10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

鉄の意志がなければ生きられない社会は、鉄のように冷たい






これは、
今朝の新聞のコラムに
出ていた言葉。



障害者問題総合誌

そよ風のように
 街に出よう


が、
この夏幕を閉じた
という。



もちろん、マミィは
そういう本があったことすら
知らないのだけれど。



反響を呼んだ

車いすひとりある記

は、
脳性マヒの男性が
介助者なしで外出する
体験記だそうだ。



駅員に

介助者がおれへんかったら
 乗ったらあかん


と拒まれる。



あんたは
 死んだほうが
 しあわせやで



通行人に言われる。



信じられないような
言葉だ。



これは、
最終の91号まで
編集長を務めた方が
先週亡くなった
という話でもあった。



この方の
言葉なのだ。



鉄の意志がなければ
生きられない社会は、
鉄のように冷たい。



社会に不可欠なのは
水道、電気、ガス、
そして福祉



心のアンテナを
全開状態にしていないと、
風のように
吹き抜ける幸せを
つかまえられない。




秋風が吹き始めた
アルマン地方、

もうすぐ
雪の季節がやってくる。

寒い地域に住んでいても、
どんな季節でも

せめて、
いつも温かな心を抱いて
暮らしていたい。



それが
マミィとアルマくんの
願い。





日に日に
日に日に
 涼しくなってイマス








一日中
一日中
 窓を開けていられる季節も
 そろそろ
 終わりデスかね~






=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



天寿






7月19日の新聞に
生涯現役
として有名な

日野原重明先生
死去


の記事が
載っていた。

第一面に
大きく。



日野原先生以降、
精神科医さんとか
助産婦さん、
カメラマンさん・・・
と、

続々と
100歳を超えてなお
現役で
現場で働く方々が

脚光を浴びるように
なった。



最後まで現役で
社会に貢献できる
なんて、

これはもう、
人の生き方としては
理想だよね。



同じ日の朝刊の
32面に

砂川啓介さん、
7月11日に死去


という記事も
あった。



ドラえもんの声の
大山のぶ代さんの夫


とだけ、
書いてあったけど、

実はこの方、
初代の
体操のお兄さん

でも
あるのだよね。



105歳に
比べてしまうと

83歳は
まだまだ
若いように
思えてしまうけど、

どちらも
たくさんの
苦労を乗り越え、

きっと
素晴らしい人生
だったに、
違いない。






天寿




天寿・・・
神さまから与えられた
命の時間。



長さは
それぞれに
違うけど

大切に丁寧に
生きて
いきたいものだ。




わんこに
与えられている
時間は
短いけど、


精一杯に
周りの人を
幸せにして

ぼくたちは
10倍も20倍も
凝縮された時を
生き抜いているんだ。





天寿2






=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



免許制希望





犬のいない公園が
 1番美しい




・・・という内容の投稿が
先週
新聞に載っていた。





記事1






そして
5月に投稿された記事に
対する
いくつかのご意見。



公園で犬を放す、

公園のテーブルの上で
ブラッシングをする、

蛇口に口をつけて
水を飲ませる



わんこと暮らしている人でも
マユをひそめるような
行動もある。



わんこが好きではない人も、
小さな子どもを
連れてきている人も
公園には、いる。



公園は
自分家の庭とは
違う。



そうして
マナーのない
飼い主さんたちによって

きちんと
マナーを守って暮らしている
者たちも

冷たい目で見られ、
公園や公共の場から
締め出されてしまったり
するのだよ。





記事2






少し前に
たもつ先生の記事に

フィラリアを知らない
飼い主さんの話も
あったけど、

(→こちら



これはもう・・・
日本で
ペットを飼うためには
免許制度が必要なのでは・・・

と、切に思うね。



車の運転免許のように、
一定の学習をし、
試験を課し、

免許を取得した者のみが
ペットと暮らせる。



もちろん、
違反者には
罰金や懲罰刑。



違反の種類によっては
免許取り消し。



何年か毎の更新制度。



ペット業界からは
猛反対を
くらうだろうけど、

大切な命を守るためには
必要な気がする。






キラキラキラ
キラキラキラ
 良い子もどきの
 アルマくん
 
 でも、
 マナーは守っているよ





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



きょうのひと言






理解し合えるはずだ
 という
 前提に立つと、

 少しでも
 理解できないことが
 あった時に、

 事態は
 うまくいかなくなる
