FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



4+3=7






日本で習う算数では
たとえば・・・

4+3=□

というような
計算問題を
解く練習をする。



答えは



という1つだ。



諸外国の算数では

□+□=7


この□に入る数字を
考える学習をする
と聞く。



答えは
たくさんある。



1+6
2+5
3+4


さらに
その逆パターン

6+1
5+2
4+3



日本では

算数は答えが1つで
 はっきりしているから
好き


という子どもたちが
時々いる。



かなり
機械的な作業だ。



そこには
考えるステップが
あまり、ない。



日本の子どもたちの
思考力の弱さは

こういう教育の形にも
原因があるのかなぁ・・・


と、マミィは
思ったりする。



ある意味、
それはそれで

計算力向上の
意味があるとは
思うのだけれど。



歴史にしても・・・
何年に何が起こった
という

カンペキな
暗記形式。



それが
どういう内容のもので

どうして起こって、
その後の時代に
どう影響していったのか・・・

という
詳しいことは

大抵の中学生は
答えることが
できない。



さてさて・・・
こーゆー
教育をしている
日本国、

これから
どーなって
いくのでしょーね



日本の
政治家さんたちは

考える国民を
育てたくないのかも。



自分たちに
不利益になるから。



・・・と、
ついつい
疑ってしまう
マミィなのだった・・・





考える犬
ぼくは・・・ 
 読み書きそろばんは
 できマセンが、

 これでけっこう
 頭、
 使うているんデスぜ








ぷにゅママンさんの
お友だちブロガーさんが
保護犬の里親さんを探しています。
(→ 
拡散希望)

スポンサーサイト

=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



今を生きる





今の時代、

癌は
不治の病じゃ
なくなってきているけど、

それでも
壮絶な
闘病生活を送り、

若い命を散らしていく
人々が
いないわけでは
ない。







ブログで希望を





新聞記事を見て
マミィは
この女性の存在を
初めて知った。




25歳・・・、
まだまだ
これからの人生。



19歳で
余命半年の
宣告をされ、


その後、
25歳まで生きたとはいえ、

20回もの手術を
繰り返したそうだ。



笑顔の裏に
苦しみと
たくさんの涙が
あっただろうことは、

想像に難くない。



ブログに
希望を綴り、

それが
人々に勇気と
生きる力を
与えたそうだ。



ブログって
素晴らしい力が
あるのだと
改めて感心する。







新聞記事





命は
自分のもの。



もしも
自分が
自分自身のために
生きるのでなかったら

他の誰が
自分のために

生きて
くれるだろうか?



だから
自分を大切にし、

自分の希望を
叶えていくのは
大切。



でも、もしも
自分のためだけに
生きるのだとしたら

一体、

自分の人生には
どんな意味が
あるのだろうかと

マミィは
時々考える。



自分が思いっきり
自分の道を
生きることで

誰かを励まし
誰かを支え、
誰かに寄り添うことが
できるのなら

そんなに
素晴らしいことは
ない。



そこにこそ
命の輝きがある。



たとえ短くても
彼女の命は

思いっきり輝きを
放っていたに
違いない。



きっと
たくさんの人々から

ありがとう

の花束が
贈られているだろう





花






痛みと苦しみから
解き放たれて

穏やかな世界に
飛び立って行った

・・・のだよね。





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



かえって恐い






本当かなぁ?




日曜の朝、マミィが
新聞の第1面を見て
ダディに問うた。



ま、それは、ないでしょ
全然、信用でけん








本当か?




傍若無人に
他国の迷惑顧みず
好き勝手している分には

ああ、またか・・・・

と思うけど、
今までにない事を
言い出すと

どうしたのか・・・?


