の
若い両親の記事も、
マミィは目にした。

その哀れな子は、
重体で意識不明だそうだ。

マミィはこの事件でもまた、
心がきしきし痛んだ。



また、誰も遊んでくれない
また、誰も遊んでくれない




たとえ他人であっても、
小さな子どもに危害を加えるなんて、
とてもできないのが、
普通だと思うけれど、
血を分けたわが子を虐待する親もいるのだから、
わんこを虐待する人がいても、
不思議ではないという気もしてくる。

本来なら守るべき、
小さな者、弱い者に暴行をしたり、
世話を放棄する人は、
きっと、何かあるべきものが、
欠けているのだろう。

心なのか、脳なのか、
どこかで何かが、
正常に機能していないとしか
思えない。




つまらん
つまらん
 ぐれてやるぅぅ~




こういう人たちから
小さな子どもや動物を
何とか
守る手立てはないものだろうか。

できることはないのだろうか。

こういう話を見聞きするたびに、
マミィは、
やり場のない怒りを
どうしていいのか、わからない。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第343章- 渚のアルマくん

いろんなモノがあるなぁ
いろんなモノがあるなぁ





あっちにも行ってみよう
あっちにも行ってみよ






ひょいっ
ひょいっ






あ、またブタさんの耳になってしまった…
あ、また
 ブタさんの耳になってしまった…






てってって…
てってってっ






入りたいなあ
入りたい







たーっ
たーっ!







ずべっ
ずべりっ






びゅんっ!
びゅんっ!






これは何だろう
これは… 何だろう?






楽しいね!
楽しいね







あ、記念写真?
あ、記念写真?
 こんなお顔でいかが?
=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第342章- 初体験

はじめての…
はじめての…





うわぁ~
うわぁ~




海だぁぁぁ~
海だぁぁぁぁぁ~




ぴちゃぴちゃ
ぱしゃぱしゃぱしゃ




ふんふんふん… 初めてのニオイだ
ふんふんふん…
 初めてのニオイだ




けほけほけほっ
けほ けほ けほっ





しょっぱいね
しょっぱいね




すごい風だ
すごい風だ




ぼくが囓ったんじゃないよ
ぼくが囓ったんじゃないよ




海! ですぜぃ
海! ですぜぃ
  アルマくん、その顔、ちょっとコワイよ(^_^;)
   …で、…

   to be continued …

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第341章- 危機感



レッスン中に
咳き込んでいた一人の男の子が突然に、
「先生! 吐きそう…」
と叫んだ。

げっ!

「大丈夫?
 今日はもう終わろうか…」

と、ほんの5分ほどだけど、
このクラスは、早めに切り上げた。




どどーんと 巨大顔
どどーんと 巨大顔




風邪引きさんが増えてきた。

今日の5~6年生のクラスでは、
何人かの生徒さんたちが
しきりに咳をしていた。

学校のクラスの欠席者も
多かったそうだ。


あんなにごほごほしていたら、
他の子にうつるよな~
と、マミィは気が気ではない。



あ、ちょっと人相、いや犬相悪いデスカ?
あ、ちょっと人相、
 いや、犬相、悪いデスカ?





保護者にお便りを出して、
咳が出るときには、
熱がなくても、
マスクを着用させてもらおう。

教室でも常備して、
咳をしているのにマスクをしていなかったら、
つけてもらうようにしよう、
じゃないと、風邪が蔓延しそうだ
…と、マミィ。



ちゃかちゃか動き回るから
ちゃかちゃか動き回るから
 ちゃんと撮れないんだって




そう…、
札幌は、もう、
風邪の流行る季節なんです。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第340章- 朝からへとへと

マユチャンの
お腹の痛みがなくならない。

ダディは、
本当に、手術をしなくていいのか?
と不安になり、

マミィは
「徹底的に調べてもらって」
と言ったはずなのに、

触診だけで
「虫垂炎」
と言われたことに疑惑を抱き、
いつもものすごく混む
一番行きたくなかった病院に
連れて行くことにした。



久々の
久々の




病院に着いたのは、
朝7時40分頃。
できれば 『救急』 ということで、
混む前に診てもらいたかった。

でも、本来、ここの病院は
紹介状がいるし、
「もうすぐ専門科が開きますから」
と、結局、待たされた。



ブタさんの耳~
ブタさんの耳~




血液検査も、
超音波検査もしてもらったけど、
最終的に、
すべて終わったのは、
午後1時過ぎだった。

朝、起きてからずっと
飲まず食わずのマミィは
へとへとに疲れてしまった。

午後から
夜の9時過ぎまで仕事があるのに。



これは
すずばあちゃんも
 ごくうさんも





…で、虫垂炎ではなく、
腸炎だったんだけどさ。

一昨日
ダディが連れて行った病院の
受付や待合室は、
マユチャンに言わせると、

「病院というよりも、
  ホテルみたいだったよ」。

最近新しくなった、近くの病院だ。




すずばあちゃんも、ごくうさんも
しなかったんだって
 このブタさんの耳






外側よりも、中身だよなー、

二度と、
その病院には行かない…と、
ダディもマミィも
しっかりと、心に決めたのだった。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第339章- 虫垂炎