」  




朝刊の
折々のことば
という欄に

数日前に
載っていた。



村上龍氏の小説
ラブ&ポップ」からの
引用らしい。



対話は、
他人と同じと考え、

同じ気持ちになるために
なされると考えると、

いずれかが
理解を断念したとき、
対話は閉じられる。

理解できなくて
あたりまえ、

むしろ
語り合えば
語り合うほど

相手と自分との違いが
より
微細に見えてくる、

それを
対話だと考えれば、

理解しえずとも
共にいられる場所は
少し広がる。




なあるほど・・・
理解し合うためではなく、

お互いの
何が違うのかを
明らかにするために
対話をするのだな・・・

と思えば、
腹も立たないし、
失望もしないかも・・・

と、マミィ、納得。



それにしても・・・
世の中は

人と人、宗教と宗教、
国と国・・・が

理解し合うことも
違いを認めることも

まったく
拒否しているかのように
思えるね。



人間って
お馬鹿さんなのかと
思っちゃう。




パウンドケーキ
3月に
 大学を卒業して
 東京に就職が決まった
 もと生徒さんに
 プレゼントした
 さつまいもとレーズンの
 パウンドケーキ

 デコレーションケーキは
 外に持っていくのは
 ちょっと大変なのでね。

 きょーは
 知人のお誕生日
 だったので

 チョコレートとくるみの
 パウンドケーキ

 3月以来何回か
 パウンドケーキを
 作っているのだけど、

 わが家の3姉妹が
 小さい頃から
 何十年も作り続けている
 デコレーションケーキのようには
 うまくいかない。

 マミィは
 今年は
 パウンドケーキを
 極めようかと
 思っている。






愛想を振りまいても
愛想を振りまいても
 きょーの
 チョコレート味は
 もらえなかった。

 サツマイモのときには
 レーズンのところをよけて
 ほんの少~し
 分けてくれたのに・・・






=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



ハシブト






皆さん、
愛犬とのお散歩中に
カラスに威嚇されたり、

襲われたことは
ないですか?



ぼくとマミィは
時々

超低空飛行で
イヤガラセをするカラスに
遭遇する。



それでマミィは
カラスが大嫌いに
なってしまった。



でも、
土手のお散歩中に
見かけるカラスは、
大人しくて、

地べたで遊んでいる
すぐ側を
ぼくたちが通っても

ぜーんぜん
動じない。



駅に行く遊歩道の
カラスたちは
気性が荒くて

しょっちゅう
威嚇してくるし、

襲われて
しゃがみこんでいる人を
何回か見かけた。



これは、
人間に危害を加えられたか
そうでないかの

経験の違いなのかと
思っていたら、

どうも
違うらしい。



先週の
水曜日の朝刊に
記事が載っていた。



カラスには
くちばしの太い
ハシブトガラスと、

くちばしが細い
ハシボソガラスがあり、

両種は
全くの別種で、

交配することも
ないそうだ。




ハシボソガラスは
ガアガアと
だみ声で鳴き、

地面の虫などの
エサを食べながら
歩く。






ハシボソ
ハシボソガラス







ハシブトは
カアカアと
高い声で鳴くことが多く、

上空から
エサをめがけて
急降下し、

高い所にもどってから
食べる。



おにぎりなどの
食べ物を奪うのは

たいてい
ハシブトだという。



ハシブトは
気性が荒くて

人を襲うことが
ある。







ハシブト
ハシブトガラス
 いつだったか・・・
 マミィが
 何かにとまっている
 カラスを見て
 
あれ~
 カラスの頭って
 あんなに
 ほげほげしてたっけ?


 と思ったのは、
 あれは
 ハシブトだったんだな







ハシブトの攻撃方法は
背後から
低空飛行し、

頭を足で蹴って
逃げる。



くちばしで
突いたり、

足で
わしづかみにしたりは
しない。



爪が当たって
血が出ることはあるが、

けがの多くは
驚いて転んだり

階段から落ちたりして
できる。



有効な対策は、
傘を差したり、

片手を
高く上げたりすること
だそうだ。



カラスは
羽が傷つくのを
いやがるので、

襲ってこなくなる
という。






ハシブト2





厄介者扱いされる
カラスだけど

害虫を食べてくれたり、
ドブネズミのような
害獣を捕れるのは、

カラスの中で
ハシブトだけ
なんですと。



そーか・・・
そういえば、
確かに・・・

威嚇してくるのは
必ず
背後からだな。



今度、
それをやられたら、

片手を
どーん! と
突き上げてみようかな

と、マミィは
ちょっと
わくわくしてしまった。



仕返し~






低空飛行しません
カラスではありません
 アルマくんです
 低空飛行
 できませんから~





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

107位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示