06
25
26
27
28
29
30
   

悲報






研修だったマミィ、
今朝は
いつもより
早く起きて

せかせかと
ぼくとのお散歩に
出た。



たったったった・・・
と、

ぼくは
ゆっくり
ニオイを楽しむヒマも
なかったよ。



だから
今朝のブログは
予約投稿だった。

こらこら・・・
 そんな裏事情は
 言わなくてよろしい





研修が終わって
電車の中で
タブレットを開くと

フリーアナウンサーの
小林麻央さんが
亡くなったという
ニュースが

ネットを
駆け巡っていた。



34歳・・・
あまりにも若い。



4歳と5歳の子を
遺して・・・なんて

どんなに
心残りだっただろう。



・・・心が痛む・・・



それにしても
こんな時にさえ

記者会見を
しなければならないなんて、

芸能人って
なんて酷な
仕事だろう。



あるお医者さんは
本当は
年を越すのも
難しかったのではないか・・・

という記事を、
書いている。

彼女の意志の強さと
家族の
大きな支えがあってこそ
ここまで生きられた

・・・と。

(→驚くべき精神力)




また
あるお医者さんは


彼女が病気と闘っている姿を
心の支えにしていた
人々が

動揺したり、
不安を感じないように
という
心遣いからだろう
と思われる内容の
記事を書いている。


「誤解しないでね」
・・・と。

(→がん専門医の立場から)






.哀悼






麻央さんの
最後の最後の言葉には
圧倒される。



ご冥福を
心から
お祈り致します。




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カラスに気をつけて!






雨・・・

最高気温17℃なんて
もうすぐ7月という
この時期に、
信じられない。



この季節は
カラスが子育てで
攻撃的に
なっていたりするから

マミィは
カラスのいる場所は
お散歩しないように
している。



少し前の
記事なのだけど、

そして


お散歩中に
愛犬が見つけた
瀕死の子猫ちゃんを
助け、

一緒に
暮らすようになった
お家の

特に
かいがいしく世話をする
わんこさんの

心温まる
お話なのだけど、

改めて・・・
カラスって
恐いんだな・・・

と、
背筋が凍る
マミィだ。



カラスは
あまりにも・・・
残虐すぎる。

(→愛犬がみつけた小さな命)





小さな命1








小さな命2








小さな命3








小さな命4





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



見た目が10割






ヒトの世では・・・

どうやら
見た目が
最重要視されるようで、

ついこの間は
似たようなタイトルの
TVドラマも
あったみたい。

(マミィは観てないけど)



100%客観的に
観察して・・・


と、
マミィが言う。



やっぱり
美人やイケメンは
トクすることが多い・・・




これは、
その範疇に入らない
マミィの

ひがみでは・・・
決して、ない


・・・と
マミィが力説する。



ペットの世界も
同じさ。



色や
犬種からくるイメージで
運命が左右される。



保護犬に
なってしまった時にも

ぼくみたいな
黒いわんこは

なかなか引き取り手が
表れなかったりするのも、
その一つだろうね。



黒=悪・・・の
イメージがあるらしく、

ぼくなんか
かなり
不利なのさ。







そりゃあ
そりゃあ
 ぼくは
 全身真っ黒
 ですけどね・・・








決して
だからって
 腹黒いわけじゃ
 ないのよ・・・


 (瞑想犬ですかぁ~?