こういうのを、
踏んだり蹴ったりと言うのか?
それとも、泣きっ面にハチ?
とにかく厄日には違いないな
…と、マミィは思った。



ご心配をおかけしました
大変、
 ご心配をおかけしました




昨日、病院で
ぼくの意識が、もうろうとし始めた頃、
マミィのケータイが鳴った。

マユチャンの学校からだった。
体育の時間、
マラソン大会が近いので、
その練習をしていて、
グラウンド2周めで、具合が悪くなり、
倒れた。

保健室で休ませているので、
迎えに来てほしい、とのことだった。




大丈夫ですよー
ぼくは、もう
 しっかり大丈夫ですよ




これから
アルマくんの手術が始まる
…というところだったので、
「すぐには迎えに行けないので、
 少し遅くなります」
と、伝えた。

迎えは、
3時頃になるかと思ったけど、
ぼくの呼吸停止だの
脈拍停止で、

結局、
手術が中止になってしまったので、
ダディは
先生に伝えた時間よりも早く、
マユチャンを
学校に迎えに行くことができた。



元気です~
元気です!




さぁ、
どこの病院に連れて行こうか
…となったとき、
マユチャンの

「お腹がチクチク痛い」

との言葉に、
マミィは
「まず消化器科へ」
と、ダディに言った。

「そこで徹底的に調べてもらって、
どこも悪くなければ、他の科へ」。

それで、ダディは
いつもの小児科ではなく、
消化器科のある病院に
連れて行った。




すっかり いつものアルマくんでゴザイマス
すっかり
 いつもの
  アルマくんでゴザイマス





マミィが
お仕事の授業をひとつ終えて、
玄関を見ると、
マユチャンの靴と、
ダディの靴があったので、
「ずいぶん早かったんだな」
と思いながら、
「何だったの?」
と訊くと、

「虫垂炎だって」。


「手術?」
「いや、まだ初めの方だから、
まず、薬をしばらく飲んで、
それでダメなら、手術だって」。



ぴっかーん
ピッカーン!




ぼくもマユチャンも、
大事には至らなかったけど、
大変だったことには
違いない。



お散歩もできてます
お散歩もできてます




そして、とどめに、
『デジカメが壊れる』
という出来事で、
昨日という1日の
幕が閉じたのだった。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第338章- 呼吸停止

「今、蘇生しましたが、
  呼吸停止したので、
   中止しました」。

ダディとマミィは、
一瞬、
事の次第が理解できずに

「え?」



病院で
病院で




ぼくが、
麻酔に過剰反応して
呼吸が停止してしまい、
さらには
脈拍まで止まってしまったので、
中止したとのこと。

「切っている最中でなくて、
  ヨカッタですよ」

と、先生。



落ち着かず
なかなか落ち着かず




まさか、
これ以上の延期はないよね、
…と、マミィは少し不安を抱きながら
今日、ぼくを病院に連れて行った。

夕べは
8時以降は食べ物は口に入れず、
お薬もちゃんと飲み、
今朝も8時以降は、水も飲まず、
準備は万端だった。

病院に行き、体重を計り、
まず注射を打った。

これは麻酔ではなくて、
これで眠くなって、
ぼーっとしてきて、
歩けないくらいになったら、
麻酔の注射を打つということだった。

その段取りどおりに、
ぼくの意識がもうろうとして、
足どりもヨタヨタして
動けなくなったところで
先生が注射を打った。



薬が効いてきた
薬が効いてきた




いよいよ手術だね…と、
ダディとマミィは
待合室で、
ちょっと姿勢を正して
座り直した。

30分もしたら終わるのかと思っていたら、
そんなに時間がたたないうちに、
先生がやってきた。

そして、中止を告げられた。

今後、
何かの病気で
緊急の手術をするようなことになった時にも、
麻酔に過剰反応するようだと、
危険だそうだ。



もうろう…
もうろう…




もし、この危険を承知で、
それでも去勢したいのなら、
すずばあちゃんの
子宮蓄膿症の手術の時のような
麻酔方法で…と言っていた。

その時に、
「すずとは
  違う麻酔方法だったのか」
と、マミィは、初めて知った。



お家に帰って来てからも…
お家に帰って来てからも…
 こんな感じ





もし、
改めて手術をするというのなら、
早くても年明けだそうだ。

「よく考えてみてくださいね」

と言われた。
あくまでも、
手術はおススメしない
…ということなのだ。



無事に帰って来られてヨカッタけど
無事に帰って来られて
 ヨカッタけど




うーん…と、マミィは思った。

そうであるのなら、
設備の整った大きな病院で、
一度
しっかりとした
検査をしてもらう必要があるな、
手術を受ける、受けないの前に、
まずは、
ぼくの体をしっかり診てもらおう…と。