マミィは
かえって不安になるらしい。



人の世では
信用を取り戻すまでには

たくさんの
事実と証拠を積み重ねなければならず、
大変な作業らしい。



これが真底、本当に
事実であるならば

こんなに素晴らしいことは
ないのだけどね


と、
マミィが言う。







わからん
そうなのか・・・





ぼくには
ようわからんけど、

みんなが
いろいろな事に怯えずに

楽しく穏やかに暮らせたら
それでいいデス。





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



腑に落ちないの






SNSなどで
性暴力被害者に
連帯する

「#metoo」運動が
拡大している。



でも、世の中の動きに
逆行するように

女性は
土俵から出てください


みたいな

女性蔑視とも
思えるような
出来事が

大騒動になったり
している。



場合によっては
古いしきたりも
大切だと思うけど、

人の命が
かかっているときに、

そんな事を
言っていたら

その先に
何が起こるのか・・・

というようなことを
考えられないという

想像力の欠如には
驚くほかはない。



さて、
少し前に読んだ
この記事に

マミィは
ものすごく
大きな違和感を
覚えたのだけど、

一体
どうなんだろう・・・?



男性から標的にされるのは
 生まれもった
 素質があると思う


と語る
28歳のある女性の話。



自分の内側から出る
オーラが

男性からの
マウンティングの
原因になっている・・・
というような・・・



これって
遠回しに

痴漢行為や
レイプをされるのは

女の側に原因がある
と言っているように
感じるマミィは

ひねくれている
のだろうか?



いやいやいやいや・・・
オーラなんて
関係ないでしょ。



強くみえる、弱く見える
なんて
関係ないでしょ。



そんな行為に及ぶ
男性が
卑劣なだけなのだよ。




この記事が
真実
女性の書いたもの
なのかどうか
わからないけれど、

何だか
腑に落ちない
考え方だな


と、どこまでも
しっくりこない
マミィなのだった。

(→こちらの記事






雨だったり
ぽかぽか日和
 かと思えば










雪が降ったり
雪が降ったり








雨だったり
雨だったり・・・




落ち着かない
アルマン地方。


春は来るのか?


なんて・・・
毎年、
同じ事を
言っているよなぁ





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



盲導犬の背中から見える風景






盲導犬って
こんなに速く
歩くんだ・・・




マミィは、
びっくりした。



もっと
ゆったり歩くのかと
思っていた。



いや、
このくらいの速さで
歩かないと

人と
ぶつかってしまう
・・・のかな





視覚障害を持った
イギリス在住の男性が、

パートナーの盲導犬
「キカ」の背中に
カメラをつけて撮影したという
Twitterの動画を見た。



動画は、
いつも彼が利用している
ロンドン・ウォータールー駅の
日常を切り取ったもの。



動画は約1分と短い。







盲導犬の背中






人々は
誘導するキカのために
道を開けるどころか、

まるで
存在していないかのように
無視する。



また
エスカレーターに
乗ろうとする場面では、

道を譲ろうとする気配も
ない。



6年前に
眼球の角膜に炎症が起き、

視力を失ったアミットさんが
この動画を撮ったのには、

こんな
きっかけがあった。



満員電車に乗った、
雨の日。



アミットさんが
優先席に座らせてほしい

周りにいた乗客に
お願いしたところ、

誰一人として
彼に席を譲る者が
いなかった。



でも、こんなの
日常茶飯事なんです。

雨で車内は
滑りやすくなっていたので、
キカは
転びそうになっていました。

相当ストレスだったろうに。

キカはいつも
僕の面倒を見てくれているのに、
僕は彼女に対して
申し訳なく
思ってしまうんです




人は時に、
あまりに
自己中心的です。

席が空いているか尋ねると、
見えないフリや
聞こえないフリを
したりします。

キカの安全を守ることも
僕の仕事なのに、

その場に
ただ放置されます。

まるで
侮辱されたような
気分になって、
涙を流す日も
あります。




さらに
キカの背中に
カメラを
搭載するに至った理由
というのは、

キカに
虐待された痕跡を
見つけたから
なのだという。



殴られたり、
蹴られたり
していたらしい。



もちろん、
親切に声をかける人も
カメラは
しっかりとらえている。



この動画には、
世界中から
大きな反響が
寄せられているそうだ。



ペット先進国の
イギリスでさえも
そんななのだったら

後進国とも呼べる
日本だったら
なおさらだよね。



人と人、
人と動物とが

もっと穏やかに
温かに暮らせる
世界であって欲しい。



譲り合い、
思いやりをもつことで。

(動画が見られる記事→こちら




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

897位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。