さて、
少し前に
話題になっていた記事・・・



主人公は
ピットブルの
アポロくん。



ピットブルは
アメリカでは
BSL(特定犬種危険法)
の影響もあり、

危険な犬としての
悪いイメージが強く、

アニマルシェルターに
収容されても

なかなか
里親希望者が現れず、

殺処分
となってしまうことが
多い犬種なのだそうだ。



だから、
このアポロくんも
長い間
引き取り手が現れず、

その後
警察犬として
訓練されたのだけど、

優秀なのにも
関わらず

なかなか
お声が
かからなかったそう。



実際の
ピットブルの性格は

飼い主に対して
とても忠実で
頭が大変良く、

かなり穏やかな
性格で、

ナニードッグ(子守用の犬)”
との
別名がつくほど

優秀で
人懐こいのだそうだ。



ヒトが勝手に
作り出す

誤った
イメージによって

不幸なわんこが
増えないことを
心から祈りマス。


(→アポロくんの記事




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



運命の出逢い






もしも
6年前のあの日、

すずちゃんが
亡くならなかったら、

その日が
1ヶ月でも後ろに
ずれていたら、

ごくうさんは
この家に
来なかった
かもしれない。



そして・・・
もしも

ごくうさんが
幼いまま、
急逝しなければ、

今、ぼくが
このお家に
いないのは
確かなようだ。



ごくうさんを
盲導犬として
無事に
送り出したら

次にはまた
すずちゃんと同じような

黄ラブの女の子を
育てようと

ダディとマミィは
計画していたから。



ごくうさんが
幼いまま

突然に
逝ってしまった時

マミィは

黒ラブの男の子を
成犬になるまで
育てないといけない・・・

という思いに
取り憑かれて
しまった。



だから・・・
マミィは
運命論者じゃないけど、

こと
出逢いに関しては

やっぱり
運命めいたものを
感じてしまう。



昨日、
こんな記事を
見かけて、

この出逢いもまた
運命に
導かれているように
思ってしまった。



お家に
赤ちゃんが
生まれたからと

里子に
出されてしまった
わんこと出逢い
引き取ったことで、

幸せを得た
里親さんの話。

(こちらの記事→保護犬と暮らす



残念ながら・・・
ダディとの出逢いには

ちっとも
運命を感じない
マミィ
なのだけどね・・・





良い天気
良い天気







お山
お山の雪も
 すっかり溶け








初夏
初夏というには
 ちょっぴり
 涼しいけど・・・




何かと
ストレスの多い
マミィだけど

青い空や
緑濃いお山を
見ていると


ぽこぽこと
湧き起こってくる
日々の
煩い事なんて

ちっせぇ
ちっせぇ・・・


・・・と
思えてくるようで・・・




=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



ラブラドールの悲劇






お散歩をしていると、
知らない人に

よく
声をかけられる。



何年も前から
たびたび
見かけていて、

声をかける機会を
待っていたらしい人も
時々、いる。



この間も、

いい子ね~


声をかけてきた
やさしそうな
オバチャン、

吠えないし、
 かわいいわねぇ




まぁ、アルマくんは
お散歩中に
吠えるなんてことは

よっぽど
不審な行動を
していない限り、
ない。



飼いやすいでしょう~?



と、
さらに

オバチャンが
続ける。



飼いやすい?



反射的に
心の中で
繰り返したマミィ、


はぁ、まぁ・・・


と、
言葉を濁した。



すずちゃんや
ごくうさんは

確かに
育てやすかった
けどなぁ・・・



思いつつ・・・



ラブは賢い
ラブはおとなしい




世間には
あの
盲導犬のイメージが
定着しているらしく、

そんなふうに
言われることが
多い。



ラブはやんちゃ
なんだけどな。




そのイメージのせいで、
時に
悲劇が起こることが
あり、



飼いきれなくなって
捨てられてしまうことも
ある。



(→是非読んでね!





どんな犬種の
どんなわんこも

最初からおとなしくて
いい子なんて
いない。



盲導犬のパピーだって
小さいときには
驚くほど
暴れん坊だったりする。



あれは
厳しい訓練を乗り越えた
結果なのだよ。



そして、
ある程度の
躾けは

家庭犬にだって
必要だ。



それは
子育てと同じ。



たとえ
めいっぱい
やんちゃであっても

1度引き受けた命、
大切にしてほしい。




5月の
5月の
 すずらん丘陵公園


 あのマダニ騒動で
 アップする機会を
 逃してしまった・・・

 写真、
 いっぱい
 撮ったのにね







あのマダニ
どうやら・・・
 このあたりで


 マダニに
 とりつかれたっぽいね







まだ雪が
まだ雪が
 残っていた








すれ違いざまに
すれ違いざまに
 「でか~っ!
 
 言う声が
 聞こえたりする

 若い女の子には

 「かわいい~
 って
 言われるけどね






ラブは
ちっちゃくて いたいけな
パピーの期間が
とっても短くて

あっという間に
(体だけは)
大きくなってしまうから、

ダディもマミィも
幼少時のアルマくんの
暴れん坊ぶりには

かなり
危機感があって、

力が強くなる前に
ちゃんと
言うことを聞くように
しておかないとね


・・・と、

常々
言っていた。




それでも・・・
こんなもんよ





o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*☆*:.o○o.:*


【補足です】

 
 「厳しい訓練で
  盲導犬になるわけではない」
 というコメントをいただきましたので・・・
 誤解のないように
 補足いたします。

 ちょっと言葉足らずで
 すみませんでした・・・

 盲導犬になれる子は
 毎年、おおよそ
 候補の3割以下です。

 厳しい訓練を受けたら
 どの子も必ず
 盲導犬になれるという
 わけではありません。

 ごくうは
 盲導犬のパピーでしたが、
 その頃も同じような割合でした。

 盲導犬になる子は
 喜んで楽しんでその仕事ができるという
 適性(あるいは性格)によるところが
 かなり大きいのです。

 それは、ある意味
 訓練の結果ではないでしょうね。

 私がお伝えしたかったのは
 平和に楽しくペットと一緒に暮らすためには
 どんな犬種のどんな性格の犬でも、
 基本的な躾けは必要で、

 ラブラドール=盲導犬
 という
 間違ったイメージが存在し、

 何もしないでも
 お利口さんなのだという思い込みによって
 不幸なラブたちを
 作り出してほしくないということです。

アルまま





=============
☆ぽちっと応援お願いします☆
=============
♪♪ ランキングに参加しています♪♪

↓ ぽちっと元気に!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

アルまま

Author:アルまま


周りの人皆に、勝手にO型だと思いこまれている射手座のA型。

夫の生まれ育った札幌で暮らすも、実は暖かい地方の生まれで、冬は苦手。

3人姉妹の母。

最新記事

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

64位
アクセスランキングを見る>>

お気に入りに加えてくださいね

ランキング

最新トラックバック

RSSリンクの表示