まさかこんなことになるなんて
まさか
 こんな結末になるなんてね





そんなこんなで、
ぼくは夕方5時を過ぎるまで、
水を飲むことも
ご飯を食べることもさせてもらえず、
空腹な1日を過ごしたのだった。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第337章- 手術日デス

昨日は、1日中雨。

夜になってようやく雨があがり、
お散歩のために外に出られたのは、
暗くなってからだった。

祭日だったけど、
マミィは仕事だったし。



… いよいよです …
いよいよです…




今日は手術だから、
夕べ、8時を過ぎたら、
何も食べてはいけなくて、
病院でもらったお薬も飲んだ。

今朝は8時を過ぎたら
水も飲めないから、
お散歩は軽く、
そして、短めに済ませてきた。



頑張ってきますんで…
頑張ってきますんで
 お腹空いたけど




どうか無事に終わりますように!
マミィは、祈る気持ちでいる。

皆さんの応援と励まし、
うれしいです。
ありがとうございます。

ぼく、頑張るからね~

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第336章- ゆで卵

昨日は朝早くから
カミナリが鳴り響き、
大雨が降っていたので、
雨の合間をぬって、
大急ぎで散歩に行った。

それでも、濡れたけどね。

今朝も、台風の影響なのか、
ずーっと雨で、
果たして
お散歩に行けるのかどうか、
ちょっとわからないな。

ぼくがこのお家に来たのは、
去年の10月なんだけど、
この1年、
本当によく、雨が降っているよ。




たまご




ところで、マミィは
小さかった頃、
ゆで卵が苦手だった。

殻をむく時に、
「ひよこさんが出てきたらどうしよう」
と、ドキドキしたのだ。

それも、
中途半端なひよこだったら
コワイなぁ…と。



みんなの目を盗み
みんなの目を盗み
みんな、忙しそうなんだもん




ちゃんとしたひよこに育っていれば、
自分で殻を破って出て来るから、
まだそこまで育っていない
グロテスクなヤツを想像して、
いつも、こわごわとむいていた。

その頃は、
毎朝、
近所の農家の人が、
卵や野菜を売りに来ていたので、
スーパーで買うようなものとは
違っていて、
養鶏場ではなく、
庭先で歩き回っている
ニワトリの卵だったから。



また 玄関から靴
また 玄関から靴
あ、悪さしてたら
 また、宇宙人になっちゃったよー





でも、そんなふうに
ゆで卵を恐れる子なんて、
あんまりいないよね。

…て言うか、
やっぱり、マミィはアホでしょう。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第335章- ヘタクソぉ~!

この家に
ごくうさんが来たばかりの頃、

台所で
ぴしゃぴしゃぴしゃと、
水を飲んだ後、

どわーと口から水をこぼしながら、
リビングに歩いてくる姿を見て、
家族みんなで、
ひっくり返りそうになった。



男の子なんだからさ~
男の子なんだからさ~




何~、
その水の飲み方~
ほとんど床にこぼれてるじゃん。

床が水浸しだよ~

すずばあちゃんは、
いつも上手に水を飲んでいて、
そんなふうに床を濡らさなかった。




ヘタクソだと言わずに
ヘタクソだと言わずに




だから、
ぼくが初めて水を飲むとき、
どうなるかと、
ダディもマミィも、
じーっと観察していた。

やっぱり
床をべしょべしょにしながら
歩いてくるのを見て、
マミィは目をまるくして、


水を飲むのがヘタなのは、
黒ラブの特徴?

それとも男の子だから?



豪快と言ってほしいなぁ
豪快と言ってほしいなぁ




そして、
大きく鼻で息をついて、
あきれたように、ぼくに言ったんだ。

「へったくそぉ~!」

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第334章- 私はタヌキです?

昨日は久しぶりに27℃になり、
少し暑かった。
今日は、
曇りと雨の予報なのに、
29℃になるらしい。

もう
秋なのかと思っていたのに、
この期に及んで、
なんでこんな気温?
と、マミィは
ちょっとうんざり気味。



タヌキではないです
タヌキではないです




それでも、
明日も28℃とはいうものの、
その後は、また
だんだん気温が低くなっていき、
週の後半あたりには
20℃くらいになるようだ。

最低気温は13℃だと。



夜の公園のアルマくんです
夜の公園のアルマくんです



さて、
だいぶ昔の話だけど、
ある時、
初めて会った人が、
初対面のその時に、
マミィに向かって

「私はタヌキです」 と挨拶した。

「え?」
と、マミィは急いで
頭の中でいろいろな事を
ぐるぐると考え巡らした。

「タヌキさん?
 …そう言えば確かに
 タヌキに似ているように思うけれど…」

「初対面ののっけからジョーク?」
 
等々と、
いろいろな考えが
頭の中に浮かぶのだけど、
ワケがわからず、
どう対応したものかと
少し固まりかけた時に、
その人の知り合いらしい人が来て、
彼女に声をかけた。



暗くてもヘーキだよ
暗くても ヘーキだよ


「あらあ、ワタヌキさ~ん
  元気?」

彼女は
「私はタヌキです」
と言ったのではなく、
「わたし、ワタヌキです」
と言ったのだった。

「よ…、ヨカッタ。
 タヌキじゃなかった」

と、マミィはほっとしながら、
「日本語は難しい」
と、思った。




何にだって 興味津々
昼も夜も 好奇心のかたまり




「アホですかー?」
と、ぼくは言いたいよ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第333章- 去勢手術の準備


延び延びになっていた
ぼくの去勢手術、
いよいよ来週の火曜日だ。



のんびり のんびり
のんびり のんびり



今度こそ、
中止になったり、
延期になってほしくないなぁ
と、マミィは祈る気持ちでいる。



何か、用~?
何か、用~?




昨日は病院に行って、
体重を計ったり、
前の晩に飲むお薬を
もらったりした。




え? お出かけ?
え? お出かけ?



ちゃんと無事に乗り切れるか、
マミィは、まだ少し
手術に対して不安があるんだけど、
これから先のぼくの健康を考えて、
やっぱり
手術は必要だと思っているんだ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第332章- 千の風

秋風が吹き始めた。

マミィが何となく
2003年の日記を見ていると、
その夏、
ひとつの詩が話題になっていたことが
書いてあった。

朝日新聞のコラム、
『天声人語』 でも
2回ほど取り上げられ、
本も出版され、
短い詩なのに、
それだけで1冊の本になってしまった、
という話。


この詩についての情報は
山のようにあり、
翻訳も、
訳す人によって千差万別で、
それぞれに受ける印象がだいぶ変わる。

翻訳の世界は奥が深くて、
むずかしいものだなあ…と、
マミィは改めて感じていた。

中には
原文の内容とは
ほど遠いような訳文もあった。



あ、ダディ?
あ、ダディ?



作者不詳。

北アイルランドの
カトリック派武装組織IRAの一員で、
戦闘で戦死した
ひとりの若者のポケットの中に、
この詩を書きつけたメモがあったことが、
世に出たきっかけだという。

また、ハリウッド女優
マリリン・モンローの葬儀で、
俳優のジョン・ウェインが
朗読したとも言われている。

それ以外にも、
とくにヨーロッパでは、
もっと古くから
人々の間で
愛唱されていたらしいという説もある。



おかえり~
おかえり~
 シッポ、パタパタパタ



この詩から、
彫刻家であり
詩人である「高村光太郎」が
妻の千恵子さんを失った時に書いた詩の一節を
マミィは思い出していた。


「あなたはまだゐる
 其処にゐる
 あなたは万物となって私に満ちる
 私はあなたの愛に値しないと思うけれど
 あなたの愛は一切を無視して私を包む」



人は、
思いがけない時に
大切な人を失ってしまう。
心の準備が何もできていない時に
突然にその出来事が起こる。

でも、本当は、
心のどこかで、
わかっているのかもしれない。
その大切な存在が、
消えてなくなってしまったのでは
ないことを。




シッポ、ぶんぶんぶん…
シッポ、ぶんぶんぶん



さて、その詩、『千の風』が
日本で歌になった時、
あの低く太い声に、
マミィは、ちょっとたじろいだ。

力強すぎて、
「泣くな、頑張れ、くじけるな」
と言われているようで。

静かに、
「いつでも万物の中に在るよ、
 あなたの悲しみや
 あなたの涙と共に
 いつでもそばにいるから

 まわりを見渡してごらん」

という
繊細で
包み込むようにやさしい
この詩の思いが
何だか、
違うものになってしまったような、
そんな気がした。

この詩は
「泣くな」
と言っているわけではない。
「頑張れ」
と励ましているのでもない。

「いつもあなたのそばにいるから、
 それに気づいて」

というメッセージなのだ。

この間、you tube で探したら、
子どもたちが歌っている
合唱バージョンがあって、
ああ、こちらの方が、
詩のイメージに合う…と思ったけど、

もっともっと透き通るような
マミィの感じていた 『千の風』
を見つけた。

…ということで、今日は、
リベラ版の『千の風』
をアップしてみましたよ。
(音楽画面の下に
 広告が入ってしまいます。
 うっとうしくて、すみません…)









すずばあちゃんが亡くなって
数日経ったある日、
音もなく風が吹いて、
ふわ~っとカーテンが
大きく持ち上がった時、
なぜか、マミィは
すずばあちゃんを思い出した。

それ以来、
風でカーテンが揺れるたびに
すずばあちゃんを感じた。

その頃、この詩のことは
すっかり忘れていたけれど、
今、

「そうだね、
  どこにでもいるんだよね。
   思い出しさえすれば、
    すずもごくうも、
     いつでもここに来ているんだよね…」

と、
そんなふうに思ったりするんだ。

そして、大切な人たちも。







=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第331章- 儀式

毎晩… というか、
朝方近くになってからだけど、
ぼくは決まって、
眠っているマミィのところに行き、
マミィの顔を
鼻でつんつんする。

ぼくの鼻は冷たく濡れているから、
マミィは目を覚まし、

「入りたいのか?」
と言い、
お布団の裾を上げる。



毎日、必ずする儀式があるんだー
毎日、必ずする 儀式があるんだ




するとぼくは、
マミィのお布団の中に入り込み、
丸くなる。

その時、マミィは、
ぼくの体をなでなでしてくれる。



短い時間でも十分なのさ
短い時間でも 十分なのさ




「ふうっ」
と、必ずぼくはため息をつき、
少しの間だけじっとして、
2分もしないで、お布団から出る。

これ、
毎朝方の
ぼくの儀式みたいなもの。

1回の日もあるし、
2度、3度繰り返す日もある。



気分が落ち着くんだ
気分が落ち着くんだ



マミィは
「何で、毎日同じことをするの?」
「何で、いつも2分といないの?」
「何で、ため息?」
…と、不思議なことだらけなんだけど。

ぼくは、
これで十分満足なのさ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第330章- 鬼(オニ)


実は、ダディは
マミィが言い間違いや、
聞き間違いをすると、
いつも、
ものすごーく喜ぶ。



遊んでおくれよー
遊んでおくれよー
 久しぶりに3姉妹がそろったのに
 誰も相手にしてくれない





「オニの首でもとったみたいだね」
と、マミィが言うと、
「オニじゃん!」

マミィが熱を出すと、
「鬼の霍乱」と言うし。



つまんないなー
つまんないなー




そういえば、
2月の節分の時に、
年少さんクラスの女の子が、
「明日、幼稚園にオニが来るんだよ~」
と、おびえているふうに言っていた。

「あら、コワイねぇ」
と、マミィが言うと、
「でも、○○先生にくっついていれば、
 大丈夫なんだよ」
「みんなで、鬼は外~! って、
 豆をぶつけて、やっつけるの!」。



宇宙人
宇宙人になってやるぅぅ~
 あんまりつまんないから…




わが家では、
3姉妹が大きくなってからは、
豆まきをしなくなったんだけど、
すずばあちゃんがいる頃は、
豆まきをすると、
ぜーんぶ、せっせっと
すずばあちゃんが食べてしまった。



遊んでくれないからー
いいよーだ
 誰も遊んでくれないから
 靴を持ってきたよ





マミィが子どもの頃も、
飼っていたワンコが、
投げる先から次々と
豆を食べてしまった。



おに


そーか、それで
オニが逃げて行かずに、
マミィがオニになっちゃったんだよ、
きっと。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第329章- 余裕じゃーん!

ごくうさんがまだ元気だった頃、
ダディとお散歩していると、
公園のベンチで、
小型ワンコを抱いて
おしゃべりに興じている
年配のおばちゃんたちがいた。




どーにもこーにも
どーにもこーにも



そこを通りかかると、
その小さなワンコが
しきりに
「アンアン!」
と吠えたてた。



コーフンしやすい体質でさ
コーフンしやすい体質でさ



ごくうさんは、
それをまったく無視して、
涼しい顔で通り過ぎた。




とぉりゃー
とぉりゃー!



すると、後ろから、
一人のおばちゃんが言った。




おっとっと…
おっとっと…




「余裕じゃーん!」




おっ
おっ



ぼくはそうはいかない。
お散歩中、
遠くにワンコを見つけただけで、
大興奮。




うぉー
うぉー





近くだったら
寄って行こうと、ぐいぐい引っ張るので、
マミィは全力で阻止しようとする。



い、いかん…
いっ、いかん…




それって、
体力も精神力も使うので、
1日の大半のエネルギーを
そこで消費することになってしまう。

だから、マミィは
できるだけ、
お散歩ワンコが少ない時間、
行き交う人が少ない時間を選んで
お散歩に行くようにしている。




つい、本質が出てしまうな
つい、本性が出てしまうな




それでも、
無人島なわけじゃないから、
どうしたって、
お散歩ワンコには出くわすし、
人ともたびたびすれ違う。




しょーがないんだよ
しょーがないんだよ
 アルマくんだもの


そんなわけで、
時々、
お散歩から帰ってきた時には、
マミィはひどく疲れてしまって、
ものすごく
機嫌が悪い。




ご容赦を
ご容赦を










=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第328章- 変人マミィ

小さい頃から、
まわりの大人たちに、
「変わった子だね」
と、
マミィはよく言われていた。

小学生くらいになると、
友達からも
「変わってるね」
と、時々、
言われるようになった。



だんだん大きくなってきて、
大人たちは、今度は、
「頭のいい子」 と、言い始めた。
マミィはそのコトバが
『賢い』
ということを意味しているのではなく、

『偏屈な変人』 ということを、
遠回しに表現しているのだと、
理解している。

どう考えても、
話の前後関係から解釈すると
そういう意味にしかならないのだと、
マミィは言う。

ぼくから見たら、
マミィは、ただのアホだけどね。

このお家の人も、
みんな、マミィのことを、
『世の中で一番のアホ』
と思っているみたいだよ。




久しぶりに晴れた
久しぶりに晴れた



それでも、
自分でも変わっているかも
…と思う所はあるらしく、
その一つは、
人を見た時に、色を感じることだ。
すべての人に対してではないし、
時々だけどね。

小学生の時に、
1学年か2学年下の、
ある男の子を見ると、
「あ、ムラサキちゃんだ」
いつも、そう思った。

紫色の服を着ていたわけではないけれど、
いつも
「ムラサキちゃん!」 と、感じた。
本名は知らない。




ほんの2時間ほど 青空
ほんの2時間ほど 青空



小学校低学年の頃は、
数字に、
性格や、しがらみのようなものを感じた。
6と5は仲良しで、
7はちょっと意地悪で、計算高い。
7は6にはやさしいけれど、
5には意地悪。

そして8には、
ちょっと頭が上がらない。
8は6と仲が良くて、
5にもやさしい。
8は温厚タイプ…といったような。

もちろん、今でも
そのイメージは、消えていない。

それを、
高学年になった頃に友達に話したら、
「そんなこと、考えたこともない」
と、そっけなく言われた。




まったり気分
まったりな気分





中学校の、
歴史の授業の時には、
時の流れをずーっと考えていたら、
ぐるぐると渦巻く
大きな塊に呑み込まれそうになったり、
時の重さに圧倒されて、
ひっくり返りそうになって、
ものすごい恐怖を味わったこともある。

そういう話をすると、
友達たちは、
大抵はあきれかえり、
「あなたの考えていることは、
 難しくて、よくわからない」
と言うので、
だんだん、話すことをやめてしまった。




ふっ
ふっ




あまりドラマを観ないマミィが好きだった、
何年か前の、
TVの 『仁』 というドラマの、
オープニングに次々と現れる
昔の写真を見ているときには、
毎回、
江戸時代の空の色や風を感じたり、
空気のにおいを感じ取っていた。

マミィのまわりでは、
マミィのことを
「物事を理路整然と考える人」
と思っている人が多いみたいだ。

ダディには時々、
「ミスター・スポックか!」
と言われる。
(『スタートレック』という、
 ダディが好きな
 TVドラマに出て来るバルカン人)

でも、本当は、
どちらかというと論理的ではなく、
感覚的に生きている人間なのだと、
マミィは自分では、
そう思っている。

そうそう、
ぼくたちワンコに近いんだよ。
何しろ、
マミィは、野生児だったんだものね。




ほげ
ほげ




「変わり者同士仲良くしようね」

って、
…いや、マミィ、
ぼくはやんちゃだけど、
変わり者ではないです。

一緒にしないでください。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第327章- 時を駆けるワンコ

すずばあちゃんが小さかった頃、
叱るときに、
みんなして、よく間違えた。

「すず!」  ではなく、
「マユチャン!」
と、言ってしまうのだ。



小さかった




ついつい
そう言ってしまうと、

「なぁ~にぃ~?」

と、呑気な声で、
呼ばれたと思ったマユチャンが、
やって来るのだった。



よいしょ




すずばあちゃんが小さかった頃は、
マユチャンもまだ幼児だったから、
まぁ、同レベルだったと
言えるのかもしれない。




すずばあちゃんが成犬になっても
すずばあちゃんが成犬になっても
 マユチャンは まだ 幼児



ある時、マミィが言った。
「すず、
  マユチャンにゴハンをやってね」

「へ?」
と、マユチャン。

究極の間違いだね。



あっという間におばあちゃん
ワンコを取り巻く時空間は
 人のものとはぜんぜん違うみたいだ





すずばあちゃんもマユチャンも
すぐに大きくなり、
そのうちに、
言い間違えるようなことはなくなった。

特に、すずばあちゃんは
子どもたちの
何倍もの速さで成長し、
10年という時を、駆け抜けていった。



ゆ… ゆりたん、遊んでくれるの?
ゆ… ゆりたん…
  遊んでくれるの?




ぼくもあっという間に1歳になったから、
大切に過ごさないと、
いつの間にか
10歳のおじいさんだよね。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第326章- コワイよ!

また雨が降っている。
近くの小学校では、
今日、遠足の予定のはずだ。

昨日、マミィは
生徒さんたちに
「晴れそうでよかったねー」
と言っていたのに。

それに18℃と、寒い。


夕べは、
「30何日かぶりで晴れたらしいよ」
と、ゆりたんが言っていた。

そうか、そんなに、降り続いたんだ…と
思っていたところだった。

とは言え、
夕べも降った。



マミィが昨日作ったチーズケーキ
昨日、マミィが作ったチーズケーキ
 夏の間は
 オーブンで部屋が熱くなってしまうので、
 いくらマミィがケーキ作りが好きでも、
 作る気になれない




さて、
ぼくとマミィがお散歩中、
信号待ちをしていると、
運転席で、何やら
アヤシゲな動きをしている
おじいさんが目に入った。



何ていうお花かなあ
何ていうお花かなぁ




信号が変わり、
車が止まったところで
「何をしているのかな?」
と、よく目をこらしてみると、

小さなわんこを抱きながら
運転しているのだった。
しかも窓は全開。

同乗者はいない様子。

わんこは窓から出ようとしたり、
ちょろちょろ動き回っている。
それを抱えながら、
運転しているのだ。




何で つなぐの?
何で つなぐの?



そのコが
ぼくに向かって
「アンアン!」と
小さなワンコ特有の甲高い声で、
窓から飛び出さんばかりの様子で吠えたときに、
マミィは
心臓が凍りつきそうになった。

わんこも危ない。
運転しているおじいさんも危ない。
その周りにいる車も
場合によっては巻き添えを食い、
さらには、
歩いている人をも
巻き込む恐れがある。

ひとたび事故が起こると、
その事故の当事者だけでなく、
家族や周りの人の人生まで
変えてしまうことだってあるのに。



あ、写真撮るの?
あ、写真、撮るの?
 こんなポーズでいいデスカ?



本当にその子がカワイイのなら、
抱きかかえながら
運転するべきではない。
それは愛情とは言わない。

本当に大切に思うのなら、
まず、
わんこが安全に乗っていられるように、
気を配るべきだ。

警察は、
スピード違反だけでなく、
こういう人も取り締まってほしい。

ものすごく危険だし、
ものすごくコワイよ!

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第325章- あこがれの天地

おとなしくしてると
おとなしくしていると




マミィが用事をしている足下で、
おとなしく
ゴロンとなっているぼくを見て、
「つまんなそうだねぇ」
と、時々マミィは、
同情に満ちた目を、
ぼくに向ける。

退屈そうで、哀れになる。

毎日めいっぱい
仕事をしているので、
ぼくとゆっくり遊ぶゆとりが
マミィには、
なかなか生み出せない。



マミィの同情をかう
マミィの同情をかう




で、最近、
マミィがあこがれているブログのご紹介。

兄弟わんこ「ふう太とセブン」』さん。

(リンクさせていただいたので、是非、見てくださいねー)

これこそ、幸せワンコライフでしょ、
何てのびのびとしているんでしょ、
と、いつも思う。

「いいなぁ、こういう生活」。



つまんなそーですかー?
ぼく、
 つまんなそーですかー?



ダディに
「ねー、北海道で、
こういう所ないのー?」
と訊くと、

「ないね」
と、簡単にばっさり。

ふーん、
なら、
北海道以外で探すかぁ~
ワンコのパラダイス、
と、マミィは夢を馳せる。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第324章- ニンジャ

毎日、雨が降る




8月の
お盆が終わったあたりから、
ずーっと、
毎日、
雨。



よく降る




1日も途切れることなく、
雨が降る。



登校風景




不思議なほど、雨が降る。



雨



というわけで、
マミィは、
雨の合間をぬって、
ぼくのお散歩に出る。



また 降ってるよ
また 降ってるよ




それでも、
ワシャワシャと降ってくる。



お散歩、無理ですかねぇ
お散歩
 無理ですかねぇ



この間は
びしょびしょと濡れながら、
マミィとぼくは
いつものお散歩道を歩いた。



う~ん
う~ん



すると、
濡れながら、マミィが言った。

「忍者みたいにさー、
   雨と雨のスキマを
 サササッて走れたら、
   濡れないのにねー」

マミィ、それは、
ニンジャでも無理だと、
ぼくは思うな。



ニンジャになりたくなってきた … かも
ニンジャになりたくなってきた
   … かも

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第323章- ワンコの幸せって?

近所を歩いていたら、
鎖につながれた黒ラブさんが
しきりに吠えていた。

このお家の黒ラブさんは、
すずばあちゃんが小さい頃からいるから、
かなりの年だと思われる。



みごとな白樺
みごとなシラカバ




以前に、
知り合いの年配のご夫婦のお家で、
飼い犬が2匹とも亡くなったので、
またワンコと暮らしたいと思い、
保護センターに問い合わせると、

「外飼いは虐待になりますので、
 渡せません」

というような事を言われたらしい。

「虐待って言われたのよー」
と、心外そうだった。




林の中をお散歩
林の中をお散歩




このお家に行ったら、
きっと
かわいがってもらえるだろうに…と、
マミィは思ったけど、
1日中つながれているのは、
確かにかわいそうだ。



気持ちいいよ
気持ちいいよ



それぞれのお家で、
事情があるだろうから、
外に繋がれているだけで
虐待と決めてしまうのは
どうかと思うし、
無責任に捨てる方が、もっと酷い。

少し前までは、
日本の家では、
大抵、外飼いだったわけだし。

そのご夫婦にしてみれば、
年代的に、
外飼いは、普通のこと。



ちょっと休憩
ちょっと休憩




家族がいて、
大切にしてくれるのなら、
外で飼われていても
不幸なわけではないと、思う。

でも、
今日の黒ラブさんみたいに
短くて
自由に動けないような鎖に
1日中繋がれて、
しきりに吠えている姿を見ると、
少なからず
哀れを感じてしまうマミィだ。

外飼いだと、
躾けも
きちんとされないことが多いしね。

でも、実のところの、
ワンコの幸せって何だろうと、
マミィは首をかしげる。

答えは一つではないだろうから。




家族と一緒が一番
家族と一緒が 一番



ぼくは、やっぱり
お家の中で、
ダディやマミィや3姉妹のそばにいるのが、
一番いいけどなぁ。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



-第322章- 突っ走るA型

日本人は、
血液型の話が大好きだと、
マミィは思う。

欧米人はそういう話はしないし、
自分の血液型を
「知らない」
という人も多い。



なんというか
何というか…




もちろん、マミイも、
これですべてが決まるとは、
思っていない。

でも、
周りにいる人たちを見ていると、
ある程度の傾向は、あるかなぁ
…と、感じたりもする。

じっくりと気質を分類したり、
かかりやすい病気というものを調査したら、
統計的に、
ある種のバターンは出るかもしれない。



へっ
へっ




マミィは、A型だけど、
一般的に言われるような
神経質、きれい好き、
几帳面というような、
A型気質は、持っていない。

「O型でしょ」
と、よく言われる。
しっかり、勝手に、
そう思い込んでいる人もいる。

「何で?」
「おおらかだから」
「違うけど…」

「じゃあAB型?」
「何で?」
「変わってるから」
「違うけど…」

「じゃあ、B型?」
「何で?」
「マイペースだから」

それも違うよ、ってことになると、
最後には
「えー? A型~?
  信じられなーい!
   あり得なーい!」

うーん、
これは、どうとらえたらいいのか?
と、マミィ。



笑っちゃうぜぃ
笑っちゃうぜぃ



まぁ、確かに、昔、
血液型の話が流行っていた頃、
TVでもよく特集番組があって、
特に、
子どもたちの行動傾向を
観察するようなものが多かった時に、

B型の子どもの行動を見ていて、
マミィは
「あ、これ、
  私の子どものときそのものだ!」
と思ったりしたから、
他人が自分の血液型を間違えても、
驚きはしないんだけど。



はやはや…
いやはや




それでいて、時々
妙にA型っぽかったりする。
計画を立てるのが大好きとか、
ヘンなところで、カンペキ主義だったり。

星座占いでいうと、マミィは
『いて座』。
干支でいうと、『午』(うま)。
射手座のシンボルは、
半分が馬なので、
この干支と星座が組み合わさると
かなり気の荒い 『競走馬』 なんだと、
前に何かで読んだ。

目標を見つけると、
周囲のことを無視して
ひたすらに突っ走るそうだ。


つきあいきれません て
付き合いきれません て



ほほぅ、それはあるかも…と、
占いはあまり信じないけど、
マミィは、ちょっと
納得したようなところがある。

「射手座のA型は
  人格者なんだってさー」、
と、ぼくに言う。

何で、いいところだけ
ピックアップして覚えてるかなー?



それならぼくだって 超優秀犬さ
それなら ぼくだって




え? マミィ…
マミィのような人を人格者と言うのなら、
世の中の人は、みぃぃぃぃぃぃ~んな、
『聖人』 だよ。

このアルマくんだって、
素晴らしくいい子で、優等生だよ!

それはもう、天使さぁ!

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

57位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示